プロ野球

田中正義選手の経歴や出身中学、高校について!右肩炎症は大丈夫か?

投稿日:



スポンサードリンク

、プロからも注目を浴びている野球界で話題の田中正義(たなかせいぎ)選手について書きたいと思います。

 

田中正義選手の出身中学、高校について

田中正義選手は1994年7月19日に誕生しました。

神奈川県横浜市の出身で、小学1年生から駒岡ジュニアーズで野球デビューしました。

横浜市立末吉中学校出身でその時は川崎中央リトルシニアに所属しており、投手として活躍しました。

 

as35g4a65d4g3a1hga651出典:http://number.bunshun.jp/

 

高校は創価高校とい偏差値70の進学校に通っていました。

田中正義選手は文武両道で、運動神経が良いだけでなく頭も良いです。

大学は創価大学に進学して今は大学4年生です。

田中正義選手の球種について

高身長から繰り出されらる威力のあるストレートはなんとMAX156キロ、他にも縦のスライダー、フォーク、カーブ、カットボール、シュートなど多種の変化球を武器としています。

奪三振の数も多く、多くの球団から注目を浴びています。

 

田中正義選手の彼女について

いろいろ調べたところおそらく彼女はいないです。

これだけ注目されているのにメディアなどでの報道は一切有りません。

プロ入団となればアナウンサーやいろいろな業種の方から注目されるのでアプローチする人が多くなると思います。
 

スポンサードリンク



 
 

田中正義選手の両親について

田中正義選手が野球を始めたきっかけとなったのは父親が野球をしていたからという理由でした。

田中正義選手は創価大学に通っていますが、田中選手の両親、田中選手本人が創価学会の会員になっているかどうかは不明です。

 

田中正義選手の右肩故障について

田中正義選手は高校1年生の夏にエースナンバーを獲得しプレイしていましたが、右肩を痛めてそれからは主に外野手を務めました。

 

田中正義選手は投手の才能だけではなくバッターとしての才能もあり長打者として活躍しました。

 

それから、創価大学に進学してからは投手として活躍しました。

 

大学2年生のとき春リーグ3勝2完封、防御率0.43と好成績を残しました。

しかし、大学4年生の2月に右肩に違和感を感じ始めました。

 

オープン戦、リーグ戦でも登板はしましたが、違和感はなくならず、複数の病院で診察したところ軽い炎症、肩関節の筋肉が緩んでいました。

 

7月6日に故障後初めてブルペンで本格的な投球練習を行いました。

球の筋もよく復活の兆しが見えています。

 

これから、もっとプロから注目を浴びるであろう田中正義選手。

みなさんも注目の田中正義選手を一緒に応援しましょう。

 
 

スポンサードリンク



 
 

-プロ野球

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。