松田一希(北海道大学)テングザルの霊長類学者の経歴について!情熱大陸

研究者というと、イメージするのが白髪で白衣を着たおじいちゃん‥って方が多くないですか?(笑)

私、そんなイメージでした。

しかし、松田一希さんという方は、ヒゲは生えてるけどワイルドなヒゲで、モデルみたいなイケメンです。

出典:http://jehcl.net/

研究のために履いた、おっさん臭い長靴も松田さんが履けば途端におしゃれな長靴に見えてしまうのは私だけでしょうか?(笑)

ワイルド好きな私のハートを掴んだ霊長類学者です。

松田さんは研究者と言わなければ、アパレル系ショップ店員さんをやっていそうな風貌ですが、中身が凄かったです(笑)

そして、そのお嫁さんもなかなかのデキル女です。

松田一希さんは芸能人ではありませんが、情熱大陸に出演されます。

どんな方なのか、お嫁さん情報と共に見ていきますよ。

スポンサードリンク

松田一希さんの経歴は?

松田一希さんは1978年生まれなので、2016年12月で38歳です。

生まれは静岡県で、少年時代は昆虫採取やザリガニを捕獲して遊んだりなどで過ごしました。

いわゆる一般的な少年ですね。

私は30歳で女性ですけど、小さい時にザリガニを掴まえて遊んだり、ミミズを触ったりしていました。

最近はスマホやゲーム機で遊ぶ子供が多いので、変わったなぁーって感じます。

松田一希さんは、いわゆる当時の普通の子ですよね。

ザリガニを触ってから生物学者とかではありません(笑)

中学校や高校について調べたんですが、情報は見つかりませんでした(涙)

松田一希さんと同姓同名がいらっしゃるようで情報が混乱しますが、霊長類学者の松田一希さんの出身中学校と高校は分からずです。

実は工学部出身生物学に足を踏み入れたのは偶然

中学や高校は分からなくても、大学なら公開されている情報です。

松田一希さんは、最初から霊長類学者になっていた訳でもありません。

高校卒業後、松田さんは同志社大学で工学の研究をしました。

専門はセラミックスで、レンガなどの元だそうです。

私、工学なんて全く未知の世界なのでそれ以上は突っ込みません(笑)

分かるのは、霊長類とはほど遠い世界だって事です。

そして松田さんが霊長類の世界に飛び込んだのは、たまたま他の研究所のクモザル調査に同行したのがきっかけです。

クモザルって、肌が黒いサルです。

そのクモザルから生物の神秘に魅力され、テングザルの研究を始めました。

出典:http://nomusoku.blomaga.jp/

クモザルもテングザルも珍しい顔と言いますか、黒かったり鼻がユニークだったりと面白い顔をしていますからね。

出典:http://www.ax.sakura.ne.jp/

きっと、工学で細かい人工物を見ていた松田さんにとっては新鮮だったに違いありませんね。

霊長類を研究をするため、松田さんは北海道大学大学院地球環境科学研究科に所属し、その後はマレーシアの国立サバ大学熱帯生物保全研究所に所属しました。

そして、現在は京都大学の霊長類研究所野外長期研究プロジェクトに所属し、職名は特定助教です。

静岡やらマレーシア、北海道、京都など、色々な場所に住んでいてフットワークは軽いようですね。

かっこいいwww。

で、なんでテングザルの研究をし始めたのかというと、テングザルはマレーシアのボルネオ島にだけ生息する非常に珍しいサルだからです。

それゆえ、まだ研究が進んでいないから研究対象に選んだとか。

珍しい物に探求したくなるのは、やっぱり研究者ですね。

それも素敵ですwww。

研究熱心でフィールド調査の鬼!

松田さんが凄いのは、研究の仕方です。

情熱大陸で詳しく説明するかと思いますが、今までの研究はボートの上から観察するというのが主流でした。

しかし松田さんは、自ら上陸して間近でサルを観察するというスタイルです。

研究はじっくりと長時間に及ぶから、鬼なんです。

若くて研究熱心だから、情熱大陸に出演するのです。

結婚して子供は3才お嫁さんはデキル女です

ここからは少しプライベートな話です。

松田一希さんがかっこいいので女性関係が気になります。

そこで調べた結果、松田さんは結婚しています(涙)

しかも子供が3才です。

残念です。

だけど奥さんが凄いのです。

なぜなら、松田さんの研究で島を訪れた時に一緒について来た奥さん

当時は彼女ではなかったそうです。

なんと島はあまり生活環境が整っていなく、髪の毛が洗えないからと髪の毛をバッサリと切って松田さんについてきました。

さらに朝早くてまだ暗い時から、ヘッドライトの光だけで朝食を用意して、夕食まで作ったそうです。

また、松田さんの仕事である標本作りなども手伝ってくれるなど、すごい行動力です。

これは松田さんが結婚を決めてもおかしくはありませんね。

松田さんの研究のための行動力や、奥さんの松田さんを支える行動力もケタ外れです。

お子さんもそんなご両親ならば、きっとたくましく育つでしょう。

あと、頭がいいお子さんになりそうです。

まとめ

松田さんのテングザルについての情熱は半端なく、生きる情熱大陸と言っても過言ではありません。

まだ30代でお若いので、ぜひこれからも研究を頑張って欲しいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語