ケンブリッジ飛鳥選手のイケメンプロフィール!ジャマイカ人とのハーフ!

リオオリンピックで陸上の100メートルとリレーに出場するケンブリッジ飛鳥選手は、キリッとした顔と黒人っぽい日本人というのがイケメンだともてはやされています。

名前からしてハーフなのは分かると思いますが遅咲きと言われる理由と、プライベートについて見ていきます。

リオのイケメンパラダイスはこちら!

スポンサードリンク

ケンブリッジ飛鳥選手のプロフィールは?

ケンブリッジ飛鳥選手の本名は、ケンブリッジ飛鳥アントニオという名前です。

1993年年生まれなので、現在は23歳です。

身長は180センチで、体重は76キロです。

外見か分かるように、ガタイが良い男性なんです。

65d12bdb6出典:http://www.hochi.co.jp/

イケメンで体格も良いですし、男っぽい感じなのでEXILEに入れそうな男性です。

また、ソフトバンクの白戸家お兄ちゃんにも似ています。

2歳までジャマイカ暮らしをし、大阪に移住していました。

中学までは大阪で、高校は東京、大学は日本大学に入学しています。

そして、卒業後はスポーツアパレルやスポーツメディカル関連会社であるドームに入社しています。

遅咲きと言われる理由

ケンブリッジ飛鳥選手が遅咲きと言われているのは、陸上をやった年齢が遅いからです。

ケンブリッジ選手は、中学の時に陸上顧問からおすすめされて陸上部に所属しています。

世界的な選手だと3歳から初めているとかで、中学時代頃にはもう注目選手の人もいるのですが、ケンブリッジ選手は中学からのスタートです。

そして、才能が開花したのが高校です。

a56f161出典:http://shabonyu.com/

100メートルを10秒台で走り、高校記録を樹立しています。

それから好タイムをマークするなど、世界的な選手へと変貌していきます。

自身の記録を高めるためにジャマイカへ行き、ウサインボルト選手が所属しているクラブで練習したりという経験もあります。

これは、お母様の知人の紹介があったからこそ実現した事なのです。

滞在は1週間ほどですが、ケンブリッジ飛鳥選手がジャマイカ生まれだからこそできた経験ですよね。

ケンブリッジ選手はそこで肉体改造改造を決意し、73キロだった体重が78キロになって今の筋肉ができました。

家族についてと彼女はいるの?

ジャマイカに住んでいたという事から予想がついていると思いますが、ケンブリッジ選手のお父様はジャマイカ人です。

そして、お母様が日本人です。

お母様がジャマイカに旅行中に、お父様と恋に落ちたそうです。

情熱的ですよね。

6d5f4gn61sn出典:http://shabonyu.com/

そして足が速いのは、ジャマイカの血が流れているからかもしれません。

そして、ジャマイカらしく尊敬する選手はウサインボルト選手です。

ボルト選手はリオオリンピックが最後と言っているので、ケンブリッジ飛鳥選手が第2のボルトとなってくれると、頼もしいです。

ケンブリッジ選手はいかにもハーフなんですが英語の成績は2だそうで、バイリンガルではありません。

英語がしゃべれそうでしゃべれないのがキュートですね(笑)
そして彼女についてはいるそうですが、誰かは分かりません。

妹さんもいて、銀座のハワイアン風アパレルショップとレストランで働いているそうですよ。

銀座のそれらしいお店を探してみると、トミーバハマという銀座6丁目の信号辺りにあるお店ではないかと思われます。

ハワイ生まれのお店で、料理が可愛いです。

ケンブリッジ飛鳥選手の妹さんが気になるならば、訪ねてみてくださいね。

スポンサードリンク




年収予想

まだ若干23歳のケンブリッジ選手の年収を予想してみましょう。

所属はドームなので、ドームの給料から考えていきたいと思います。

ドームは現在、新卒採用をしています。

それによると、初任給が月に24万円だそうです。

s6f5g421s8jn出典:http://www.domecorp.com/

ケンブリッジ選手は新卒入社と考えられるので、給料は25万円前後でしょう。

そこに入社後の大会で記録を残しているので、ボーナスが入っていると思います。

さらに今年はオリンピックに出場と輝かしい成績を残しているので、ボーナスも右肩上がりでしょうね。

オリンピックの賞金は、日本だと金メダルなら1000万円、銀は600万円、銅は400万円だそうです。

ケンブリッジ飛鳥選手がもし表彰台に乗れば、今年の年収は1000万円越えしそうですね。

そしたら彼女も喜びそうです。

ケンブリッジ飛鳥選手はいつ出場する?

ケンブリッジ飛鳥選手が気になったところで、彼のリオオリンピック出場日をチェックしてみましょう。

まず8月13日に、男子100メートル走で出場します。

そして8月16日に4×100メートルリレーにも出場します。

84年ぶりに100メートルで決勝進出となるかどうかというのが見所です。

100メートルの決勝進出は日本でまだ1人しか成し遂げていないらしく、ケンブリッジ飛鳥選手に期待がかかります。

ケンブリッジ飛鳥選手は陸上界のホープです。

陸上は海外の選手が目立ちますが、ここでアジア人である日本人が活躍して欲しいですよね。

陸上が得意のジャマイカの血が半分入っているケンブリッジ選手ならば、できそうな気がします。

そして、ジャマイカと日本の架け橋になりそうです。

スポンサードリンク




リオオリンピックのイケメン情報!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語