子育ての費用はどれくらいかかる? 月・年額の内訳|貯蓄の方法とは?

スポンサードリンク

子育ての費用は月どのぐらいかかる?

子供ができて生まれたらこれからの子育てがとても楽しみになるのは言うまでもないことですね。

その反面、これからの子育てにどのぐらいの費用がかかるものだろうと気になる人も多いのではないでしょうか。

出産すれば子育てに費用がかかるのは当たり前のことです。

では月辺りどのぐらいの費用がかかるのでしょうか。

0~1歳までの子育てでほとんど毎日使用するものと言えば粉オムツやミルクが挙げられると思います。

今は紙オムツを使用する赤ちゃんが多く、新生児のうちはおしっこの回数も多いためかなりの枚数を使います。

6zc5b16z15b6d8gf11b6b1a

1週間で紙オムツ1パックを使いきるというのが普通です。

1ヶ月は4~5週間あります。

紙オムツ1パックが大体1000~1500円前後なので紙オムツ代は約5000円/月かかる計算になりますね。

次に粉ミルクですがこれはメーカーによります。

大きいミルク缶で購入した場合は平均で1缶2000円前後です。

その子供によって飲む量も違うので購入回数も異なります。

他には洋服や雑費などの費用もかかってきます。

洋服や雑費は多く見積もって約5000円ほどかかります。

これらを全て足して計算すると1ヶ月辺り約10000~15000円の費用がかかることになります。

幼児など年齢が上がってくるとこれらの費用もまた異なってきます。

ですが1ヶ月辺りにかかる子育ての費用はいくつになってもそんなに変わらないのではないでしょうか。

子育てにかかる費用を貯金するには?

ではこれらの子育てにかかる費用を貯金していくためにはどのようにしていけば良いでしょうか?

まず貯金をするためにはいくら貯めるかを決める必要があると思います。

大学に行くまでの子育てにかかる費用は大体1000万円と言われています。

それを踏まえた上で子育ての費用をいくら貯金していったらいいか検討していくと良いでしょう。

z6d5b16a51db6a8b11dab61

貯金の目標金額を決めることで月または年間でどのぐらいの費用を貯金していけば良いかわかります。

貯金には様々な方法がありますが、一番よく聞かれているのは学資保険を利用することです。

学資保険は何歳までにいくら貯めるという明確な目標を立てることができるのでとても解りやすいです。

保険を通して貯められるので無理なく貯金できると思います。

他の方法としては給料やボーナスからいくらかずつ貯金する方法、児童手当を貯金する方法が挙げられると思います。

様々な方法を利用することでより効率的に貯金ができるでしょう。

子育ての費用を理解し、自分に合った方法で貯金していくことができると良いですね。

おすすめ子育て関連記事はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語