熱中症

熱中症の治療法は?子どもや高齢者は救急で輸液などの点滴を受けること

投稿日:



なんの知識もなく熱中症になってしまうと、パニックになってうろたえてしまいますよね。

 

どうやってこの危機を乗り越えていけば良いの!?と慌ててしまう前に熱中症になってしまった時の治療法を知っておきましょう。

 

冷却して体温を下げていくアルコールなど方法は様々

熱中症になっているという事は、体の温度が異常に高い状況です。

そのため、体を冷却して体温を下げていくのが第一に考える治療法です。

 

体を冷やすためには、アイスノンや氷枕などを利用して体温を落ち着かせていきます。

脇の下や首、股の付け根などは太い血管が通っているため、そこを局部的に冷やすと効率良く冷却できます。

 

これは病院でやっていますが、熱中症になって応急処置で体を冷やすのにも利用できます。

冷却ジェルや氷などを利用して、首や脇、股の付け根を冷やしましょう。

 

さらに、最近は冷却グッズとして水でスカーフを冷やして首にまくと気持ち良くなるものがあったりと、市販でも熱中症対策が簡単にできるようになっています。

 

また、冷たいものを肌に当てるだけではなく、アルコールを使って体を冷却していく事もできます。

 

アルコールを体に吹き掛けたり、ハンカチに含ませて体を拭きます。

そして扇風機などの風に体を当てると、アルコールが気化して逃げていく時に熱も逃げていきます。

 

アルコールが入っている化粧水などをつけると体がスースーするのは、アルコールが気化しているからなんです。

 

こういった治療法で、体温を平熱に近づけていきます。

 

輸液による治療(点滴)

熱中症で病院に運ばれていくと、点滴をして治療してくれる場合もあります。

 

体が熱くなりすぎてしまい、体液が蒸発し過ぎてしまっている時などに体液を補ってあげると、血液量が増して体が正常な状態になります。

 

血液は、熱中症になると熱を逃がそうと皮膚に集まって内蔵に血液が行きにくくなります。

 

そうなると熱中症によって吐き気や嘔吐にもなってしまうため、体液を一定に保つために点滴は有効なんです。

 

また、点滴には電解質なども含まれています。

 

水分補給をしたくても吐き気や嘔吐で上手く水分がとれない時は、点滴で血液に直接、栄養を届けるようにします。

 

これを輸液による治療といいます。

 

輸液に使用する製剤はNa濃度によって1号液~4号液という呼び方をします。

輸液の目的は、主に失われた水分および電解質の補充です。

スポンサードリンク


 

体内から熱を直接とる

体を冷却するのは肌に冷たいものを当てていくという方法が簡単ですが、それよりも効率的なのは体内から熱を取ってあげる治療法です。

 

胸やお腹などに生理食塩水をいれて、体内を冷却と共に洗浄していきます。

体内を直接冷やす事で、血液が冷やされて落ち着いていきます。

 

体の表面から熱をとるよりも効率的なので、医師の判断によっては体内から熱をとっていきます。

 

血液を冷やして体内に戻す

これも医師の判断ではありますが、意識障害などの緊急を用する場合は、高い温度の血液を取り出して冷やしてから体内に戻すという方法があります。

 

これならば血液が冷えるため、熱中症で高まった体温が落ち着きを取り戻しやすくなってきます。

 

自宅ではとにかく安静に

熱中症は、軽度ならば自宅で安静にして回復していく事ができます。

自宅では扇風機やクーラーを使い、室温を涼しくします。

 

また、熱中症で脱水状態が酷くならないように、こまめに水分補給をします。

水分はミネラルや食塩が入っているものを口にします。

 

熱中症はすぐには回復しないため、自宅で何日か様子を見るのが理想的です。

 

もし熱中症が軽度で、どうしても次の日は出勤しないといけないなど安静にできなければ、せめて涼しい格好で出掛け、水分補給をこまめにする、救急車をいつでも呼べるように、携帯は肌身離さず持っているなどの対応をしましょう。

 

子供や高齢者の熱中症治療は、病院に任せる

熱中症にかかりやすいのは、成人して健康な人よりも子供や高齢者です。

子供は背が低く、アスファルトの照り返しで暑さを感じやすくなります。

 

また、高齢者は血液量が減っているため、気温が上がると血液が温められやすくなり、血液が足りなくもなります。

 

そして子供も高齢者も言えるのは、体温調節機能が成人よりも未熟であったり、衰えている点です。

 

体温が上がると熱中症になりやすくなるため、子供や高齢者は高温に要注意です。

知らず知らずで気がつかないうちに熱中症になっている場合もあります。

 

そして、重症化しやすいです。

 

そのため、子供や高齢者がもし熱中症になってしまったら、自宅で治療するよりも病院に連れていってあげた方が良いです。

 

軽度ならば自宅で注意深く看病してあげれば良いと思いますが、急激に容態が悪化した時に大変な思いをします。

 

また、看病してあげるのも心配になって他の事が手につかなくなるかもしれないので、病院で見てもらった方が家族も安心です。

 

熱中症になって病院で治療する方法は、基本的には体を冷やす事です。

表面から冷やしたり、体内から冷やしたりなどで熱中症の症状を和らげていきます。

 

自宅でも、同じように体を冷やしてあげましょう。

スポンサードリンク


 

熱中症について

 

 

-熱中症

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。