希望の党女性メンバーは誰?今後の芸能人の参加者も予想してみた!

まず、希望と言えばどんなイメージがありますか。

イメージ的に言えば希望は物事の始まりを予感します。

誰もが希望を持っていろんなことにチャレンジしていくからです。

何故、ここで希望について言いますと、あの東京都知事、小池さんが立ち上げた党名が希望の党だからです。

スポンサードリンク

希望の党の政策についてやプロフィールについて

まずは希望の党の政策についてです。

実際のところ、政策についてはしっかりと公開されています。

すでにネットでは拡散されています。

ざっと見てみると納得できる政策です。

希望の政治はしがらみのない政治を一番に掲げているようです。

次に議員定員と報酬の縮減です。

行政改革の徹底した情報公開です。

真の地方分権の確立になります。

どれも政治について大切なモノです。

ちなみにとある人の呟きでは外交・安全保障とマクロ経済政策に関する言及が無いとありました。

ぶっちゃけ、まだまだ政策については未発達というところなんでしょうか。

あまり政治には詳しくないのでよく判りません。

やっぱり、まだ設立したばかりだからなんでしょう。

スポンサードリンク

主な希望の党の参加者は?

ただ、設立したということは当然、参加者が出てきます。

ちなみに設立メンバーを見てみましょう。

代表代行は若狭勝衆院議員になります。

幹事長は細野豪志衆院議員です。

総務委員長は中山恭子参議院議員、さらに政調会長は長島昭久衆議院議員になっています。

そのほか、保坂三蔵衆議院議員、松原仁衆議院議員、福田峰之衆議院議員というのが主なメンバーになるはずです。

ざっとメンバーについて調べてみました。

国会議員でも大臣職を経験している大物も含まれているようです。

しかも、元自民党や元民進党、元維新の会の議員もいます。

要するに他の党から離党した人達が続々、希望の党に参加しているということになります。

そして、小池さんは知事と党首の二足の草鞋で頑張るんだそうです。

期待する点や疑問点などについて

確かに2017年10月22日の解散総選挙の投開票が決まりました。

そこでの小池さんによる希望の党の立ち上げです。

正直、解散総選挙の台風の目になるかもしれません。

そこで希望の党の期待する点や疑問点などを調べてみました。

9月27日午前、東京都内のホテルで結党の記者会見を開きました。

ここでインパクトがあったのは日本をリセットするために希望の党を立ち上げると宣言したことです。

しかも、小池さんは知事職は続投し、今回の衆院選には出馬しないといいます。

かなり、異色の党になるような予感がします。

知事を続投ということは小池さんは国政には参加しないことを意味すると思います。

都政と国政、両立させることは不可能です。

だけど、希望の党を立ち上げたことによって都政にプラスに働くのでしょうか。

確かに小池さんはプラスになると説明しています。

なんでも、国政において、しっかりと代弁する勢力の確保しておくことが都政にプラスに働くんだそうです。

正直、この点が一番、疑問に感じます。

というのも、希望の党の創立メンバーに国政に対して勢力が強い人が少ないからです。

自民や民進からの離党者が加わっているものの、中には離党したせいで勢力が衰えた人もいるからです。

確かに離党したお陰で希望の党に加わったとも言えるわけです。

それに各党との連携も非常に気になるところです。

例えば、民進党とタッグを組むとしたら民進党を離党して希望の党に加わった人は微妙な立ち位置になるでしょう。

だけど、28日民進党前原代表は希望の党に事実上合流する意志を党執行役員会と常任幹事会を伝えました。

ちなみに衆議院選挙のみだそうです。

それでもかなり混乱するかもしれません。

どちらにしてもどう転がっていくのか判らない新党の発足です。

希望としてはいい方面に向かっていって日本経済が上昇してほしいです。

というのも、小池さんも日本経済は下がりつづけていると言っているからです。

当然、経済が上向きになれば景気もよくなると思います。

その点は一体、どうなるのでしょう。

芸能界からの有名人参加者について

新党が立ち上がると芸能人の参加者が現れます。

そこで、希望の党に参加するのはどんな芸能人なんでしょう。

いきなり、発表します。

エド・はるみさんです。

なんでも、彼女は小池都知事の政治塾に通っていたことが報道されていました。

ちなみにエド・はるみさんが小池さんの周囲でかなり評価が上がったせいらしいです。

彼女の評価が上がったのはライザップのコマーシャルでした。

あの、健康的に痩せた彼女の姿が好印象だったからです。

さて、本当に彼女は衆議院選に出馬するんでしょうか。

彼女の動向が気になります。

スポンサードリンク

最後に

正直、希望の党はいろんな人の注目が集まっています。

それに民進党の前原氏は希望の党との合流を希望しています。

なんでも、名を捨てて実を取るとか言っているみたいです。

だからといって、希望の党がどこまで支持率を挙げるかはまだ、未定です。

どちらにしても、いい方向に向かっていく政党になってほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語