2017年ドラマ

ドラマ嫌われる勇気2話の視聴率が!蘭子の弱点とは?ネタバレ感想とあらすじ

更新日:

スポンサードリンク



嫌われる勇気第二話の視聴率が!感想とあらすじ

1月19日(木)に放送された「嫌われる勇気」第二話のあらすじと感想です。

第一話の視聴率は8.1%だったようですが、第二話で6.4%にダウンしてしまいました。

 

出典:http://www.fujitv.co.jp/

 

【嫌われる勇気関連記事】

嫌われる勇気5話2月9日のあらすじと感想!ゲストの塔子役は誰?

嫌われる勇気4話ゲスト出演者は朝加真由美と小松彩夏!

嫌われる勇気3話のゲスト出演は高月彩良と霧島れいか

嫌われる勇気2話の視聴率が!蘭子の弱点とは?ネタバレ感想とあらすじ

嫌われる勇気1話の出演者と犯人は?蘭子役香里奈のコートに着目!

フジテレビドラマ嫌われる勇気あらすじとキャストの紹介!原作者はアドラー

 

今回の幕開けは、生け花教室

今回の幕開けは、生け花教室の1シーンからスタートします。

お教室の生徒さんのお花を皆がほめますが、蘭子だけは無表情にばっさりと批判し、居合わせた生徒さんのひんしゅくを買う場面から始まります。

 

思った事を歯に衣着せず口にだして嫌われるヒロイン登場、そして、蘭子の捜査の相棒・新米刑事・加藤シゲアキさん演じる青山年雄が蘭子の腹の立つひとことを思い出し、椎名桔平さん演じるアドラー心理学の指南役・帝都大学文学部心理学科の犯罪心理学の専門家、大文字(だいもんじ)教授と言い争う場面へとつながります。

 

第二話のキーワードは?

そこで今回第二話のキーワードとなるアドラー心理学の理論、「人は目的達成のために、怒りを自由に出し入れできる」が語られます。

 

うーん、言ってることはわかるが、かなり難解でした。

このキーワードが、事件解決へと連なっていくのです。

ただ、理論から入ると・・・かなり難解です。

 

市川の飛び降り自殺

そして大手文具メーカー・ロペル文具の密室で起こった飛び降り自殺捜査へと場面が急展開していきます。

 

ロペル文具・捜査側含め数名の登場人物の名前が画面に出てきて、最初の生け花の場面~捜査状況・事件の背景までを理解するのに、かなり詰め込まなければならない印象でした。

 

ロペル文具内にある開かずの間で朝5時に起きた優秀な社員・市川の飛び降り自殺。

 

そこで1年前に同時刻に自殺した女性社員があり、それ以降呪われた部屋として誰も出入りしていない部屋で起こった不可解な事件。

 

市川自身は大ヒット商品を手がけた切れ者で冷徹な上司であり、反感を抱く社員が幾人もいた、さらに社内不倫もしていたことが判明。

 

他殺の可能性

蘭子と青山は、他殺の可能性を捜査し、犯人に照準を絞ります。

この流れが見えてくる前半はもりだくさんで忙しい印象でしたが、ここまでくるとすっきりわかりやすくなりました。

 

この辺りまでは、先週と打って変わって、単純サスペンスとして見ていました。

そしてドラマは今回のクライマックスに近づきます。

 

なぜ朝5時に2名の社員がこの呪われた開かずの間で亡くなるのかを解き明かすべく、蘭子と青山は開かずの間に閉じこもります。

 

そこで語られた蘭子の秘密

14歳の時に誘拐され、1週間後に無事に保護されて登校したら、机の上に菊の花一輪の入った花瓶が飾られていて、その時から前向きに生きることにしたのだ、と。

死ぬくらいなら嫌われる勇気を選ぶ、と。

 

第三話以降にも、少しずつ蘭子の過去の秘密が明らかになっていきそうですね。

謎めいていますね。

 

事件の真犯人

さて、ラスト10分間で、事件の犯人が明らかになります。

 

自殺した女子社員の彼氏であり、市川の部下、さらに市川の不倫相手と同期である、竹内という男性社員が犯人であることが明かされます。

 

ここで、アドラー心理学「人は目的達成のために、怒りを自由に出し入れできる」「不満はあるが、楽だから今のままから変わろうとしない人たち」についての定義が繰り返されます。

 

そして、もうひとつ、含みのあるラスト。

帝都大学医学部 法医学教室の監察医・設楽樹さん演じる相馬メイが、大文字教授を待ち伏せ。

 

大文字教授に蘭子の弱点を教えてと意味深な言葉を投げかけて去っていきます。

 

第一話のラストも、蘭子と大文字教授の共有する過去に何か謎がある、とほのめかした終わり方でした。

このちょっとずつラストに小出しにして、次回につなげる感じが気になりますね。

 

きっと次回もちょっぴり小出しのまま、第四回へと続くんでしょうね。

 

蘭子の衣装は?

衣装は、蘭子の定番スタイルとしてマッキントッシュのベージュのトレンチコートとシンプルな黒のイン、黒のスニーカー、これは最後まで変わらないのでは?

他に主張するアイテムがないからこそ、このベーシックなトレンチコート、上質さと印象が際立っています。

 

次週は、天才少女が登場するようです。

視聴率奪回なるか?乞うご期待!

-2017年ドラマ

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。