プロ野球

佐々木千隼選手の経歴、出身中学・高校について!球種や両親、彼女についても!

投稿日:



スポンサードリンク

最近、世界に日本の野球選手が大活躍しています。
日本のプロ野球だけでなく、アメリカのリーガーも注目しているのが佐々木千隼選手なんです。
そんな彼にズームインしてみました。

佐々木千隼選手の経歴

ちなみに佐々木千隼選手の生年月日は1994年6月8日です。
ということは22歳なんです。

 

今年、大学を卒業というわけです。
だから、今年のドラフト会議で何かと話題に上っているわけです。

 

でも、彼の年代ならすでにプロ野球で活躍している選手もいます。
なんたって、高校を卒業してプロに進む選手もいるんです。

 

なんでも、日本ハムの大谷翔平選手と阪神タイガースの藤浪晋太郎選手の二人が彼と同年代なんです。

 

6das5g46asd21h6h1出典:http://www.daily.co.jp/

 

つまり、高校で野球を励んでいる有望な選手にとって卒業後、プロに進むか大学に行くか二つの道があるわけです。
佐々木千隼選手の場合、大学に進んだということです。
大学でも大学野球がありますから。

 

佐々木千隼選手の出身中学、高校は?

佐々木千隼選手は中学は日野市立三沢中学校を出ています。
で、東京都立日野高校に入学したわけです。

 

ただ、甲子園では公立より私立が強いんです。
なので、東京都立日野高校も甲子園には出ていません。

 

だから、野球が弱いわけではありません。
2002年には21世紀枠の推薦校に選ばれています。
つまり、それなりに強いです。

 

佐々木千隼選手は東京都立日野高校卒業後、桜美林大学に進学したわけです。

 

現在、野球部副将として投手でチームを引っ張っています。

そんな彼も今年、卒業です。

 

卒業後の進路にプロの熱い視線が注がれています。

プロが彼を欲しがる理由は何でしょう。
 

スポンサードリンク



 
 

佐々木千隼選手の投げ方・球種について

それは第40回の日米大学野球選手権大会での彼の活躍でしょう。

 

初戦で153キロの球を投げたんだそうです。
12奪三振を奪ってチームの白星に貢献しました。

 

それだけではありません。

 

150キロの速球を投げる彼ははスリークォーターという投法です。

実はこの投法、肩や肘など体への負担が少ないんです。

 

ちなみに野球選手でも投手は案外、選手生命が短いんです。
というのも投げるという行為が肩や肘に負担がかかるからです。

 

なので、期待されてプロに入ったものの、投手として活躍できなかった選手もいるんです。
でも、佐々木千隼選手はそんな心配がなさそうです。

 

佐々木千隼選手の両親について

最期に佐々木千隼選手を育てた両親です。

 

気になりませんか。
といっても、案外、普通だと思いますよ。

 

確かに彼がここまでくるのには家族のサポートがあったと思います。
でも、普通だからこそ彼もここまできたのでしょう。

 

とにかく、彼が将来有望な選手には変わりがないんです。

 
 

スポンサードリンク



 
 

-プロ野球

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。