スポーツ 箱根駅伝

原晋監督の妻や子供の情報について!講演料や年収も気になる!

投稿日:



スポンサードリンク

原晋監督の経歴、プロフィール

広島県出身の原晋監督は1967年生まれの49歳です。
原晋監督はサラリーマンから陸上部監督に転身され、現在は青山学院大学陸上部の監督です。

 

原晋監督の箱根駅伝2連覇に導いた指導力が注目されています。箱根駅伝優勝は青山学院にとって数十年年ぶりの快挙となっています。

 

63fng63sf5s321nms63t1出典:http://www.yanagidashika.com/

 

原晋監督は中学時代に陸上を始められ、高校進学は地元広島で陸上競技の強豪として知られる世羅高校に進学されました。

 

中学時代の競技データはありませんが、高校3年生の時には全国高校駅伝第2位になっています。

 

大学は愛知県名古屋市にある中京大学を卒業されています。大学卒業後は地元電力メーカーに就職され後に監督に就任されています。

 

 

原晋監督はサラりーマン時代トップセールスマンとしての経歴があり、できる営業マンとして業務売り上げ成績も良かったそうです。

 

原晋監督の妻について

原晋監督の奥さんである美穂さんは現在、青山学院大学寮の寮母をされています。

 

原晋監督がサラリーマンを辞めて陸上部の監督就任を支えたのが奥さんです。

 
 

スポンサードリンク



 

原晋監督の子供について

原監督と奥さんにお子さんはおられませんが、陸上部の選手たちといつも仲良く楽しい生活を送っています。

ですので選手たちを自分の子供のように育てられています。

 

原晋監督の講演料について

原晋監督のトレーニング法には定評があります。

基礎力重視のトレーニング法を行い、コーラ作戦「自分を出すこと」というトレーニング法です。

上手く事が運んでいるときは自分を出しきれている時で、上手くいっていない時は自分を出しきれていないと時と言われています。

 

このような考え方が功をなし箱根駅伝優勝に導いています。

 

原晋監督の講演で秘密のトレーニング法を聞いてみたいですが、講演料がいくらなのかはHPでも明らかにされていません。

 

書籍も執筆されているくらいのかなりの著名人でおられるので、予想として1時間で数十万円くらいにはなるでしょう。もっと高いかもしれません。2時間で100万円する可能性もあります。

 

原晋監督の年収について

青山学院大学陸上部監督の話が持ち上がったのは30歳半ばころだったそうです。

当初、監督就任決意には時間がかかり、奥さんのサポートもあり監督就任に1年半かかったそうです。

 

なぜなら監督就任期間が3年間という条件だったからです。

安定した生活が望めるというものでなく、監督就任期間が終わると、また別の仕事を探さなければなりません。

 

年収についてははっきりした統計がないので年収額はわかりませんが、本も数冊出版されてますし、これほどの著名人はかなりの額だと推測できます。

 
 

スポンサードリンク



 
 

-スポーツ, 箱根駅伝

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。