2017年ドラマ

ドラマカルテット2017のロケ地は軽井沢会テニスコートやカインズホームで!松たか子主演

投稿日:

スポンサードリンク



出典:http://www.tbs.co.jp/

 

カルテットとは4重奏のことです。

第1バイオリン、第2バイオリン、ヴィオラにチェロ、この4つの楽器のハーモニーで素晴らしい曲を生み出すんです。

今回はそんな4重奏がドラマになりました。

 

ドラマカルテットの放送日は?

カルテットの放送日は1月17日火曜夜10時からになっています。

とにかく、ドラマに出演しているのは30代を代表する4人の実力派俳優陣です。

 

30代といったらまだまだ、若手と言えるでしょう。

しかも、この年代はまだまだ恋愛でもきゅんとするドラマが期待できます。

 

ちなみに冬の軽井沢で巻き起こる大人たちの人間ドラマとなっています。

 

主題歌について

なんと、カルテットの主題歌は未定なんです。

信じられますか。

 

といっても、1月17日はもうすぐです。

しかも、初回は15分長く放映します。

 

ドラマが始まったら主題歌もはっきりします。

情報によると主演の松たか子さんのソロの可能性もあります。

 

でも、あくまでも4重奏がドラマの主軸なので、ひょっとしたらクラッシックで進めていくかもしれません。

 

そういえば、主題歌のないドラマといえば「HERO」や「のだめカンタービレ」があります。

 

ひょっとしたら、「のだめカンタービレ」のように上品なオーケストラで盛り上げるかもしれません。

 

さらに主題歌の発売日も未定のようです。

 

キャストについて

カルテットの主演は松たか子さんです。

彼女は第1バイオリン奏者です。

 

 

なんでも、普段は東京で暮らして週末だけ軽井沢にやってくる女性となっています。

ネガティブであまり自分から物を言う性格ではないけれど、たまには核心のつく一言が出るみたいです。

 

カルテットでチェロを担当しているのが満島ひかりさんの世吹すずめです。

彼女は無職で司(松田龍平)の祖父が所有する軽井沢の別荘で寝てばかりいるぐーたら娘です。

 

でも、何故かチェロを手にすると性格が変わるんだそうです。

ヴィオラ担当の理屈っぽくてこだわりの多い青年、それが高橋一生さんの家森諭高です。

 

最後に第2バイオリン担当の音楽一家に生まれながらドーナツ会社で働く青年。

別府司を演じるのは松田優作さんの長男である松田龍平さんです。

 

父親である松田優作さんはニヒルでダンディな俳優だったんです。

なので、息子である龍平さんもやっぱり、ニヒルでダンディなところがあるんでしょうか。

 

とにかく、この4人がドラマの主軸を担っていることには間違いないです。

 

あらすじを見たら

冬の軽井沢の別荘で4人の男女が共同生活を始めるところからストーリーが始まります。

しかも、男性2人に女性2人というところが注目するところですね。

 

ぶっちゃけ、2組のカップルが出来上がるじゃないですか。

といっても、そう簡単に話がまとまるわけではありません。

 

集まった彼らには秘密が隠されています。

さらに誰かと誰かが好きになったり離れたり、4人の恋模様も錯綜していきます。

 

そんな中、彼らの抱え込んでいる秘密も明らかになっていくでしょう。

この冬、大人になりきれない大人の恋を楽しむのもいいと思いませんか。

 

登場人物の相関関係って

ぶっちゃけ、4人には相違点が余り見られないんです。

しかも、松たか子さんが演じる巻真紀は既婚者なんです。

 

なので、他のメンバーといい仲になったら不倫になってしまいます。

ただ、4人に共通しているのは夢を叶えることができず、30代に突入してしまったということです。

 

てんでバラバラの彼らだけど、それぞれの楽器が何かを結びつける糸口になってくれそうです。

 

さらに脇も個性のある俳優陣で固めています。

ライブレストランの「ノクターン」の従業員、吉岡里帆扮する来杉有朱

 

彼女も4人に劣らず、秘密を抱えています。

何しろ、笑顔なのに目が笑っていないというミステリアスな女性です。

 

八木亜希子さん、富澤たけしさんも「ノクターン」の従業員です。

とにかく、このお店も重要なドラマのポイントです。

 

脚本家の坂元裕二さんについて

さて、話は変わってカルテットの制作側から見てみましょう。

まず、ドラマには原作がありません。

 

ということは脚本家坂元裕二さんの完全オリジナル作品だということです。

ただし、5年前に同名のドラマが放送されていました。

 

でも、内容は全然違います。

なので、全く関係ありません。

 

ちなみに坂元裕二さんはあの「東京ラブストーリー」の脚本も手掛けていました。

他にも「Mother」「最高の離婚」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」など人気が高かったドラマもあります。

 

しかも、向田邦子賞橋田賞東京ドラマアウォード脚本賞といった賞も受賞しています。

だからこそ、彼の脚本に期待が出てくるのでしょう。

 

ロケ地、現場情報(住所など)twitter情報

カルテットの舞台は冬の軽井沢です。

なので、ロケも当然、軽井沢です。

 

だから、「カルテット」の公式ツイッターにも軽井沢画像付きツイッターが目立つようです。

だけど、軽井沢だけでロケをしているわけではありません。

 

東京都内でもロケは行われています。

ちなみにエキストラ募集での情報から判明したロケ地もあります。

 

例えば、軽井沢会テニスコートです。

なんでも、高橋一生さんのクランクインの画像です。

 

他にもカインズホーム軽井沢店とかもあります。

それに軽井沢駅でもロケを行ったようです。

 

カルテットに期待すること

とにかく、カルテットのドラマは案外、ロケが多いみたいです。

なので、ロケ地の情報もどんどん入ってくるでしょう。

それがとても楽しみです。

 

 

-2017年ドラマ

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。