相席スタートの山崎ケイはかわいい?山添はイケメン芸人と評判!

d6gh54jm6d51681

今人気絶頂のお笑いコンビ『相席スタート』をご存知でしょうか?

相席スタート「THE MANZAI」に出演しているお笑い界の漫才コンビで最近は単独ライブも行ったりしています。

そんな相席スタートについてのご紹介です!

スポンサードリンク

相席スタートのプロフィール

相席スタートは事務所がよしもとクリエイティブ・エージェンシーで、2013年2月に結成されています。メンバーは山添寛山崎ケイの2名で構成されています。

また、コンビ結成についての経歴は、山添はNSCの14期となり旧コンビ名は『ヒダリウマ』で活躍していて、山崎の方はKBBYとして活躍をしていました。

そして現在の活動状況は、ライブ、テレビ出演、インターネット配信も行っています。

尚、芸風は漫才やコントとなっておりまして、同期には『あわよくば』『ダイタク』『ざしきわらし』『ベイビーギャング』『田畑藤本』『ボーイフレンド』『橋本まさを』『ピスタチオ』などがいます。

また気になる受賞歴と致しましては、TBS ラジオ番組のSaturday Nights Laughにて2015年7月の月間チャンピオンに輝いたことがありました。

ちなみによしもとの昔からの風習で芸歴が違うコンビは、後輩の期に先輩が降りると言う風習がありますので、相席スタートについても山添(NSC14期)に山崎が降りると言うスタイルになりました。

▲相席スタート目次に戻る

山添寛と山崎ケイ

5fn654316d8ht出典:http://time-punch.com/

相席スタートのツッコミ担当は山添寛で、立ち位置は向かって右側になります。

キャッチフレーズは『イケメン男子風』となっており、確かに山添寛は身長が182センチある京都出身男子ですし、顔も結構カッコ良い愛着のある感じです。

また趣味や特技はドラマ鑑賞や温泉巡り、ギャンブル、コーヒー、カードゲーム、空手となっています。

3fgn513f1gn6fs4出典:http://www.oricon.co.jp/

次に相方ですが、山崎ケイボケ担当千葉県柏市出身B型、NSCでは13期生で、1982年6月13日生まれの34歳です。

また山添寛のようなキャッチフレーズ的なものと致しましては『美人ではないがブスでもない女』『ちょうどいい感じのブス』『イイ女の雰囲気を出している芸人』となっております。

趣味や特技は旅行、昼ドラ鑑賞、お酒、食べ歩き、フットサル、恋愛相談などとなっています。

▲相席スタート目次に戻る

スポンサードリンク




山崎ケイの少し変わった経歴とは?

そして、山崎ケイについてはちょっと面白い経歴がありまして、大学は早稲田大学第一文学部を卒業しています。

しかし大学を卒業した後にNSCに入りたくて、入学費と授業料を貯めるために1年間OLとして働いていたのです。

また2014年間初頭にはお酒に酔って転んでしまい、救急車で運ばれた後に4針縫ったと言うエピソードもあります。

そして母親からは常に『人の立場になって物事を考えなさい』『自分がされて嬉しいことは人にしても嬉しいはず、人が嫌なことはするな』と言うことを、しつこい位に言われており、この教育が山崎の信念となっているとのことです。

なので山崎は自分の母親のことを大教祖とも言っているのです。

また中学の時には『自分の価値観を相手に押し付けるな』とも教えられていて、その時に『人はそれぞれの考え方があるので、みんな一緒ではないのだ』と言うことに初めて気がついたそうです。

このような人間形成に迷う時期に、太宰治の『人間失格』を読んで主人公と自分を重ね合わせており、自分の殻の中に閉じこもっていた時もあったようですが、結論として押し付けがましくても偽善者だろうとも自分がされて嬉しいことはやっていこうと言う気持ちになったとのことです。

▲相席スタート目次に戻る

相席スタートの山崎はかわいい?

65sdfg1hb6s864h出典:http://mezaika.com/

インターネットで相席スタートと検索をすると、コンビの写真が出て来ますので皆さまも一度ご覧いただくと分かりますが、山崎の写真が妙にかわいかったり、別にモデルのような体型をしていたり小顔で綺麗と言うことでもないのですか、何故か引き寄せられると言うコメントが多いのです。

また、相方の山添も山崎のことを『まるで沼のような女性だ』と例えていたり、周りからよく言われることとしては『ちょうど良いブス』となり、通常こう言うタイプの女性は無性に腹がたつことが多にのに、山崎に関して言えば愛くるしい仕草が何とも可愛らしく見えてしまうと言う、相手に不快感を与えないキャラクターとなっているのです。

更に周りの評価としてはトータルテンボスの藤田は『自分でもいい感じのブスだと言うことを分かっており、絶妙なラインを保っている』と感じていたり、ピスタチオからは『顔は全然良くないのに何とも言えない女感を醸し出していて、いい女に見えてしまう』と感じられているのです。

よく、美人は三日で飽きると言いますが、山崎に関してはハマればどんどんハマってしまいますので、こう言う女性が一番男性を虜にしてしまうのかも知れません。

▲相席スタート目次に戻る

スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語