体脂肪計 簡単ダイエット

体重計ではなくて体脂肪計がダイエットに有効

更新日:



スポンサードリンク

毎日、体重を量っている方

おられますよね。

 

レコーディングダイエットのように体重を記録しておくことはいいことです。体重が増えていれば、減らそうという気になりますもんね。

 

でも、そうでない場合・・・

体重計の上で、増えているからと言って「はぁ~」とため息をついている方。

体重のことは、忘れてみませんか?
体重に固執しすぎは止めた方が良いですよ。

 

突然ですが、ここで問題。

脂肪と筋肉。
どっちが重いかわかりますか。

 

もちろん筋肉。(答え早っ)

 

筋肉が増えるともちろん体重も増えるのです。

なので、筋肉がつくのを嫌がる方もいらっしゃいます。

 

でも、見た目はどうでしょうね。

筋肉の付き方にもよりますが、より体が引き締まって見えると思います。

 

体重が軽くても、見た目がブヨンとしていては、「ちょっと・・・」といった感じですよね。

 

なので、

あなたが、落とすべきものは、脂肪であって体重ではないということ。
を知っておきましょう。

 

そして、脂肪もある程度落とすことで、良いんです。

 

あまり、脂肪を落とすと女性ホルモンの分泌機能の低下を招いてしまうからです。

 

ではどの程度の脂肪を落とせば良いのでしょう?

体脂肪率でみていきましょう。

体脂肪率=体重のうちの体脂肪量の占める割合

女性と男性では、必要な体脂肪率が大きく違うんです。

 

健康的に目指すレベルは、女性で21~24%、男性で14~17%なのです。

 

逆に肥満と判定されるのは、女性で30%以上の体脂肪率です。
男性では20%以上なのです。

 

体脂肪率が多すぎると健康的な問題が発生しやすくなります。

いわゆる生活習慣病ですね。

 

動脈硬化、高血圧、糖尿病。

 

これらにかかるリスクが高くなります。

 

もし、30%を超えている場合はお医者様とも相談しながら真剣にダイエットに向き合うのが良いですね。

 

体重で悩んでいる方は、体重計ではなくて体脂肪計を手に入れた方がお勧めです。

 

 

 

 

 

 

-体脂肪計, 簡単ダイエット

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。