プロ野球

日ハムが球場を移転する理由とは?候補地はどこ?

投稿日:



スポンサードリンク

大変です。

なんでも、日ハムが新球場を建設するニュースが飛び込んできました。

ちなみに日ハムは昨年、日本1位に輝いた球団です。

 

 

新しい球場を建設するとなると、また本拠地が引っ越しになるんでしょうか。

一体、日ハムに何があったのでしょう。

 

日ハムについて

日本ハムは正式名を北海道日本ハムファイターズというんです。

つまり、北海道で唯一のプロ野球集団なんですね。

本拠地は札幌ドームになります。

だけど、新球場を建設するということはひょっとして、本拠地も移動になってしまうんでしょうか。

ファンにとってはかなり気になるところです。

そもそも、日ハムは観客の増員を図るために2003年にプロ野球集団のなかった北海道に移転したんです。

ちなみに、札幌ドームが本拠地になりました。

その後、北海道の有力企業の出資を受け、北海道日本ハムファイターズと改名しました。

事務所も東京から札幌に移動になったわけです。

 

日ハムが球場を移転する理由は?

簡単に言えば札幌ドームの使用料が高いということなんですね。

札幌ドームは日ハムの本拠地ですが、実際は借りている状態なんですね。

借りている以上、借り賃はその都度払わなくてはいけません。

しかも、札幌ドームの使用料は上がっていき、現在、年間の球場使用料は9億になります。

おまけに広告看板代で2億5000万円で警備員、清掃代も日ハムもちで15億もかかっているんです。

つまり年間で26億5000万もかかっているんですね。

そして、日ハムの年俸は27億というから殆ど、札幌ドームにコストがかかっているということになります。

さすがにこれではついつい、見直してしまうわけですよ。

 

札幌ドームからの移転は決定?

札幌ドームは借りているだけなので他にも利用する業者も存在します。

例えば、コンサートやイベントがあれば毎回、日本ハムが金を払ったフィールドなどを撤去や設置をしなくてはいけません。

他にも片付けなど面倒です。

おまけにドームないでの飲食店の売り上げはドーム側に入ります。

なので、日本ハムには得になることがありません。

ちなみに他球団なんだけど、横浜DeNAベイスターズは横浜スタジオを買収して経営を一本化しました。

で、サービスもファンを楽しませるようになっています。

横浜DeNAベイスターズができたことが日ハムにできないわけがありません。

借り物の球場では思うようなファンサービスができないと考える日本ハム。

だから、新球場の新設を計画したんでしょう。

 

新球場の道のりは、

現在、新球場の新設は確定しています。

だけど、ここまでくるのはなかなか平坦な道のりではありませんでした。

まず、札幌ドーム側が難色を示しました。

というのも、札幌ドーム側は日ハムの残留を希望していました。

理由は札幌市民の落胆を考えたからです。

だって、今まで北海道にプロ野球団がなかったんですよ。

日ハムは札幌にやってきてくれたプロ野球団なんです。

彼らが別の球場を作って札幌を出て行ってしまうなんてファンだけでなく、札幌市民も寂しいです。

でも、やっぱりネックになるのが経営面なんです。

双方のことを考えて新球場を建設するということになったのでしょう。

 

新球場の候補地はどこ?

ちなみに移転についてはすでに2016年から札幌市と協議がおこなわれていたみたいです。

何も知らなかったのは残念だけど、とりあえず、どこが候補地に挙がったのでしょう。

やっぱり、気になるのはそこですね。

まずはJR札幌駅に近い北海道大学構内北海道立産業共進会場2つの候補地があります。

さらには豊平区の学校法人「八紘学園」周辺の2カ所と札幌市としてはできるだけ、市内に球場を作ってもらいたいようです。

ただ、残念なことに日ハムにとってこれら候補地はちょっと不満があるみたいです。

なんでも、球団の構想に比べて面積が不足しているようなんですよね。

そこで優良候補として浮かび上がったのが札幌市の隣にある北広島市です。

北広島市とは協議を重ねているけどまだ、完全に候補地は絞れていないみたいです。

だけど、北広島市は日本ハムの新球場誘致を正式に表明しています。

つまり、北広島市に新球場が作られるということはほぼ決定してのでしょう。

2018年3月までには結論が出るみたいです。

ただ、ここでも課題が残っています。

 

交通アクセス

実は札幌ドームでは地下鉄で行けました。

なので、札幌からの移動が簡単だったんです。

しかし、北広島市に新球場になるとJRかバスしか交通手段がなくなってファンの応援が行きづらくなるんじゃないかと心配されてます。

でも、まだ候補地も確定していませんし。

交通の方も新しく、開拓されるかもしれません。

 

まとめ

札幌ドームの残留がない以上、新球場に期待を寄せるべきでしょう。

第一、北海道に根強いファンがいる以上、日ハムが北海道から本拠地を移すことは当分なさそうです。

とにかく、あとは候補地が決まったらそく工事が施行されるでしょう。

それに日ハムにとってもこれから活躍の場が広がっていくということはいいことだと思います。

-プロ野球

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。