LGBTの意味は?診断方法について

LGBTという言葉を知っている人は少ないと思います。

「新しいファッションブランド?」「流行りのファーストフード?」いいえ、違います。

LGBTとは、性的マイノリティーの人の事なんです。

このLGBTが、これからの日本の舵を取るキーワードになるのではないかと思います。

スポンサードリンク

LGBTはなんの略?日本にどのくらいいる?

LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字を取ったものです。

レズビアンは女性が女性を好きな事、ゲイは男性が男性を好きな事、バイセクシャルは男性も女性も好きな事、トランスジェンダーとは体と心の性が一致していない人(オネエや男装女子など。)を指します。

つまりは、男性が女性を好き、女性が男性を好きという人以外の事です。

ds156sd54nb312as6546a45ng出典:http://www.playbuzz.com/

世界では性的マイノリティーのパレードがあったりなどで理解が深いのですが、日本ではまだまだ性的マイノリティーは認知度が低いです。

認知は低いのですが、自分が性別マイノリティーだという人が日本に13人に1人はいるという統計が出ています。

また、日本の小、中、高で文科省がアンケートを取った結果、606人が自分の性に疑問を感じているという結果を出しています。

アンケート上の話なので、実際はもっと数がいるのではないかと思われています。

自殺者が出たLGBT暴露事件

日本がまだLGBTに対して理解が少ないという証拠に、大学生のゲイだった男性が2015年に自殺しました。

ゲイだった男性Aは、仲が良かった男性Bを好きになって告白しました。

告白は断られましたが、友達としてこれからも付き合っていくという事になりました。

6d565zdbf2z343z2d1ngsf4hm3dghm3出典:http://www.playbuzz.com/

しかし告白された男性Bは、Aがゲイだというのを周りの友人にバラしてしまいました。

Aがゲイだというのを隠しておけなかったからというのが理由です。

それによりAはうつ病やパニック障害などを発作します。

Aはクラス替えなどを大学に要求しましたが聞き入れてもらえず、試験に出ないと単位が取れないというような事も言います。

結果的にAは自殺してしまったという事件です。

LGBTを暴露したらなにが起こるか分からない‥。

それが今の日本なんです。

スポンサードリンク




LGBTは診断で分かるかも

もはや他人事ではないLGBTですが、LGBTかどうかというのは心理テストのように診断ができます。

LGBTは病気ではないのではっきりと診断しなければいけないという訳ではないと思いますが、もしかしたらそうかも‥と不安になるならばLGBT診断をしてはっきりさせるのもいいのではないかと思います。

sd5464351zdb6出典:https://en.wikipedia.org/

LGBTの診断は政府や医者が出しているものではなく、インターネットのブログとしてあります。

なので診断結果が全てではないのですが、基準にはなります。

絵を見てどう感じるかという診断方法もあれば、レズビアンのアダルトビデオを見た事があるかという質問形式の診断もあります。

自分を知るという意味でやってみてもいいでしょう。

こんな人も実はLGBTなんです

LGBTの人は、美的センスに優れていたりなど芸術に鋭い人が多いです。

そして、芸能人にもたくさんLGBTの人がいます。

オネエ芸人などでテレビに出ている人は多いですよね。

そういったいかにもLGBTだという人もいれば、あれ!?この人も?という人もいます。

また、噂でLGBTではないかという人もいます。

それらを含めると、芸能界でLGBTじゃない人の方が少数じゃないの?とも思ってしまいます。

有名どころの人で言えば、お笑い芸人の鳥居みゆきさんや壇蜜さんです。

鳥居みゆきさんは男性と結婚していますが、結婚する前に付き合っていた人は女性だったそうです。

また、壇蜜さんはバイセクシャルで最近は女性の方が好きという気持ちが強いと本人が言っています。

さらにはグラビアアイドルにも性的マイノリティーがいたりなどします。

男性と結婚していたり、男性向けの仕事をしている人でも性的マイノリティーはいるのです。

政治の世界でも話題になっている

政治の世界でLGBTと言ったら、稲田朋美さんです。

自民党員であり、メガネと網タイツがトレードマークの方です。

稲田さんの息子さんが大学生の時、その知人がLGBTだったようです。

身近な人がLGBTだったという事もあり、LGBT関係の活動に力をいれています。

稲田さんによれば、自民党はLGBTに対して消極的だそうです。

なんでそんな活動をするの?と党内でも稲田さんの支援者でも、稲田さんの活動に疑問を感じたり、反対する人が多いそうです。

しかし稲田さんはLGBTを人権問題として捉えており、女性の社会進出を目指すようにLGBTも差別されないようにしていくべきだと考えています。

これからの日本と性的マイノリティーは、稲田さんが引っ張っていく事になるでしょう。

LGBTであろうとなかろうと、全ての人が思うように生きる権利はありますよね。

しかし性的マイノリティーだと上手く結婚できなかったりと障害があります。

その問題を解消するのが、本当に平等な世の中になるという意味ではないでしょうか。



スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語