2017年ドラマ

矢本悠馬の出身や高校はどこ?直虎やちはやふるでの役柄は?

更新日:



スポンサードリンク

http://otonakeikaku.jp/

2018年前期の朝ドラ、「半分、青い。」の主人公の故郷のキャストが発表されました。

 

そんな中に矢本悠馬さんの名がありました。

 

なんでも、主人公楡野 鈴愛(にれの すずめ)の同級生です。

 

そもそも、朝ドラは主人公の成長していく中でのストーリーです。

 

大抵の場合、前編と後編と分けられています。

 

そして、今回は故郷、岐阜編と東京編に分けられています。

 

その、故郷、岐阜編のキャストに矢本悠馬さんが選ばれています。

 

ちなみに東京に行った主人公は再び、シングルマザーとして故郷に戻ってきます。

 

矢本悠馬さんはどういう立場になるのでしょう。

 

もしかして、主人公の帰郷してからのロマンスのお相手になるのかなとちょっと期待してしまいます。

 

【2017年ドラマ関連記事

矢本悠馬さんのプロフィール

「半分、青い。」に出演の矢本悠馬さんのプロフィールを見てみましょう。

 

1990年8月31日、現在、26歳です。

 

というか、もうすぐ27歳の誕生日ですね。

 

京都府出身です。

 

2003年に映画『ぼくんち』で子役としてデビューしています。

 

血液型はAB型で趣味はなんと、自作映画の撮影なんだそうです。

 

特技はピアノです。

 

身長は161センチと男性としては小柄です。

 

だけど、そこを個性として演技しているところは素敵です。

 

真田丸出演について

役者にとってあこかれなのが大河ドラマに出ることです。

 

実は矢本悠馬さんが大河ドラマに出ています。

 

といっても、「女城主、直虎」ではありません。

 

「真田丸」の最終回に登場していました。

 

その名もダメ田十勇士の一人としてです。

 

海野六郎が彼のやっていた役です。

 

ただ、最終回のみの出演ということはやっぱり、次回作の「女城主、直虎」の布石でしょう。

 

しかし、十勇士といっても10人、揃っていません。

 

というのも、十勇士のメンバーのうち2人はすでに雪村の影武者として討ち死にしていると言われているからです。

 

スポンサードリンク

 

女城主、直虎にも出演!

女城主、直虎で矢本悠馬さんは井伊家家臣、中野直之をやっています。

 

正直、この中野直之なる人物、直虎を主人だと認めていない感じがします。

 

言葉使いはそれなりに丁寧です。

 

でも、頭ごなしに直虎を怒鳴りつけるところを見るとそう思います。

 

だけど、あの時代のことを考えたら別に不思議なことではありません。

 

大体、女性が城主になるなんてとんでもないと考えている人は大勢いたからです。

 

確かに全国に何人もの女城主と呼ばれる女性はいました。

 

しかし、あくまでも彼女たちは後継ぎの男児が成長するまでの中立の存在でした。

 

ドラマのようにあんなに自由ではありません。

 

なので、井伊家家臣、中野直之のような態度を取ってもおかしくなかったわけです。

 

といっても、ドラマの中では矢本悠馬さんが扮する中野直之は段々、直虎を理解するようになり彼女を支えていくという役割なんです。

 

ちなみに調べてみたら中野直之という人物は井伊家家臣といっても、本家に近い家柄のようです。

 

実は中野直之という人物、井伊直親と義兄弟でした。

 

さらに直虎より20年以上、長生きしています。

 

ということは最終回まで出てくることが決定しています。

 

映画の「ちはやふる」について

主人公が率いる瑞沢高校かるた部のメンバーに肉まんくんこと西田 優征を熱演しました。

 

原作では太めの体格というんですが。

 

だけど、矢本悠馬さんは太っていませんよね。

 

それはともかく、すでに映画は配信されています。

 

そんな中、ちはやぶる配信記念、瑞沢高校かるた部同窓会というのをネットでみつけちゃいました。

 

“肉まんくん”こと西田優征役・矢本悠馬、そして“机くん”こと駒野勉役・森永悠希の2人が撮影当時の事を語り合っていました。

 

何かといろいろあったみたいです。

 

なんでも、実際に瑞沢高校かるた部のメンバーは仲がよかったそうです。

 

実は瑞沢高校かるた部のメンバーの中で一番の年上が矢本悠馬さんでした。

 

なので、現場のテンションは矢本悠馬さんが決めていたと森永悠希さんがぶっちゃけていました。

 

そこで矢本悠馬さんは年齢が上でも精神年齢は一番子供だったと反論。

 

実際のところ、どうだったんでしょうね。

 

だけど、自由に演じすぎてオリジナルになってしまったとの発言もありました。

 

ただ、ちはやぶるではどうしても競技かるたのシーンが出てきます。

 

なので、矢本悠馬さんもかなり競技かるたをやったはずです。

 

でも、単なるかるた取りと違って競技かるたはスポーツです。

 

なので、かなり苦労していたみたいです。

 

そこで、かるたは二度とやりたくないかもと笑っていたそうです。

 

スポンサードリンク

 

最後に

2018年前期朝ドラ、「半分、青い。」に矢本悠馬さんは主人公の同級生で登場します。

 

しっかり、主人公を支えて面白い朝ドラを見せてほしいと今から、期待しています。

 

 

-2017年ドラマ

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。