星野佳路の経歴がすごい!妻(奥さん)や年収が気になる|星野リゾート

今回はテレビでもお馴染みの星野リゾートの経営者、星野佳路さんについていろいろ、調べてみました。

65445jygujvg

さて、魅力的な施設がずらりと揃っている星野リゾートを経営している星野佳路さんとは一体、どんな人なんでしょう。

スポンサードリンク

星野リゾートの経歴から

軽井沢といったら昔から避暑地として有名な土地柄です。

ちなみに彼が経営する株式会社星野リゾートの原点は1914年に軽井沢で星野温泉旅館開業です。

星野家は代々佐久市岩村田で鮮魚や雑貨を営む商店を営んでいました。

しかし、初代の星野嘉助が生糸業で成功を治めたんです。

そして、所有していた中軽井沢の山林に温泉を掘って星野温泉と名付けました。

全てはそこから始まったんです。

ちなみに彼の父親が3代目なんだそうです。

そして、星野佳路さんが星野リゾートを立ち上げたのでしょう。

なお、この会社は経営不振に陥った旅館やリゾート施設の再生を行っています。

現在、沖縄から北海道までその規模を広げています。

なので、星野リゾートを利用したことがあるという人は大勢いるでしょう。

でも、星野リゾートの原点は軽井沢ではないでしょうか。

▲星野佳路目次に戻る

星野佳路さんの経歴

星野佳路さんは1960年、長野県軽井沢生まれです。

なんでも、1983年には慶應義塾大学経済学部卒業、米国のコーネル大学ホテル経営大学院修士課程修了しています。

つまり、経営者としての知識はばっちりだっていうことです。

ただ、卒業後、旅館を継いだのではありません。

1991年にアメリカの日本航空開発に就職しました。

でも、親に呼び戻されて帰国、旅館業に入ったものの、父親と対立してしまったそうです。

そして、渡米して今度はシティバンク銀行に就職し、それでもまた、呼び戻され株式会社星野リゾート4代に就任となったわけです。

なんというか、苦労知らずのおぼっちゃんかと思いきや、何かと反骨精神を持った人なんですね。

▲星野佳路目次に戻る

スポンサードリンク




星野佳路さんの年収は?

まず、星野リゾートの社員の平均年収見てみましょう。

あくまで口コミから推測すると400から500万円ほどになるみたいです。

となると社長である星野佳路さんの場合はどうなんでしょう。

もちろん社員より高額ですが・・・

ちなみに上場企業の役員の年収ランキングとかを見ると、1億円超えの人が大勢いらっしゃいます。中には10億超えの人もいるみたいです。

あいにくと星野佳路さんの年収は調べてみましたが判りませんでした。

そこのところ、どうなんでしょう。

想像の余地が十分ありますね。

▲星野佳路目次に戻る

星野佳路さんの家族とは

星野佳路さんは現在、現在56歳です。

ちなみに結婚はしています。

しかも、奥さんの星野朝子さんは、佳路さんと同じ慶應義塾大学経済学部を卒業しています。

さらに彼女は2015年に日産自動車の国内事業No.2の専務執行役員になりました。

なので、朝子さんも経営者として優秀なんですね。

彼女もビジネス界においては有名人のようです。

ちなみに星野佳路さんと朝子さんの間には息子さんがいます。

▲星野佳路目次に戻る

星野佳路さんのブログから

実は星野佳路さんにもブログがあります。

といっても社内(社員専用)のブログなんですけど。

なかなか、面白い話があるみたいですよ。

その中でみつけた彼の食生活を見てみましょう。

なんでも、夜に1食だけで、1日1食で過ごしているようです。

なんで、そうなってしまったんでしょう。

それには段階があるようです。

なんでも、10年前は朝食抜きでした。

なのにその2年後には昼食も食べなくなったそうです。

だからとうとう、1日1食になってしまったわけです。

それとコーヒーをマイボトルに入れて持ち歩いているんだそうです。

一体、何のためにそうなったんでしょう。

実はこの朝食抜きや1日1食はプチ断食とも言えます。

実際、彼は健康のためにこんな食生活になったんでしょうか。

それは星野佳路さんにしか判りません。

▲星野佳路目次に戻る

星野佳路さんはアイスホッケーの選手

星野佳路さんは学生時代、アイスホッケーに夢中だったそうです。

このアイスホッケーのお蔭で人生の転機があったみたいです。

というか、もともと、星野佳路さんは旅館の跡取り息子でした。

ということは、何もしなくても旅館を継ぐことは決められていたということです。

確かに大学を卒業して、海外に留学、帰って実家の旅館は火の車という状態でした。

これはかなり苦労します。

そこで彼が考えた打開策が学生の頃、熱中したアイスホッケーでした。

ホッケーのように各スタッフが瞬間的に判断するというモノです。

つまり、現場のことは現場のスタッフに任せてしまおうと考えたわけです。

そうなると各スタッフが仕事に自覚をもって業務を遂行できるようになっていきます。

結局、仕事に納得できるようになるということでしょう。

でも、こういう考えに至るまで、星野佳路さんも頑張ったんでしょうね。

▲星野佳路目次に戻る

スポンサードリンク




最期にまとめ

ビジネスにおいて成功する人、しない人と必ず、この2つに分かれると思います。

星野佳路さんの場合、前者に当たるのではないでしょうか。

さらに自分で考え努力しない人は大成することはできません。

それに星野佳路さんもまだ、50代です。

なので、これからもビジネスマンとして大きく成長していくでしょう。

▲星野佳路目次に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語