今村大臣を会見で激高させた勇気ある記者は誰?

今村復興大臣が記者会見中に相手記者の質問に対し、激昂してしまい途中で会見を中止してしまいました。

大臣が会見を自分の感情を理由で中断してしまうのはいかがなものでしょうか?

いったいどういったやり取りがあったのでしょうか?

今村復興大臣が会見で記者の質問に対し感情的になって声を張り上げる一幕があり、その後、発言について釈明し、謝罪しました。

「責任持ってやってるじゃないですか。なんて君は無礼なことを言うんだ。ここは公式の場なんだよ。だからなんで無責任だって言うんだよ。撤回しなさい」(今村雅弘復興大臣)
「撤回しません」(記者)
「しなさい。出て行きなさい。もう二度と来ないでください、あなたは」(今村雅弘復興大臣)

東京電力・福島第一原発事故の自主避難者への国からの支援が打ち切りとなることについて、記者から「国に責任はなく、自主避難者の責任だというのは無責任なのではないか」と質問を受けた今村大臣。記者の質問に激高する一幕がありましたが、これについて謝罪しました。

「感情的になってしまいました。改めましてお詫びを申し上げ、今後はこういうことがないように冷静・適切に対処していきたい」(今村雅弘復興大臣)

今村氏は「説明してもわかってもらえなかった」と自身が感情的になってしまった理由を説明。一方、午前の会見で自主避難をめぐり「何かあったら訴訟したらどうか」と発言したことについては「客観的に言ったつもりだ」と釈明しました。

 出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170404-00000057-jnn-pol

この相手の質問した記者は誰なんでしょうか?

気になりますよね。

調べてみるとフリージャーナリストってことしか明らかになっていないです。

お互い公式の場でのやり取りなのだから、記者の方もしっかり名前を明かして質問をするのが対等じゃないでしょうか?

相手を怒らせたら勝ちみたいなところも垣間見えたりしますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語