小学校運動会でパパママ達の服装は?お弁当や場所取りの体験談について

いよいよ運動会のシーズンがやってきます。

最近は5月など春に運動会を行う学校も増えてきていますが、いえいえ、やはり運動会といえば「スポーツの秋」ということで秋に行うところが多いです。

a60b56d0368aea80018daa903ba59767_s出典:http://www.photo-ac.com/

さて、そんな運動会ですが、ここでは小学校に焦点を当ててみたいと思います。

児童の人数や学校の規模に差はあれど、「運動会」というイベントについてはどこの小学校でも同じはずです。

運動会は運動会でも、ここでは子供の立場ではなく「親の立場」から見てみたいと思います。

運動会に参加するパパやママの服装、そして運動会のお弁当や場所取りはどうするの?という素朴な疑問を、まとめてみました。

スポンサードリンク

運動会のパパやママの服装は?

普段は仕事で授業参観などには参加できないパパも、運動会は休みをとって応援に行くことでしょう。

このとき、「どんな服で行けばいいのだろう?」と思う人もいますよね。

これはパパもママも同じです。

小学校の運動会というと、パパやママの年齢も20代~40代と幅広いです。

47c2a67b21ebcb67d9236a06d2370ae3_s出典:http://www.photo-ac.com/

もしかしたら、すでに50代の方もいるかもしれませんね。

だいたいですが、30代~40代の方が多いことと思います。

こうなると、特に20代のパパやママが普段通りの格好をしていくと、どうしても目立ってしまいます。

私自身も20代で小学3年生の子供がいるのですが、着ていく服にはいつも手を焼いているものです。

回りの人の「常識」から少しでも外れてしまうと、「○○さんは若いからいいわね」と嫌味を言われるからです。

運動会という場なので、当然スカートはNG

ヒールもNGです。

あまり気取らない、ラフな服装が一番でしょう。

Tシャツに羽織のシャツ、デニムのクロップドパンツ、スニーカーというのが私のいつもの運動会スタイルです。

パパも、Tシャツやポロシャツにクロップドパンツ、スニーカーというカジュアルな服装が多いですね。

学校によっては、保護者が参加する種目があるところもあります。

そういうところなら尚更、ラフでカジュアルな服装でOKです。

むしろおしゃれな服やブランド物の服は、1歩引かれてしまうかもしれません。

運動会の場所取りはどうする?

運動会といえば、やはり場所取りが大切です。

我が子の勇姿を少しでもいい場所で見ようと、保護者がもっとも必死になる瞬間かもしれません。

場所取りのシステムは、学校によって様々です。

当日のみのところ、前日の夕方からOKのところ、学年やクラス別に範囲が決まっているところなど…いろいろあります。

ea108fdb207bed30648da0ae60c6a376_s出典:http://www.photo-ac.com/

私の子供の通う小学校では、昨年までは「当日の朝6時開門」での場所取りでした。

当日の朝6時から場所取りが開始されるので、そのくらいの時間帯は大騒ぎです。

中には夜中から並んでいたという強者もおり、学校の近所に住む人からは苦情もきていたそうです。

車での場所取りは禁止にも関わらず車で来る人たちもいるので、渋滞や駐車によるトラブルも絶えません。

場所取りに関するトラブルは、おそらくどこの学校にも多少はあるのではないでしょうか。

当日の朝から場所取りが開始される学校の場合、場所取りに来るのはパパが多いです。

ママはお弁当作りなどで忙しいですものね。

そんなトラブルもあってか、私の子供の通う小学校では、今年から前日の夕方から場所取りが開始されることになりました。

それも、最後の運動会である6年生の保護者を優先的に会場入りさせるという条件つきです。

あまりにも早くから並ばないよう、会場入りする時間帯は子供によるくじ引きで決めることになっています。

何時から並ぼうが、校庭に入れる時間はくじによって決まっているのです。

これなら早くから並んで近所の人に迷惑をかけることもありません。

場所取りに行くには、レジャーシートや重石になるペットボトルなどが必要です。

タープを立てる人は、そのために必要なものを持っていくことになります。

ただ、前日から場所取りに行く場合は「スペースを確保すること」だけというルールを設けている学校も多いです。

学校によってルールは異なりますから、きちんと学校のルールや大人としてのマナーは守って場所取りをしてくださいね。

スポンサードリンク



運動会のお弁当は?

ママたちがもっとも悩むこと、それはやはり運動会のお弁当でしょう。

自分たち家族の分にプラスして、両家の親が来てくれるとしたら、作るお弁当は10人分以上になることもあります。

私も毎年9人分のお弁当を作っています。

人数が多くなればなるほど、「作る量」の検討がつかなくなります。

210015ba77fe169a02c54f069e87e001_s出典:http://www.photo-ac.com/

足りなかったら困るので、たいていの人がたくさん作りすぎてしまっているのではないでしょうか。

最近では、そんなママの負担を減らすためにお弁当屋さんのオードブルを注文しておき、お昼時に取りに行くという家庭も増えているそうです。

人数が多いと作るのも一苦労ですから、時にはオードブルを頼むのもいいかもしれませんね。

自分で取りに行く分には何でもかまいませんが、中には「学校に出前を配達」してしまう人もいるのだとか。

287405c3c4048139b46f0811711c0515_s出典:http://www.photo-ac.com/

もちろん届けてもらえるなら楽ですが、全校生徒とその保護者たちという大人数が集まる学校に個人的な出前を頼むのはいかがなものかと思います。

全員が出前を頼んでしまったら、学校周辺の道路は大混乱を起こしますし、新たなトラブルも招くでしょう。

やはり「大人のマナー」として、お弁当の配達を頼むのはやめたほうがいいのかな?と思います。

小学校の運動会まとめ

小学校の運動会について、いろいろとまとめてみました。

今年から初めて「小学校の運動会に参加する!」という人たちの参考になれば幸いです。


スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語