世界遺産 観光名所

バリ島の噴火で観光はいつから安全になる?年末年始はまだ危険?

投稿日:



スポンサードリンク

バリ島は神の島といったイメージ的に思っていたんだけど、実は火山島だったんですね。

 

なので、噴火のことをニュースで知った時には驚きました。

 

今回はそんなバリ島についていろんな面から見てみました。

 

観光地バリ島はどこにある?

正確にいえば、インドネシアのバリ州にある島なんですね。

 

バリ島は、東南アジアのインドネシア共和国バリ州の島です。

 

下図の赤い部分がそうです。

 

【バリ島の位置はどこ?】

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

インドネシアの中心部はジャワ島で、ここには首都ジャカルタがあります。

 

そのジャワ島のすぐ東側にあるのがバリ島になるわけですね。

 

この島の人口は約422万人(2014年)です。

 

ヒンドゥー教で有名な場所ですが、1990年に入ってからイスラム教の移民が多くなってきています。

スポンサードリンク

ピーチリゾートとしてのイメージが強いけど、ヒンドゥー教の寺院は是非、見学したいです。

 

それに1年を通して、27°という気候の良さ

 

しかしながら11月から3月にかけては雨期で1日に1回はスコールが発生します。

 

しかも、バリ島にはパワースポットが沢山存在しています。

 

それに南国の果物は沢山食べられてまるで天国みたいな島です。

バリ島へはどう行くの?

とにかく、バリ島が東南アジアきってのリゾート地であることは間違いないです。

 

しかも観光スポットはあちこちに点在しています。

 

まず、直行便ならガルーダ・インドネシア航空で行けます。

 

場所は成田、関空、中部で所要時間は約7時間になります。

 

乗り継ぎ便ならシンガポール空港です。

 

スポンサードリンク

シンガポール経由で成田、羽田、中部、大阪はそれぞれ毎日1、2回になります。

 

福岡はなんと毎日、5回も乗り継ぎ便があります。

 

実際、乗継便は直行便より乗り換えなどの手間があるけれど、比較的チケットが取りやすい利点があります。

 

ちなみにバリへは周辺からも行けます。

 

つまり、シンガポールやマレーシア、オーストラリア、東ティモールは飛行機を利用して行くことができるということです。

 

アグン山が噴火!警戒レベルは?

2017年11月21日にバリ島の最高峰アグン山が噴火しました。

 

なんでも約半世紀ぶりなんだそうです。

 

というのも、以前、アグン山が噴火したのは1964年。

 

それから、ずっと沈黙を守っていた山だったわけです。

 

ただし、噴火と言っても火山灰の噴出でマグマの流れは確認できていません。

 

この程度の場合、噴火の規模としてはどうなんでしょう。

 

火山大国の1つである日本としては首を傾げてしまいます。

 

だけど、火山の噴火を甘くみてはいけないということも火山国だからよく判っています。

 

実際、9月中旬以降から火山性地震が頻繁に起こるようになったそうです。

 

そこで、警戒レベルを引き上げ、山頂から9から12キロ範囲の立ち入りを禁止しました。

 

何かあったら大変ですから。

 

9月下旬には周辺6万3000人が避難

 

だけど、けが人は出なかったようです。

インドネシアは日本と同様、火山国だった

南国リゾート地というイメージで全然、気にしなかったんだけど。

 

インドネシアは日本と肩を並べる火山大国でした。

 

何しろ、スマトラ島のシナブン山は、ひんぱんに爆発しています。

 

さらにジャワ島のブロモ山も火山性微動が連続しているらしいです。

 

スポンサードリンク

ちなみにアグン山は「火の神の山」として崇拝の対象だったんです。

 

1964年の噴火では火砕流や溶岩流がふもとの集落を襲い、約1600人が死亡。

 

なので、火山としての警戒は必要だったわけです。

現在のバリ島はどうなっている?

そこで現在のバリ島の状況を見てみましょう。

 

バリ島は観光で成り立っている島です。

 

このまま、空港も封鎖が続くと観光客がやってこなくなります。

 

それに観光客も帰国ができなくて大変なことになります。

 

だけど、11月27日にデンパサール空港の閉鎖が解除

 

そのおかけで航空機も随時運航開始しました。

 

スポンサードリンク

つまり、通常運航に戻りつつあるということです。

 

なので、現在バリ島は安全です。

 

ングラライ空港も正常な状態でバリ島の観光も安全のようです。

年末年始の観光は大丈夫?

年末年始は海外で過ごす人が増えています。

 

実際、日本は寒いから暖かい南国で新年を迎えたいと思う人が沢山いるということです。

 

そして、南国であるバリ島は人気スポットの1つです。

 

だけど、アグン山が噴火して観光の方はどうなんでしょう。

 

そこでバリ島、年末年始のというキーワードで調べてみました。

 

実際のところ、すでに予約は始まっているみたいです。

 

肝心噴火も50年前と比べて大きくなかったからでしょう。

 

というのも、約1600人が死亡した50年前と違って怪我人もいなかったようです。

 

これから、大きい噴火がある可能性もあるかもしれないけど。

 

だけど、今のところ、その気配はなさそうです。

 

だったらバリ島に遊びに行ってもいいじゃない。

 

スポンサードリンク

なんて思う人が大勢いるということでしょう。

 

確かに噴火の恐ろしさはこちらも火山国です。

 

十分、理解しています。

 

だけど、バリ島は観光地。

 

年末年始くらいは贅沢がしたい。

 

それに数か月前から予約を入れているのなら、行ってもいいかなと思うんです。

 

まずはネットなどで状況確認しつつ、行くかどうか判断することです。

 

最後に

バリ島は南国の楽園です。

 

しかも、世界有数のパワースポットです。

 

火山の噴火は怖いけど、一度は行ってみたい憧れの地です。

 

それにバリ島ではゆったりくつろぐことができるヴィラに人気が集まっています。

 

豪華な客室でアジアンリゾートを満喫というのもいいモノですよ。

 

スポンサードリンク

 

-世界遺産, 観光名所

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。