シナモンの効能!桂皮アルデヒドで毛細血管年齢が若返る!

美容に敏感なおしゃれ女子が気になることといえば、やはり空気の乾燥や暖房の使用等によるお肌へのダメージでしょう!

乾燥からくる皮脂を落とす為に普段より念入りに洗顔をしたり、肌を保湿する為にいつもよりも多めにクリームを塗ったりする方も多いのではないでしょうか?

しかしその美容法、実は大間違い!

お肌に必要な皮脂まで余分に除去してしまったり、クリームで毛穴をびっちり塞いでしまったりして、逆にお肌に負担をかけている恐れがあるのです!

スポンサードリンク

シナモンの効能、健康や美容に効果あり!

そこで今回は、美容効果抜群の、とっておきのアイテムをご紹介したいと思います?

それは・・・『シナモン』です!

cinnamon-stick-514243_640

「え?シナモン?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はシナモンは美肌づくり・アンチエイジングに驚きの効果を発揮する優れもののスパイスなのです。

シナモンとは、熱帯に生育するクスノキ科の常緑樹、またその樹皮から作られる香辛料のことを指します。

その甘く芳しい香りから、『スパイスの王様』とも称されます。

シナモンは世界最古のスパイスともいわれ、紀元前4000年頃から、エジプトではミイラの防腐剤として使用されていました。

日本に薬物として伝わったのは、8世紀前半の奈良時代といわれています。

それほど古くから生薬としての効果が広く認知され、人間の生活に深く根付いていたシナモン。

毛細血管が若返る!

昨今ではなんと、このシナモンが持つ『毛細血管の老化防止効果、修復効果』が注目されてきているのです!

人間の身体を構成する様々な組織に、酸素や必要な栄養分を運搬する血液の通り道のことを、私たちは『血管』と呼んでいます。

2feb18fff993999c7c286f3531408607_s

毛細血管を始めする身体中の血管は、内側の内皮細胞と外側の壁細胞との二重構造になっており、それらがしっかりと密着していることで正常かつ安定的に稼働しています。

しかしながら、血管が老化することにより細胞同士の接着がもろくなり隙間ができると、必要な酸素や栄養分が血管から漏れやすくなります。

その結果、身体中のあらゆる組織・器官の老化を誘発してしまうのです。

血管内皮細胞と壁細胞を繋ぐ、つまり血管、ひいては身体全体の老化を防ぐ役割を果たすのが、それぞれの細胞から分泌される『Tie2(タイツー)』『アンジオポエチン-1』という物質です。

実は昨今の研究から、シナモンが含む『シンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)』という成分が、血管内皮細胞の『Tie2』を活性化させる作用があることが明らかになっています。

つまり、シナモンを摂取することが血管の修復・再生をもたらし、身体中に必要な栄養分をいきわたらせ、結果として肌組織の老化防止・活性化に繋がるという訳です。

肌の血行促進は、新陳代謝(ターンオーバー)を向上させ、みずみずしい美肌を保つことができるだけでなく、シミ・しわ・たるみの改善にも好影響を与えます。

さらに嬉しいことに、血行が促進されることにより脂肪の燃焼効率が高まる為、ダイエットにも効果的なのです!

シナモンは、美しさを求める女性にとって、まさに一石二鳥の超優秀アイテムといえるでしょう。

おすすめの摂取方法は、シナモンティー!

美容に関し素晴らしい効能を発揮するシナモンですが、そのおすすめの摂取方法は、お茶にして飲むことです。

シナモンティーは、これからの寒い季節に身体をほっと温めてくれますし、食事の内容も選びませんし、消化・吸収にも非常に優れ、短時間でシナモンの美容効果を得ることができる為、ぜひおすすめしたい方法です。

cappuccino-593256_640

スティック状のシナモンを紅茶の中でゆっくりと混ぜて飲むのがシナモンティーの一般的な飲み方ですが、スーパーやコンビニ等で見つけやすいパウダー状のシナモンを使っても簡単に作れますよ♪

ピリッと鼻をつくスパイシーな味の紅茶なので、辛味が苦手な方は、お砂糖やハチミツ、ミルクを加えてほんのりと甘いミルクティーにして飲むことをおすすめします。

またシナモンは、リンゴやカモミールの優しい香りとも相性が抜群に良いので、アップルティーやカモミールティーの茶葉を使ってもいいかもしれませんね♪

お茶として飲むことで、シナモンに多く含まれる食物繊維を短時間で効果的に摂取することが出来るので、胃や腸等の消化器官に不調を感じている時にもぜひお試しください。

生理痛を緩和してくれる効能にも優れているので、女性にとって、非常に大きな味方といえるでしょう!
さらに身体がほっと温まるシナモンティーは、美容効果だけでなく、リラックス効果にも大変優れています。

毎日のお仕事や、子育て等で心身共に疲れきってしまった時には、シナモンの甘い香りでたっぷりと自分を癒してあげましょう♪

シナモンの効能には副作用もある?過剰摂取は避けましょう!

『スパイスの王様』として、大変優れた効能を多数有するシナモンですが、摂取の仕方によっては副作用も引き起こしてしまいますので、注意が必要です。

f3a9f84c27a89a02cecb321a5f80fb3b_s

シナモンの持つ美容・健康効果が脚光を浴び始めてからというもの、昨今ではシナモンの栄養を手軽に摂ることが出来るサプリメントや健康食品類も多く販売されるようになりました。

用法・用量に応じて適切に摂取する分には、私たち人間の身体に絶大な好影響をもたらしてくれるシナモンですが、その効能に期待するあまりついついやってしまいがちなのが、過剰摂取

シナモンには『クマリン』と呼ばれる香気物質が含まれています。

このクマリンを摂取し過ぎると、肝臓機能への障害が誘発されるということが、近年の研究で明らかとなっています。

ドイツでは、ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)という研究機関によって、シナモンの『耐容一日摂取量(人が生涯にわたり摂取しても、健康上問題ないとされる一日当たりの摂取量)』が、体重1キログラムあたり0.1ミリグラムに定められ、国単位でシナモンの過剰摂取に対する注意を喚起しています。

上記の摂取量は、シナモンを通常の食事にスパイスとしてふり入れたり、お菓子の材料・香りづけとして使用したりする分には超えない程度の分量ですが、サプリメントや健康食品類の場合は、簡単に多量のシナモン、ひいてはクマリンを摂取することが出来てしまう為、注意が必要となります。

またクマリンの他、シナモンに含まれる『シンナムアルデヒド』という物質が胎児に悪影響を及ぼすという研究結果もありますので、妊婦の方がシナモンのサプリメント等を摂取する場合は、事前にお医者さんと相談することをおすすめします。

上記でご紹介したシナモンティーや通常の食事の場合は過剰摂取の心配は特にありませんので、安心して飲食していただいて大丈夫ですよ♪

それでも心配、という方はシナモンの種類を選んで摂取するのが良いかもしれません。

シナモンには、『セイロンシナモン』と呼ばれるスリランカ産のものと、『カシアシナモン』と呼ばれる中国産・ベトナム産のものがあります。

クマリンの含有量が少ないセイロンシナモンと比較すると、中国産のカシアシナモンは約41倍、ベトナム産のカシアシナモンに至っては約385倍ものクマリンを含んでいるといわれています。

その為、シナモンを摂取する際は、セイロンシナモンを選択した方が、身体の健康上安心であるといえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、シナモンの持つ驚きの美容効能、シナモンの効果的な摂取方法、シナモンの過剰摂取による副作用についてご紹介しました。

安全かつ正しい方法でシナモンの栄養をたっぷりと身体に摂りいれ、心身共にますます健康で美しい女性を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語