平岡佐智男の経歴が面白い!珈琲店のマスター芸人コーヒールンバ|マツコの知らない世界

3d51n3d8mjdt65m81出典:http://tsunekichi.blog.so-net.ne.jp/

最近、いろんなジャンルから芸人を目指す人が出てきています。

今回はなんと、コーヒー芸人平岡佐智男さんを紹介したいと思います。

さて、彼の素顔とは一体、どういったモノなんでしょう。

スポンサードリンク

平岡佐智男さんの経歴について

「コーヒールンバ」、これが平岡佐智男さんのコンビ名です。

相方西原朗演さんです。

35f1n315n51s出典:https://twitter.com/owarai_natalie/

平岡佐智男さんは誕生日は1982年7月17日で香川県出身です。

現在は東京に住んでいるわけなんです。

というのも、「コーヒールンバ」は松竹芸能所属だからです。

自他とも認めるコーヒープレゼンター芸人なんです。


▲平岡佐智男目次に戻る

平岡佐智男さんのブログを見つけた!

ネットサーフィンをしていたら、平岡佐智男さんのブログを見つけちゃいました。

何しろ、話題の「コーヒールンバ」の平岡さんのブログです。

f351jn3sf51j3s5j出典:http://ameblo.jp/hiraokadolu/

早速、アクセスしてみました。

流石にコーヒー好きなだけあっていろんなお店を知っています。

ちなみにブログは「コーヒールンバ 平岡のぶろぐ 珈琲遍路」です。

というか、そのまんまのネーミングなのですぐみつかります。

しかも、殆ど毎日、更新しています。

実際、最近のブログはスマホからでも更新できるところが多いです。

だから、毎日、違うお店を紹介してくれるんですね。

さらに写真もアップしているので、ひょっとしたら近所のお店が紹介されているかもしれません。

コーヒー好きにはたまらないブログではないでしょうか。

なので、コーヒールンバのファンなら是非、チェックしてみてはどうでしょう。


▲平岡佐智男目次に戻る


スポンサードリンク




平岡佐智男さんは元コーヒー店長

とにかく、キャリアを捨てて芸人を目指したのが平岡さんです。

某有名コーヒー店で店長にまでのぼりつめたからです。

そのままでいれば、一国一城の主だったのに本当にもの好きな人です。

なんて思って調べてみたんです。

彼、映像関係の専門学校を卒業してすぐ養成所に入ったそうです。

つまり、お笑いの道に進んだ方が先だったというわけです。

で、アルバイトで入ったのがタリーズだったんです。


▲平岡佐智男目次に戻る

平岡佐智男さんは元々、コーヒーが苦手

バイトでタリーズコーヒーに入った平岡さん、実はコーヒーが全然飲めなかったんです。

実際、本人がそう言っています。

35fs1g61sf出典:http://www.nanak.co.jp/

カフェモカだけが唯一、飲める程度だったそうです。

ちなみにカフェモカはエスプレッソに牛乳とチョコレートシロップを加えたものです。

だから、コーヒーが苦手な人もこれなら飲めるというわけです。

しかも、タリーズコーヒーに入ったきっかけもオープニングスタッフで先輩もいないからという理由でした。

さらにカフェに可愛い子か沢山くるかなといういささか、動機不純な理由です。

それにカフェモカも飲めるという点でした。

とにかく、バイトだったので曖昧な理由だったわけです。


▲平岡佐智男目次に戻る

お笑いの道を諦めてコーヒーの道に・・・

しかし、お笑いで頑張ってみたものの、結局2年でコンビを解消してしまいました。

そして、『芸人やめたんだったら社員にならないか』とお誘いを受けたわけです。

確かに、こういう場合、それに乗っかるのは当たり前です。

ただ、バイト感覚のままで社員になったのでそれなりの苦労もしたようですよ。

さらに正社員となると店長になる道も開けてきます。

そして、タリーズコーヒーで店長として働き商品開発なども関わってきたわけです。

当然、そうなっていくとコーヒーを入れる腕も当然、上がっていったんでしょう。

実際、店長を任せてもらっていた店の売り上げも良かったようです。


▲平岡佐智男目次に戻る

なのになぜ再びお笑いの道に

とにかく、タリーズコーヒーでは3店舗を兼任したあとに最高の従業員が最高の商品を提供する完璧な店を作り上げてしまった平岡さん。

そのまま、店長でいれば今もカリスマ店長として君臨していたはずです。

なのに再び、お笑いに帰ってきました。

きっかけは西原朗演さんの「組もう」という言葉です。

そこでタリーズコーヒーを退職、お笑い芸人に戻ることにしたんです。

つまり、「コーヒールンバ」誕生と相成ったわけです。

ちなみにこのコンビ名、本当は別なモノだったんです。

最初は「ふたりマン」でした。

でも、先輩芸人の『お前ら”ふたりマン”ちゃうやろ。コーヒーやってるんやったら”コーヒールンバ”や!』という一言でこの名になったわけです。

かなり、安直な理由ですが正直、ぴったりなネーミングです。


▲平岡佐智男目次に戻る


スポンサードリンク




そして、マツコの知らない世界へ

しかも、「マツコの知らない世界」でコーヒー店の楽しみ方を伝授しちゃった平岡さんです。

さらにコーヒーを美味しく飲むためにいろいろと教えてくれました。

というか、アルバイト当初はカフェモカしか飲めなかった人とは信じられないくらいコーヒー通になった平岡さん。

自らの部屋を改造して焙煎技術を日々、磨いているんだそうです。

しかも、芸人をやりながら定期的に場所を借りて「SACHIOPIA COFFEE」というカフェを営んでいます。

現在、生粋のコーヒー通となった平岡さん、今後の活躍に期待が持てます。

さらに彼のお店も気になった人は是非、調べて行ってみたらどうでしょう。
きっと美味しいコーヒーが飲めるはずですよ。


▲平岡佐智男目次に戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語