肩こりで頭痛や吐き気が・・・病院では何科で治る?

肩こりは辛いものですが、「たかが肩こりだし…」と放置してしまう人が大半だと思います。

実際日本人は2,400万人もの人が慢性的に肩こりを感じていると言われています。

4人に1人が肩こりって、なんだか凄いですよね。

しかし肩こりは放っておくと悪化し、頭痛や吐き気を伴うことがあります。

ここでは、肩こりと頭痛や吐き気の関係について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

肩こりが原因で頭痛が起こる理由

肩こりの主な原因は、肩の筋肉の緊張です。

たとえばデスクワークで常にパソコンをいじっている人は、肩を動かすことがありません。

長時間同じ姿勢でいることで、肩の筋肉が緊張し、肩こりとなります。

筋肉が緊張しているところは血行も悪いです。

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

この血行不良により、脳に十分な酸素が届けられずに頭痛となります。

これが、肩こりと頭痛の関係です。

肩こりから起こる頭痛は、主に偏頭痛緊張型頭痛になります。

肩こりでの頭痛は病院の何科で治る?

慢性的に続く肩こりや頭痛は、精神的にも多大なる負担となります。

できるだけ早く治したいものです。

肩こりでの頭痛で病院へ行くことを躊躇される方もおられますが、ひどいときには病院へ行くのも1つの方法ですよ。

38dccd8cf6cfdf8f1dd216416d061a55_s

一番辛い症状が肩こりや肩の痛みなら整形外科へ、頭痛やめまい、手足のしびれなどがあるときには神経外科でもいいでしょう。

もし間違っていても、検査をしたあと相応しい専門科を紹介してもらえるので安心してください。

あまりにも辛いときは我慢をせず、しっかりと検査をしてみてくださいね。



スポンサードリンク



肩こりや頭痛に効く薬は?

肩こりや頭痛に効く薬を2つご紹介しましょう。

364b61a4255dec4fe3324727865ce351_s

・葛根湯

葛根湯は薬ではなく、正確には漢方です。

よく、風邪の引き始めに飲まれている葛根湯ですが、肩こりや頭痛にも効果を発揮してくれます。

血行を良くして、痛みが和らいでいきますよ。

・アリナミンEX

疲れを取るイメージのあるアリナミンも、肩こりや頭痛に効果があります。

疲労物質を除去し、血行を良くすることができるからです。

肩こりによる頭痛の主な原因は、肩周辺の血行不良だという話をしましたね。

つまり、血行が促進されれば頭痛も和らいでいくということなのです。

まとめ

肩こりで頭痛や吐き気が起こるのはとても辛いです。

多くの人が感じている肩こりですが、「みんなも肩こりくらいなっているし…」と安易に考えるのはやめましょう。

肩こりは生活習慣や仕事柄なりやすいものでもあり、なくすことは難しいことでもあります。

つまり、放っておいて治ることはほとんどありません。

辛いと感じたら、できるだけ早く何かしらの対策を取ることをおすすめします。


スポンサードリンク



肩こりおすすめ解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語