スーパーマラドーナの田中と武智は元ヤンキー?実は解散していた!|M1優勝目指す

スポンサードリンク

スーパーマラドーナのプロフィール

皆さまはスーパーマラドーナと言う芸人をご存知ありますでしょうか。

スーパーマラドーナとは吉本興業(正式名称はよしもとクリエイティブ・エージェンシー)の大阪本部に所属をしている大阪NSC22期のお笑いコンビになります。

また、過去2003年にはコンビ名を『マラドーナ』として結成をして活動をしていましたが、2007年12月31日に一度解散をしておりまして、その後2008年4月にコンビ名を『スーパーマラドーナ』と改めて再活動をしています。

3f5dn1g3s41n321出典:http://www.tezukayama-u.ac.jp/

キャッチフレーズは『神業ストライカー』でして、メンバーと致しましては田中一彦(たなか かずひこ 生年月日 1977年10月15日生まれ)は特技が利きツッコミができることになりまして、頭を叩かれただけで自分のパートナーなのかそうでないかが分かるのです。

またプライベートでは2016年3月14日に入籍をしております。

そして相方は武智 正剛(たけち せいごう 生年月日 1978年8月3日)とても優しい性格であり、相方の田中が気が弱いことを何時も心配しているのです。

あと、番組を見ているとヤンキーのキャラクターなのですが、案外可愛い部分もありまして、彼女と始めてUSJに行った時の記念写真を今でも大切に持っていたり、実は自宅でミッキーマウスのパジャマを着ていたりもします。

さらには高い場所やお化けが怖かったりもするので、見た目と違う部分のギャップが面白くもあります。

スーパーマラドーナとM1の関係

このようにデコボコキャラのお笑いコンビであるよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のスーパーマラドーナですが、実はあのお笑いの最高峰であるM-1にも過去に出場をしているのです。

その歴史と致しましては2003年から毎年M-1に出場し続けていまして、そのうち5回が準決勝進出を果たしていると言う実力派お笑いコンビなのです。

また2010年に一回「M-1」が終わったのちに2011年には「第41回NHK上方漫才コンテスト」で優勝をしており、更に「第9回MBS新世代漫才アワード」優勝に2冠を手に入れている凄いコンビなのです。

スーパーマラドーナの武智は元ヤンキーなのか

色々な噂がありますが、スーパーマラドーナの武智は元ヤンキー?であったと言う噂があります。

これは本当だったのであろうかと言うことを実際に調べてみたところ、武智が元ヤンキーであったと言う信憑性の高い、はっきりとしたエピソードはないのです。

ただ、武智と同じくよしもとの芸人で同級生のソラシドの本坊はNSC的には2期も先輩なのに、ヤンキーの頃の武智を知っていると言うことで、これはよっぽど怖い経験があったのか、芸人は実年齢よりも芸歴が大事だと言うのに未だに逆らえないと言う話もあります。

もっぱらこのような話も広まっているのでスーパーマラドーナのことをドラえもんに例えると、ジャイアンとのび太の関係であると言う分かりやすい例もあるほどです。

さらに武智が元ヤンキーであったのではないかと思わせるお話しがありまして、それは武智が作っているよしもとの元ヤンキーだったメンバーだけで作っている「武智軍団」と言うグループがあります。

ちなみにメンバーはリーダーが武智正剛、そしてメンバーは川原克己(天竺鼠)はキングオブコントでは2008年、2009年、2013年とファイナリストに残っている関西では有名な芸人です。

また天竺ネズミの瀬下豊も加入しており、特に瀬下は昔は喧嘩では誰にも負けたことがないと豪語する位の元ヤンキーで、街中でもよく喧嘩を売っていたとのことで、スキンヘッドの時代もあった位、本当の元ヤンキーなのです。

なお、2009年度M-1王者であるバンクブーブーの黒瀬も加入しておりまして、黒瀬も元々は地元で「悪死魔(あくしま)」と言うグループの副総長をやっていたとのことで、これもまたガチヤンキーになります。

その他にもかまいたちの濱家隆一やライセンスの井本貴史、モンスターエンジンの西森洋一、ケムリダマの三輪善行なども加入していることから、このような交友関係を見ると冒頭では武智自身の過去のエピソードがないと言いましたが、武智はやはり元ヤンキーであったのであろうと言う可能性がとても高いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語