プロデューサー 人物

ダイナマイト・トミーの本名や年齢は?出身や経歴が気になる!

投稿日:



スポンサードリンク

出典:https://twitter.com/vanilla_sky0914/

ダイナマイト・トミーさんという人を、みなさんは知っていますか?

 

ロックやビジュアル系が好きな人、1980年代のビジュアル系バンドを知っているという人なら、ダイナマイト・トミーという名を聞いたことがあるでしょう。

 

今でこそあまり表舞台には立たなくなったダイナマイト・トミーさんですが、どんな方なのでしょうか。

 

ここでは、ダイナマイト・トミーさんのプロフィールはもちろん、音楽活動の経歴なども紹介していきたいと思います。

 

ダイナマイト・トミーさんのプロフィールについて

ダイナマイト・トミーさんの本名は、冨岡裕(とみおか ひろし)といいます。

 

1964年9月14日生まれで、兵庫県の出身。

 

1964年生まれなので、今年53歳になりますね。

 

ヴォーカリストとしてはもちろん、実業家、音楽プロデューサーなど様々な場面で活躍されているんですよ。

 

最近では、女優顔負けの美少女が売りのアキバ系アイドルグループ「2o Love to Sweet Bullet」、通称トゥラブをプロデュースしたことで話題となりました。

 

ダイナマイト・トミーさんは兵庫県の出身とのことですが、高校や大学などの学歴に関する情報はありませんでした。

 

21歳のときにバンドを結成しているので、もしかしたら高校卒業後は進学はしなかったのかもしれませんね。

 

残念ながら、学歴については分かりませんでした。

 

音楽活動の経歴は?

今の若い人は、もしかしたら「ダイナマイト・トミー=トゥラブのプロデューサー」としか認識していないかもしれません。

 

しかし、ダイナマイト・トミーさんは昔、ビジュアル系バンドのヴォーカルを努めていたんですよ。

 

時系列にそって、ダイナマイト・トミーさんの音楽活動の経歴を見てみましょう。

 

1985年 COLOR結成

1986年 初期のビジュアル系として、過激なステージパフォーマンスやカリスマ性が話題となる

1989年 メジャーデビュー

1991年 インディーズ復帰

 

現在 Dir en greyのエグゼクティブプロデューサーとして活躍中

 

こうしてみると分かるように、バンドとして活動していた期間はわずか6年ほどと、意外と短いのです。

 

実は本人も自身に歌唱力がないことは認めており、表舞台よりもプロデュースの方に回ったのかもしれませんね。

 

とはいえ、今もパフォーマンスができるよう、契約は更新中なのだとか。

 

当時のファンからしたら、またダイナマイト・トミーのパフォーマンスが見られるかも?と期待が高まりますね。

 

ダイナマイト・トミーさんがヴォーカルを努めていたCOLORは、当時「東のX、西のCOLOR」と言われるほど人気を集めていました。

 

Xとは、XJAPANのことです。

 

XJAPANがメジャーになる頃のことですから、30年近く前のことでしょうか。

 

私はその頃のCOLORを全く知らないので、一度見てみたいものですね。

 

兄弟や両親について

色々調べてみたのですが、ダイナマイト・トミーさんの兄弟や両親についての情報は見つけることができませんでした。

 

趣味や特技は?

ダイナマイト・トミーさんは、エンターテイメントのプロデュースを始め、映画監督など多彩な才能を発揮しています。

 

音楽という世界だけにとどまらず、エンタメや映画にまで関わっているなんて凄いですよね!

 

XJAPANのYOSHIKIと比較されていたとも言われていますから、音楽に関しては様々なジャンルで活躍されてきたのでしょう。

 

趣味や特技として公表されているものは特にありませんでしたが、この多彩な才能そのものがダイナマイト・トミーさんの特技なのかもしれませんね。

 

まとめ

トゥラブのプロデューサーとして知られる、ダイナマイト・トミーさんについて紹介しました。

 

ビジュアル系として活躍していたダイナマイト・トミーさんは、今ではプロデュースの方に力を入れているようです。

 

またステージでダイナマイト・トミーさんのパフォーマンスを見られる日が来るまで、楽しみに待っていましょう。

 

 

 

 

-プロデューサー, 人物

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。