映画

サモハンキンポー来日情報!映画おじいちゃんはデブゴン舞台挨拶など

投稿日:



スポンサードリンク

カンフーアクションの盛り上げ役として知られる、サモハンキンポーさん。

香港の大スターであり、日本でも大人気の俳優さんです。

今回、約11年ぶりにサモハンキンポーさんが来日するとして、話題となっています!

 

出典:https://twitter.com/cinechub_loaf/

 

ここでは、サモハンキンポーさんとはどんな方なのか?

今回の来日の目的は何なのか?

など、サモハンキンポーさんについてまとめてみたいと思います。

 

サモハンキンポーさんのプロフィール

まずは簡単なプロフィールから、ご紹介しましょう。

本名 フン カンポウ

芸名 サモハンキンポー

出身地 香港

職業 俳優、映画プロデューサー

生年月日 1952年1月7日

サモハンキンポーさんといえば、やはり思い浮かぶのは派手なカンフーアクション。

日本でも知られるようになったのは、1978年にブルース・リーへのオマージュ映画として製作された、「燃えよデブゴン」に主演してからです。

このとき、ぽっちゃり体型には似合わないキレッキレのアクションで、「動けるデブ」として話題となりました。

1983年「ユンピョウinドラ息子カンフー」、2009年「イップマン序章」にて最優秀アクション振り付けを、1983年「ピックポケット!」、1989年「七小福」にて最優秀主演男優賞を獲得しています。

日本では、同時期にカンフーアクションで活躍されたブルース・リーの方が有名ですが、地元香港ではサモハンキンポーのほうが有名だったそう。

1998年にハリウッドへ進出したことをきっかけに、英名を「サモ・ハン」と短くしています。

 

サモハンキンポーさんの現在は?

現在は香港だけでなく、アメリカでも活躍されているサモハンキンポーさん。

「元気なうちは仕事をしたい」と語っています。

実はサモハンキンポーさんは、2007年12月19日に中国の一部メディアにおいて急死説が報道されたことがあります。

この報道がされた直後、サモハンキンポーさんの息子さんが「その報道は嘘である」ということをメディアに伝え、映画撮影中だったサモハンキンポーさん本人も電話にて取材に対応。

きちんと確認をとらずに報道してしまった中国のメディアは、その後かなり叩かれたそうです。

サモハンキンポーさんは今でも俳優や映画プロデューサーとして活躍しており、2017年には日本でも主演映画の「おじいちゃんはデブゴン」が公開される予定となっています。

 

映画試写会・イベントの情報について

2017年4月にサモハンキンポーさんが来日しているのは、先ほど紹介した映画「おじいちゃんはデブゴン」のプロモーションのため。

おじいちゃんはデブゴンは、認知症気味の元軍人(サモ)が、チャイニーズマフィアとロシアンマフィアの抗争に巻き込まれた隣人を助けるため、封印していた秘技を解放して悪を討つ、という物語。

年齢を重ねたサモハンキンポーさんですが、当時と変わらないキレッキレのアクションを見せてくれるはず!

4月4日17:00から、TOKYO MXの情報番組「5時に夢中!」に出演することが決まっています。

また、4月6日に行われる「おじいちゃんはデブゴン」の先行試写会において、舞台挨拶を行うことも決定!

東京新宿武蔵野館で、16:15~、18:55~の2回で、映画上映後にサモハンキンポーさんが登場する予定です。

生でサモハンキンポーさんが見られるなんて、そうそうない貴重な機会。

チケットは2,000円で、4月3日正午より新宿武蔵野館のホームページ上で予約が開始されましたが、残念ながら即売り切れてしまいました。

現在は完売状態です。

 

まとめ

香港の大スター、サモハンキンポーさんについてご紹介しました。

息子のジミーハンさんも俳優として活躍されており、ジミーハンさんはディーンフジオカさんと共演したこともあるのだとか。

自身もまだまだ現役を貫いていますから、今後も活躍に注目ですね。

-映画

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。