ルイボスティーの効能は?糖尿やガン予防などの効果あり!?副作用はある?

ルイボスティーは体に良いと評判で、色んな世代から愛されている飲み物ですよね。

ルイボスティーが体に良いと知ってはいるけど、どんな効果があるのかと聞かれたら詳しく答えれない…。

そんなあなたに、ルイボスティーの効果を徹底的に解剖していきましょう!

スポンサードリンク

ルイボスティーの効能について

ルイボスティーと聞くと、女性がメインで飲んでいるものと思いませんか?

ルイボスティーは女性だけに効くなんて思っていたらもったいないですよ。

5ffa67ea68bb0f2e160702442c527541_s

▲ルイボスティーの目次に戻る

ルイボスティーは白髪に効果がある!

男性にも嬉しい効能があるんです。

それが、ルイボスティーで白髪予防ができるという点です。

その理由は、ルイボスティーに含まれているSODです。

スーパーオキサイドディスムターゼの略です。

このSODは、活性酸素という体の中にある老化成分を減らす役割があります。

白髪は老化現象で起こりますよね?

白髪の原因は成長ホルモンの分泌が減ったり、髪を黒くするメラニンが減ったりしたりなどです。

体が老化すると、こういった今までできていた働きが弱くなります。

だからルイボスティーに含まれるSODを摂取していけば、白髪を予防できるのです。

▲ルイボスティーの目次に戻る

スポンサードリンク



さらには薄毛も予防できる!

また、ルイボスティーの効能で毛細血管の老化を防ぐというものがあります。

これは、ルイボスティーに含まれるタイツーという成分が血管の外側と内側をつなげてくれるからです。血管の建築会社と言える働きです。

旬の食物関連記事は・・・

毛細血管が老化してしまうと、血液に乗って栄養が体の隅々まで行き渡りません。

そして栄養が頭皮までいかないと、髪の毛の育成を妨げて薄毛になってしまいます。

ルイボスティーで毛細血管を隅々まで若くい続ければ、薄毛まで予防できるのです。

だからルイボスティーは、男性にも効能があるのです。

▲ルイボスティーの目次に戻る

不妊を予防する効能もある

ルイボスティーは、妊娠したいという妊活のための効果があるというのを聞いた事がありませんか?

これは、先にも書いたようにルイボスティーが活性酸素の働きを弱めてくれるからです。

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

不妊とは、女性で言うならば卵子の質が老化していたり、排卵そのものがないというのが原因です。

これは女性ならば誰でも起こり得ます。30代後半になってくると、卵子の老化は始まっていきます。

体が老化するという事は、生殖機能も老化していきます。

活性酸素は体の健康な細胞にも攻撃してしまうので、卵子も老化してしまうのです。

ルイボスティーで活性酸素そのものを減らせば、不妊を改善する事も可能になってくるのです。

そして、不妊症といったら女性が悩むものというイメージがありますが、男性にだって生殖機能も活性酸素はあります。

射精したとしても、精子の質が悪かったり精子が少ない場合もあります。

ルイボスティーは、精子の老化も防いでくれるのです。

▲ルイボスティーの目次に戻る

便秘やむくみ、ダイエットに効果がある理由

さらにルイボスティーは、便秘を改善してくれたり、むくみを改善する力もあります。

ダイエットに効くという身近な働きをしてくれるのが嬉しいですよね。

49bb1f23dac783b9f4d2fcb744acb53c_s

ルイボスティーを飲み始めると、便秘が改善するという効能があります。

これは、ルイボスティーに抗酸化作用があるからです。

活性酸素を除去するという意味です。

老化を予防するというのと一緒です。

抗酸化作用は、腸の善玉菌を増やすという役割があります。

ルイボスティーは腸内環境を良くしてくれるため、便秘が治りやすいのです。

さらに、ルイボスティーにはマグネシウムも多く含まれています。

マグネシウムは、体の水分を多くしてくれます。

それにより便が柔らかくなり、便通が良くなりやすいのです。

また、ルイボスティーはマグネシウムだけではなくてミネラルが豊富に含まれています。

ミネラルは利尿作用をもたらすという効能があり、リンパの流れを良くしてくれます。

だからむくみもルイボスティーで改善できるのです。

そして、便秘やむくみ知らずの体になれるので、ダイエットが成功しやすいのです。

▲ルイボスティーの目次に戻る

ガン予防もできちゃう!!

ルイボスティーは老化やダイエットに良いというだけではなく、病気も予防するという効能があります。

病気で一番怖いのが、ガンではないでしょうか?

ガンは生活習慣の乱れや食事、ストレスなど様々な原因で発病しやすい病気です。

ルイボスティーには、カテキンが含まれています。

カテキンは脂肪の吸収を抑える事ができ、ダイエットにも良いです。

そして、脂肪の付き過ぎはガンを引き起こしやすくなります。

また、ルイボスティーにはケルセチンと呼ばれるコレステロールを低下させる成分も含まれています。

コレステロールは生活習慣病と深く関わっていますよね?

ガンも例外ではなく、コレステロールが高いと発病しやすくなります。

さらにストレスは活性酸素の働きを強めてしまい、体が老化して血流が悪くなります。

すると、睡眠が上手くできなくなったりと不規則な生活になりやすくなります。

ルイボスティーは何回もお話しているように、活性酸素を除去してくれます。

さらに、コレステロールや脂肪などの体につき過ぎると良くないものも抑えてくれるため、ガンを予防する効能もあるのです。

▲ルイボスティーの目次に戻る

アトピーにも効能がある

また、ルイボスティーはアトピーにも効能があります。

アトピーができる原因は埃や排気ガスなどの刺激物が肌に触れて、肌が過剰に反応してしまうからです。

その過剰反応は、異物を取り除こうと活性酸素の働きを活発化させます。

活性酸素は健康な細胞まで傷つけてしまうので、肌のバリア機能が衰えてアトピーになってしまうのです。

通常の量の活性酸素ならば肌は痛みませんが、大量の活性酸素が作られてしまうのがいけないのです。

ルイボスティーで活性酸素の働きを弱めれば、アトピー肌にも良いのです。

▲ルイボスティーの目次に戻る

糖尿病も予防できる

さらにルイボスティーに含まれるアスパラチンと呼ばれる成分は、血糖値の急上昇を抑える働きがあります。

それにより、糖尿病予備軍にも効くという効果があるのです。

ルイボスティーというと、片仮名なので若い世代の飲み物…というわけではないのです。

ガンや糖尿病といった病気を予防し、近年多いアトピーまで予防できる効能があるのです。

▲ルイボスティーの目次に戻る

ルイボスティーに副作用はあるの?

ルイボスティーにはたくさんの効能があり、ここまで良い面があると副作用が心配になってきますよね。

ルイボスティーには、これといった副作用がないと言えます。

確かに薬の副作用のように、注意しなければいけない点というのはありません。

だけども、たくさんの効能は、飲みすぎてしまうことで副作用にもなりえるのです。

例えば、ルイボスティーの効能で便秘を改善するというものがあります。

便を柔らかくする効能があるという事は、ルイボスティーを飲み過ぎると下痢になってしまうという事です。

また、ストレスを緩和して安眠効果があるルイボスティーは、飲み過ぎると眠くなります。

さらに利尿作用があるという事は、飲み過ぎるとトイレが近くなってしまいますよね。

また、ガンを予防するカテキンは、葉酸を壊してしまうというデメリットもあるのです。

どんな食べ物でも食べ過ぎると副作用があるように、ルイボスティーも飲み過ぎると効能が一転して悪い作用になってしまう可能性もあるのです。
飲み過ぎなければ、ルイボスティーは奇跡のお茶と呼ばれているぐらい体に良いお茶です。

体にはとても良いのでルイボスティーを飲む習慣を取り入れたいですよね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語