松本竜也(智弁学園)投手のプロフィール!球速や出身中学が気になる!

3月19日から春の選抜高校野球大会が始まっています。

毎回、さわやかなドラマを見せてくれます。

今回はどんな感動を呼んでくれるのか、楽しみですね。

第一日目の第三試合で奈良県の名門校・智弁学園が早々に登場し、熊本代表・熊本工業に9-0で圧勝しました。

智弁学園と言えば、仏教系の中高一貫教育の私立高校です。

今年創立50周年を迎えますが創立4年目にして1968年には春夏連続甲子園に出場し、ベスト16に進出しました。

その後は甲子園常連校として全国的に知られるようになり、奈良県の高校野球界では、天理高校・県立郡山高校と並び、1971年から2012年までの42年間、この3校で甲子園出場を独占し「奈良御三家」と呼ばれたほどです。

その智弁高校を今回けん引するのが、松本竜也投手です。

スポンサードリンク

松本竜也選手のプロフィール

松本竜也選手は現在高校3年生で1999年生まれ。

しっかりしたフォームとそこから繰り出される勢いのあるストレートで早くから将来有望と目されている選手です。

出典:http://www.ad-vank.com/

右投げ右打ち。

179cm、80kg。

球速は?

ストレートでの球速は133キロ~138キロ、スライダーやフォークでも120キロ台で今後の鍛え方ではもっと良いスコアが出るのではないかと期待されているのです。

下半身の安定したしっかりしたフォームと、上半身の使い方がしっかりした技術力の高い好投手と早くも高い評価を得ています。

球に勢いがあり、精度も高いボールを投げ込むことができるとプロ野球界からも熱い視線を送られています。

数年前に比べるとかなりがっしりした体格になってきており、今後の鍛え方次第では素晴らしい選手に成長するとその素質が認められている選手なのです。

出身中学はどこ?

中学時代から全国大会で名をはせた選手で、奈良葛城ボーイズ時代(中学時代)には2014年全国ベスト4の戦績を残しています。

ちなみに奈良葛城ボーイズは、全国大会でも2011年優勝、2013年3回戦出場、2014年ベスト4、2016年優勝とかなりの強豪なのです。

選抜出場校も葛城ボーイズ出身者の進学先として常連校に名を連ねています。

名門中学リーグなのですね!

甲子園での経歴は?

2016年、昨年春の選抜では、香川県の強豪・高松商業高校を延長11回、25年ぶりのサヨナラホームランで感動的に振り切ったのが智弁学園でした。

2016年夏の甲子園では残念ながら2回戦で敗退しています。

今回の春の選抜では、常勝校のプレッシャーも相当だと思いますが、持ち前の精神力で跳ね返してほしいですね。

松本竜也選手の次の登板試合

1回戦を勝ち上がった智弁学園、次の試合は岩手県代表の盛岡大付属高校と、25日(土)の第三試合で対戦します。

プレーボールは14時予定。

すでに第一試合でも、見事なストレートは高評価されており、Youtubeにそのピッチングがアップされるなど、各方面で話題になっています。

次の試合も待ち遠しいですね。

智弁学園の戦いぶりと共に、松本選手のピッチングにも注目です。

19日の試合では、3安打12奪三振とすばらしいピッチングでした。

また9番打者を務め、8回表の攻撃で見事なヒットを飛ばして7点目を追加し、熊本工業高校を完封しています。

さすが、実力派です!

松本竜也選手のドラフトに注目!

2017年ドラフト候補にすでに名を連ねている松本竜也選手。

早くからプロ入りが目されている注目の選手です。

今後の鍛え方でもっともっと安定した剛速球を投げることができると予想されているのです。

春の選抜、夏の甲子園とまだ全国的に注目を集めること必須ですが、この様子ではプロに入るのではないでしょうか?
今後のニュースからも目が離せませんね。

皆で松本竜也選手を応援しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語