吉田里琴が吉川愛で改名復帰した理由は?子役時代は本名!

2016年4月、人気子役の吉田里琴さんが芸能界を引退されました。

しかしその1年後に、彼女は吉川愛として電撃復帰を果たしたのです。

スポンサードリンク

吉川愛さんの子役時代について

吉川愛さんこと吉田里琴さんが最初に子役として注目されたのは、2007年1月から放送された「しにがみのバラッド」に出演された事からでしょう。

吉川さんはこの作品で浜田翔子さん演じるモモの付き人の死神「ダニエル」を演じて、一部のマニアを中心に着目されました。

出典:http://blog.livedoor.jp/koyakukoyaku/

しかしこのドラマは深夜30分間のみに放送されたドラマだったため、本格的な人気には繋がりませんでした。

しかし数ヶ月後の7月から始まった「山田太郎ものがたり」で嵐の二宮和也さんの妹「山田五子」役を務めると、その高い演技力が注目され世間に知れ渡る事となったのです。

当時番組を放映していたTBSや公式ホームページには、「この演技が上手で可愛い女の子は誰」という問い合わせが殺到したそうです。

そして2008年放送の「オー!マイ・ガール!!」や2009年放送の「メイちゃんの執事」でメインキャラクターを演じた事でさらに人気に火が付き、2013年には連続テレビ小説「あまちゃん」に出演するまでになったのです。

「あまちゃん」で演じた「高幡アリサ」は、少し変わり者のハイテンションガールでした。

また「オー!マイ・ガール!!」の天才子役や「メイちゃんの執事」の飛び級した天才児や「ハガネの女」のお金持ちで高飛車な小学生等、生意気な役柄が多い事でも知れていました。

そのためか「夜行観覧車」では、主人公の娘を目の敵にするイジメっ子のボスを熱演したのです。

しかしいっぽうでは「ビューティフルレイン」での心優しいお姉さん役や映画「ルームメイト」と「同窓生~人は、三度、恋をする~」で虐待を受ける少女を演じる等、幅広くマルチに活躍していました。

ちなみに「ビューティフルレイン」では、慶應中等部に入学した天才子役の芦田愛菜さんとも共演しています。

また吉川さんは2013年には「雨と夢のあとに」で、中学生にして初座長も務められています。

吉川愛の名前で復帰した理由は?

そんな多才の子役だった吉田里琴さんが吉川愛に名前を変えて芸能界に復帰した理由は公表されていませんが、事務所を移籍した事が大きいのでは無いかと予想出来ます。

吉川さんに限らず事務所を移られた方は、名前を変えている人が多いと思われるからです。

最近だと吉川さんと「あまちゃん」で共演した能年玲奈さんが、「のん」に改名されました。

のんさんは事務所とトラブルが有って、「能年玲奈」の名が使えなくなったと言われています。

吉川さんがのんさんと同じように事務所と揉めたのか単に心機一転するためかは定かでは有りませんが、どちらにせよ引退前の事務所に再所属していたら吉田里琴のまま活動していた可能性は高かったと考えられるでしょう。

では吉川さんが事務所を移った理由ですが1度辞めた手前同じ事務所に戻るのは気が引けたか、元々事務所を移籍したくて「学業優先」を表向きの理由とし1度引退されたという2つの線が有力でしょう。

小さな子役事務所から大手の「研音」に移られた事を踏まえると、後者の方が可能性が高いかもしれません。

あと事務所を変えて名前も変えた理由に「枕営業」を噂する声も挙がっていますが、幼児の頃から見て来た女の子にそのような事を要求する程ヒドイ人はそうそういないと思うのでその確率は低いでしょう。

現在もまだ、現役の高校生ですしね。

それとイジメっ子役が嫌だっのでは無いかとも言われていますが、本当に役柄に不満を抱いていたのだとしたら本気で怖いと思わせる程の熱演はしないのでは無いでしょうか。

迫力の有る演技をする事からも彼女の役者魂が強い事が分かるので、どんな役柄でも真摯に向き合ってくれているハズです。

なんにせよ吉川さんは新たに研音の女優となった事で、子役の時とは違う活躍を見せてくれるでしょう。

過去に雑誌のインタビューで「死ぬまで女優でいたい」というような事を答えていたので、心から役者業で活躍する事を望んでいるのだと感じられます。

吉川愛の本名は?

そんな吉川愛さんの本名は、子役時代に活動していた「吉田里琴」で間違いないようです。

吉川愛という名前より吉田里琴という名前の方が漢字が特徴的なため芸名に思えますが、実際には「里琴」が本名で「愛」が芸名なのです。

里琴という名については漢字が難しいため、「りこ」では無く「りこと」と間違えて覚えている人もいるみたいでした。

名前が難しいというのも、改名した理由に入るかも知れないですね。

また本名と改名後の名前が混じって、新たな芸名を「吉田愛」だと勘違いしている人もいます。

吉川愛の名が早い所世間に知れ渡って、再ブレイクを果たせる事を願うばかりです。

まとめ

吉田里琴さんが改名した理由がどうであれ背景にどんな事情があれども、彼女が魅力的な若手女優で有る事には変わり無いでしょう。

なので吉川愛として生まれ変わった新たな彼女の、頑張りを見守って行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語