高校野球

金久保優斗投手東海大望洋の出身中学はどこ?ドラフトでも注目!

投稿日:



スポンサードリンク

金久保優斗選手のプロフィール

金久保優斗選手は、1999年11月4日生まれで、千葉県八千代市の出身で、東洋大市原望洋高校出身。読み方は、「かなくぼ ゆうと」です。

身長180センチ、体重74キログラムと野球選手としては小柄ながら、右腕から投げる最速147キロと、カクンと切れのあるスライダー・カーブ・チェンジアップ・フォークと巧みな変化球を駆使し、抜群の制球力と持ち前の安定感のあるピッチングが定評です。

 

出典:http://bookersports.blog.fc2.com/

 

コントロールも良く、打たせて取る方法をメインにピッチングをする。

たくさんのプロスカウト視察団が、本人のピッチングを頻繁に視察し、トップのピッチャーとして枠つけられ、今、注目の投手です。

昨年の秋季高校野球関東大会では、なんと、7球団のスカウトが視察に来ていました。

 

出身地や中学は?

出身地は千葉県八代市で、中学校は八代台西中学校に通っていました。

野球は佐倉シニアという硬式少年野球チームに所属していました。

このシニアチームは、全国大会を常に出場する名門チームです。

 

数々の日本選手権大会や世界少年野球大会に多数出場し、高校甲子園においても、このシニアチームからたくさんの有名な高校球児たちを輩出しています。

 

その一人が、金久保優斗投手です。

 

金久保投手がこのシニアチームに所属していた際の成績は、中学3年生の夏に
全国大会、ジャイアンツカップでは優勝を経験しています。

 

金久保優斗選手ドラフトでも注目される?

すでに多くのプロのスカウト陣から大注目の金久保優斗投手ですが、今のところ、その注目度に変更はないようです。

 

この冬を越えて、センバツ大会でどのくらいの投手力を発揮できるかが、鍵となります。

現状の段階では、まだ発展途上のようです。

 

が、周りの評価と、ご自身の意気込みを汲むと、高卒でプロとして入団するような感じを受けます。

 

もちろん、大学で4年間の下積みを経験することも、選択としてはあります。

 

引き続き、伸びのある速球と、切れのあるスライダー、大きく曲がるカーブ、チェンジアップといった持ちだまに磨きをかけ、プロで通用するための技術と経験を培うことを期待しています。

 

投手としての経歴は

東海大市原望洋高等学校ではすでに1年生としてベンチ入りし、メキメキと頭角を現します。

ただし、1年生の時は投手ではなく、二塁手として主に出場経験をしています。

 

経験則ですが、セカンドをしながらピッチャーもするのは、かなりの野球センスがなければ務まりません。

 

金久保選手が注目される最初のキッカケは、秋季千葉県大会の2回戦での救援登板でした。

そこで投手としての才能が垣間見れる出来事が起きます。

 

なんと、速球が138キロを計測します。

その後も数々の大会に出場するレギュラーとして活躍します。

 

速球スピードについては高校2年の千葉県大会にて、準々決勝の木更津総合との戦いで、146キロの剛速球を投げました。

 

ノーヒットノーラン(参考記録)で一躍有名に

この高校2年の千葉県大会で、金久保優斗投手は146キロの剛速球の他にも、素晴らしい記録を打ち出すのです。

それが、ノーヒットノーランです。

 

このノーヒットノーランが金久保優斗投手の名を有名にした出来事といっても他なりません。

5回参考記録ではありましたが、このノーヒットノーランを機に、プロからの注目を集めるようになります。

 

フォーム改造で打たせて取るピッチングに!

速球を出す選手の多くが、そのスピードを重視しすぎて投球フォームが崩れ、投げ方に変な癖がついたり、または、ケガに悩まされるケースがしばしばです。

 

確かに、金久保優斗投手も、その速球にこだわったようで、投球フォームが崩れたことがあったようなのですが、それに早くから気づき、投げ込みとシャドーピッチングに取り組み、見事にこの投球フォームの改造を完了しました。

 

制球の重要性を意識した投手として、ここからさらに上達しました。

プロの目からも、抜群の制球力とスピードという高評価を受けています。

打たせて取るという投球術の非常に優れた金久保優斗投手になりました。

 

野球人としてはまだ未熟な体格とはいえ、今後、プロとして活躍するまでにトレーニングと出場経験を積み重ねていくことで、ますます成長していくことが期待されます。

 

投手として、たくさんの大会で投げ込み、その力を存分に発揮し、結果を着実に残す事が、今後の良い進路への道に繋がるかと思います。

 

母親について

金久保選手の母親については、情報がありませんでしたが、ご家族構成は父、母、そして妹一人の4人家族です。

 

金久保優斗選手の投手のまとめ

金久保優斗選手は、数々の実績をもち小さい頃から活躍しています。

 

高校生になってからその魅力を発揮し、速球147キロと多くの変化球を持ち合わせた投手としてだけでなく、その制球力で、「打たせて取る」という王道のピッチング方法で、今後、投手として期待大な選手です。

 

150キロという速球にこだわったため、一度は崩れかけた状況を、初心に戻って、地道に投球フォームの建て直し、また、野球は機動力。

 

全員野球であることに気づき、東海大市原望洋高等学校野球部の一人ひとりの仲間を引っ張っていける機動力を身につけた金久保優斗選手の今年の野球に期待です。

 

-高校野球

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。