本谷有希子の髪型がかわいいがタメ口が気になる!旦那は作詞家!

出典:http://t.pia.jp/interview/

なんでも、美人すぎる劇作家として話題になっている本谷有希子さん。

しかも、声優活動もしているんだそうです。

それにため口でも話題になっているみたいです。

彼女の現在の活躍を追っかけてみました。

スポンサードリンク

本谷有希子さんのプロフィール

ちなみに本谷有希子さんは1979年7月14日生まれの現在38歳になります。

石川県白山市出身。

劇作家、小説家、演出家、女優、声優の沢山の顔を持っています。

しかも、「劇団、本谷有希子」の主催者です。

要するに自分の劇団を持っているということです。

というか、劇団に自分の名前をつけるくらいですから。

彼女の実力はかなりのものなんでしょう。

本谷有希子さんの経歴

ちなみに彼女は石川県立金沢錦丘高等学校時代に演劇部に所属していました。

高校を卒業後、上京してENBUゼミナール演劇科に入学しました。

なんでも、在学中に舞台において女優活動を開始しました。

そして、1998年、アニメ「彼氏彼女の事情」で声優デビューです。

きっかけはENBUゼミを見学に来ていた庵野秀明監督が彼女を気に入ったそうです。

つまり、ここでとんとんと彼女は運が開けてきたみたいです。

2000年9月、「劇団、本谷有希子」を創立しました。

ここから、劇作家、演出家として活動を開始しました。

きっと、自分のために脚本を書いていたんでしょうね。

その方が脚本家を雇うより経済的だし、ついでに演出も手がければその分、劇の費用も抑えられます。

実際、劇を上演するのには何かとお金がかかるからです。

といっても、脚本も演出もそれなりに才能がないとできません。

本谷有希子さんは才能があったわけですね。

2002年、「群像増刊エクスタス」に「江利子と絶対」を発表し小説家デビューまでしているんです。

しかも、沢山の受賞作があります。

大江健三郎賞をはじめ、三島由紀夫賞受賞それに芥川龍之介賞も受賞しています。

スポンサードリンク

学歴(中学、高校)について

本谷有希子さんは金沢錦丘高等学校卒業です。

しかも県立中高一貫校です。

なので、多分中学も金沢錦丘中学になります。

偏差値は62というので、中々の進学校ではないでしょうか。

だけど、彼女は大学には進学しません。

ENBUゼミナール演劇科に入って女優の道を目指しました。

夫や子供について

ちなみに本谷有希子さんは結婚しています。

それに子供もいます。

彼女の旦那さんはシンガーソングライターで映画監督の御徒町凧(おかちまちかいと)さんです。

ちなみに旦那さんの方は芸名です。

本名は菅原径(すがわらけい)さんといいます。

なので、家庭内ではどう呼んでいるんでしょう。

ちょっと、気になります。

旦那さんの両親も凄い人なんです。

というのも、芥川賞作家でもある村上龍先生が父親で母親は直木賞作家の桐野夏生先生です。

そして、嫁さんの本谷有希子さんも芥川賞作家です。

これは御徒町凧さんも文才の方はかなりあるのではないかと推測してしまいます。

なんたって、シンガーソングライターですからね。

なんでも、本谷有希子さんは2015年には第一子となる女の子を産んでいます。

髪型とタメ口が気になる!

勿論、本谷有希子さんも女性です。

おしゃれには敏感でしょう。

髪型がよく検索されているみたいです。

個人的にはロングもいいけど、やっぱりショートが可愛いです。

それに他の人もショートが好きな人が多いみたいです。

気になるのはタメ口という話。

ちなみにタメ口とは目上の人でも同年代と同じような話し方をすることです。

なんでも、以前にラジオで目上の人と話していてもタメ口だったそうです。

あまり、敬語にはこだわらない人なんでしょうか。

なんでも、劇団でも相当スパルタだったという話もあります。

けど、演技指導に指導の厳しい人ほどスパルタだといいます。

厳しく指導するからこそ、すばらしい作品を上演することができます。

ということは、単に本谷有希子さんは敬語にこだわらない人だと言えるでしょう。

セブンルールに出演

ドキュメンタリー番組、「セブンルール」に本谷有希子さんが出演します。

この番組は、各分野で活躍する女性に密着取材しています。

取材した女性が、自身に課している7つの行動をはっきりとさせるのが番組のテーマになります。

ちなみに収録後、自分じゃない人の人生が知りたくてしょうがないと言っていました。

なので、番組に出演するのは貴重な体験なんだそうです。

それに自ら生き方を変えていくような女性と今まであまり接点がなかったそうです。

ということは「セブンルール」に出演したのはいい機会だったのかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

劇作家、小説家、演出家、女優、声優といろんな顔を持っている多忙な本谷有希子さん。

彼女は芥川賞作家でもあります。

しかも、彼女の旦那さんの父親も芥川賞作家です。

それに彼女は一児の母親です。

話題になっているのは髪型とタメ口です。

セブンルールに出演しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語