新発売

ラン活2018はいつから?ランドセルの選び方のコツと相場について!

投稿日:

近年、ネットを騒がせているワードに「ラン活」というものがあります。

みなさんは聞いたことはありますか?

 

出典:http://ネコの手も借りたい.com/

 

お子さんが小学校に入学する歳になると、ランドセルや机など揃えなければならないものがたくさんあります。

出費はかさみますが、子供の成長は嬉しいものですね。

 

さて、中でも重要なのがランドセル選びではないでしょうか。

 

ここでは、そんな注目ワードであるラン活とは何なのか、また、後悔しないランドセル選びのポイントを紹介していきましょう。

 

 

ラン活とは何のこと?

ラン活とは何のことを言うのか、ご存じでしょうか。

ラン活というのは、「ランドセル活動」の略。

 

新しいステージを迎えるわが子のために、ランドセルを手に入れるまでの活動のことを言います。

一昔前まで、ランドセルは入学を間近に控えた年明けなどに買うというイメージがありました。

 

確かに、私自身も冬にランドセルを買ってもらった記憶がありますね。

近年では、このラン活が加熱気味なのだそう。

 

インターネットが普及したことにより、どこにいても地方のランドセル工房の情報を把握できるようになったことが、ラン活の加熱を後押ししているのかもしれません。

 

昨年(2016年)の7月1日、土屋鞄のランドセル販売開始日にアクセスが集中し、サーバーがシステムダウンするという事態も起こりました。

 

それほど、今、ラン活が熱いんです!

 

ラン活はいつから始めればいいの?

先ほど私自身の話を例に出しましたが、一昔前までは年明けにランドセルを選びに行って購入するというパターンが圧倒的に多く見られました。

 

もちろん、ランドセルのメーカーなどにこだわらないというのなら、このタイミングでランドセル選びを始めても問題はありません。

 

しかし、人気ブランドや手づくりブランドのランドセルが欲しいという場合は要注意。

ラン活を始めるタイミングは、年々早まっているそう。

 

特に工房系のランドセルの人気は高まっており、売り切れも相次いでいるのです。

なぜなら、工房系のランドセルは大量生産ができないので、生産数に限りがあります。

 

早めにチェックしておきましょう。

新作発表は5月~7月のところが多く、夏前には完売してしまうことも少なくありません。

 

このことからも、新年度が始まる4月から情報を集め始め、新モデルが発表された時点で決めるくらいの勢いが必要だと言えるでしょう。

 

ちなみに、毎年人気で注文が殺到する萬勇鞄では5月の初旬頃鞄工房山本では4月からサンプルの受付が始まります。

 

大手メーカーであっても、限定モデルなどは12月頃には売り切れも出始めますよ。

 

スポンサードリンク

 

ランドセルの相場と選び方のポイント

ランドセルは高級なものというイメージがありますが、購入価格の相場は4万円台。

7割の人は、3万円台~5万円台のランドセルを購入しているよう。

 

高いものは10万円以上します。

なぜこんなにも値段に差が出るのかというと、一番は素材の差です。

 

軽くてカラーも豊富な人工皮革のクラリーノは値段が安く、馬革のコードバンは高級になります。

ランドセルを選ぶときは、素材にも注目してみましょう。

 

値段だけで決めてしまうと、数年後に後悔することになるかもしれません。

 

ランドセル選びのポイントとしては、

・丈夫さ
・重さ、背負いやすさ
・色、デザイン

があげられます。

 

やんちゃな男の子なんかは、6年間のうちにランドセルが壊れてしまうことも…。

丈夫さを重視したいところですが、もっとも丈夫な素材であるコードバンは、重たいことが難点。

 

1年生には重くて大変かもしれません。

そこで気にするのが、肩ベルトの形状や背中クッションのフィット感。

 

ここがしっかりしていると、コードバンのような重たい素材であっても意外と重さを感じにくいのです。

 

子供目線で譲れないのは、やはり色やデザインでしょう。

流行りの色は年々若干変わっているので、飽きのこないものを選ぶのがポイント。

 

男の子では黒、紺、黒×青、女の子はピンク、ラベンダー、チェリーが人気です。

 

まとめ

話題のラン活、そしてランドセル選びのポイントについて紹介しました。

ランドセルは、大切なお子さんが6年間使うもの。

 

しっかりと選んで、納得のいくものを贈ってあげたいですね。

とはいえ、販売日に何がなんでもチェックしなければならないのは、人気ブランドや工房系のランドセルのみ。

 

大手メーカーのランドセルなら夏ごろでも十分間に合いますので、むやみやたらと焦らなくても大丈夫ですよ。

 
 

スポンサードリンク

 
 

 

 

-新発売

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。