ブルボンヌのwiki風プロフィール!本名やすっぴん素顔が気になる!マツコとの関係は?

出典:http://lue.jp/805.html

オネェキャラのタレントさん、最近沢山見かけますね。

案外、女性よりもメイクがうまいし、細かいところまで気を配ってくれます。

男性には言えないこともオネェさんには素直に言えます。

今回、見つけたオネェさんはこの、ブルボンヌさんです。

さて、カノジョの素顔はどんなモノなんでしょう。

スポンサードリンク

ブルボンヌさんのプロフィール!本名は?

まず、本名は斉藤靖紀さんといいます。

しかし、本名は違う噂もあります。

誕生日は1971年11月1日です。

というか、11月1日といったらポッキーの日ですね。

出身地は岐阜県で、早稲田大学第一文学部中退ということです。

ちなみにブルボンヌさんはただのオネェではありません。

女装パフォーマー、エッセイスト、編集者でもあります。

ブルボンヌさんの経歴

なお、ブルボンヌさんの恋愛対象はやっぱり、男性です。

さて、それはともかくとして彼の経歴をざっと見ていきましょう。

まずは大学在学中にパソコン通信「UC-GALOP」を立ち上げました。

雑誌連載も多数出版していています。

誰もが知っている雑誌だとオレンジページなんてどうでしょう。

一度はどこかで見たことがあるはずです。

他にもテレビにも沢山出演しています。

現在、ゆうがたLIVEワンダー(関西テレビ)水曜コメンテーター他、週刊ニュース深読み(NHK総合)不定期出演や・ハートネットTV(NHK Eテレ)にLaLaネェのオス♂スメ(LaLa TV)です。

さらに1994年、ドラァグクイーン軍団「アッパーキャンプ」を結成しています。

ドラァグクイーンとは男性が女性になって行うパフォーマンスですね。

ちなみにこの頃からブルボンヌと名乗るようになったみたいです。

ブルボンヌさんのスッピンが男前?

正直、女性でもスッピンは見せたくないという人が多いです。

特にオネェさんの場合は悲しいかな、全員、男性です。

大抵の場合、男性と女性では顔の輪郭が違います。

なので、どんなに綺麗なオネェさんでもメイクをとればぎょっとなってしまいます。

ということで、オネェさんの中には決して素顔は見せない人もいます。

でも、ブルボンヌさんはスッピン顔を公表しています。その画像がこちら

出典:https://idobatakaigi0510.com/

正直、男前かは人の好みがあるので断定できません。

だけど、素顔は普通の中年のオジさんです。

男前かどうかは判りませんが。

メイク後のカノジョを見ると少々、ギャップを感じるのは自分だけではないはずです。

メイクが凄く上手いんですね。

だけど、オネェ姿とスッピンではギャップ萌えしている人も少なくないはずです。

ブルボンヌさんの家族、兄弟について

よくある話なんですが。

オネェをやっている人の家族ってあんまり、公になっていません。

確かに一部のオネェさんは家族が判っている人もいます。

やっぱり、微妙な何かが家族との間にあるからでしょうか。

ブルボンヌさんはテレビによく出るけど、カノジョの家族は一般人だからでしょう。

流石に一般人はプライバシーの問題で公になったりしませんよね。

ちなみにブルボンヌさんは雑誌の編集などの仕事の場合、本名の斉藤靖紀を使っています。

つまり、仕事によって名前を使いわけているんだそうです。

なので、プライバシーも何かと使い分けているのかもしれませんね。

ブルボンヌさんはお店を経営

新宿2丁目に『Campy!BAR』という店はブルボンヌさんのお店です。

新宿2丁目といったらとにかく、最近注目されていますね。

ゲイもノンケもオネエもオカマもニューハーフも女装好きも初心者も気軽に遊べる街です。

ブルボンヌさんのお店、『Campy!BAR』はその中でも初心者向けのお店です。

場所は東京都新宿区新宿2丁目13ー10 武蔵野ビルになります。

ちなみに朝5時までやっています。

ブルボンヌさんもお店のママとして頑張っています。

タイミングが良ければ、カノジョに出会えるかもしれませんね。

興味があるなら、ちょっとお店を覗いてみたらどうでしょう。

ブルボンヌさんとマツコの出会いや関係性など

ここで気になるのはオネェ同士は知り合い同士なんでしょうか。

テレビで有名なオネェといったマツコ・デラックスさんですよね。

それではマツコさんとブルボンヌさんの関係性をチェックしてみましょう。

実はブルボンヌさんはゲイ雑誌を手がけています。

そして、マツコさんも一時期、その編集部で働いていました。

意外なところでつながっていたんですね。

ちなみにブルボンヌさんのお店では女装紅白歌合戦というイベントがあってマツコさんはその司会を務めているんだそうです。

最後に

ブルボンヌさんは雑誌、テレビ、ラジオ出演など幅広く活躍しています。

それだけでなく、お店も経営しています。

かなり、多忙を極めているようです。

だけど、ここまでくるのにかなり苦労してきたんじゃないかなぁと推測します。

なんといっても、オネェキャラが人気が出てきたのも最近ですから。

それにまだまだ、同性愛に理解のある人は少ないです。

だけど、これから出てくるオネェさんたちのためにもカノジョには頑張ってもらいたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語