ゴルフ

西山ゆかり選手のプロフィール!実家が寿司屋!結婚も気になる!

投稿日:



スポンサードリンク

ゴルフは結構、面白い。

 

確かにこの時期、ゴルフをやっている人は寒いんじゃないかと思います。

 

実際、プレイするまで風が冷たそうに感じます。

 

だけど、選手のプレイに興奮して観戦している人も多いでしょう。

 

今回は実家がお寿司屋さん、西山ゆかり選手を紹介しましょう。

出典:http://gorufujouhou1.com/gosu/1431/

西山ゆかり選手のプロフィール

まずは恒例のプロフィールから紹介します。

 

日本女子プロゴルフ協会に登録してある彼女のデーターを見てみました。

 

というか、ゴルフもスポーツです。

 

当然、選手として登録したら詳しい情報がばっちり公開されちゃうんですね。

 

彼女は神奈川県藤沢市出身で、生年月日は1982年6月20日です。

 

身長162センチで体重は58キロ、血液型はO型になります。

 

ゴルフ歴は18歳からとやや、遅めのスタートです。

 

というのも、最近は子供の頃からゴルフをやっている人も増えていますから。

 

プロに合格したのは2008年7月31日になります。

 

ゴルフの経歴とランキング、順位は?

彼女は女子世界ランキングでは106位です。

 

賞金ランクは16位です。

 

トップ10回数は6回優勝は1回です。

33歳でした。

 

確かに遅咲きのプロながら、地道に地盤を固めているようです。

出典:http://www.zakzak.co.jp/people/photos/20160519/peo1605190830001-p1.htm

実家はお寿司屋さん、場所や評判について

別に家が寿司屋だからといって毎日、お寿司ばかり食べているわけではありません。

 

だけど、実家がお寿司屋さんなんてなんだか、うらやましく思うんです。

 

だって、お寿司は美味しいですからね。

 

ちなみに西山ゆかり選手の実家が営んでいるお寿司屋さんは「いっぱち竹寿し」といいます。

 

場所は神奈川県藤沢市湘南台にあります。

 

なんでも、彼女の父親が26歳の時に始めたお店だそうです。

 

スポンサードリンク

 

「いっぱち竹寿し」さんはフェイスブックもやっています。

 

なので、お店の状況とか西山ゆかり選手のご両親の笑顔とか、ついつい見ているとこちらも笑顔になってきます。

 

でも、実家がお寿司屋さんということは西山ゆかり選手もお店の手伝いをしたことがあるんでしょうか。

 

ちなみに西山ゆかり選手も全米女子オープン予選出発前に足を運ぶこともあるんだそうです。

出典:http://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=42060

兄がキャディー!?

義理の兄との初タッグという記事を見つけました。

 

つまり、西山ゆかり選手にはお姉さんがいるんですね。

 

しかも、結婚しています。

 

なので、義理のお兄さんがいるのでしょう。

 

ちなみに義理のお兄さんもゴルフをやっているみたいです。

といっても、彼はプロではありません。

 

つまり、アマチュアになります。

 

なので、彼にキャディをやってもらったことがあります。

 

去年の3月の国内女子ツアー第3戦『Tポイントレディス ゴルフトーナメント』のことです。

 

この時、開幕戦で3位フィニッシュと今季好スタートを切った彼女。

 

義理の兄と初タッグを組みました。

 

ちなみにこの時、キャディを頼んだのはたまたま、義理のお兄さんの仕事が休みだったからです。

 

彼の職業は消防士でした。

 

つまり、その日は非番だったですね。

 

消防士だから体力には自信があるけど、バンカー整備などのキャディ業務はちょっと不慣れだったみたいです。

 

スポンサードリンク

 

西山ゆかり選手のブログとは

西山ゆかり選手のブログを見たことがありますか。

 

日常の生活やゴルフのことが、率直に書かれててなかなか、面白いです。

 

実際、普通の女性が普通にゴルフをしているといった感じです。

 

確かにゴルフというと男性のスポーツと思われがちでしたが。

 

普通の女性でも気軽に日常をエンジョイしています。

 

師匠から受け継いだ先輩プロの

実際のところ、西山ゆかり選手は遅咲きの女子プロです。

 

現在、35歳です。

 

だけど、彼女より年若い選手がどんどん活躍しています。

 

時には焦る気持ちも出てくるのではないでしょうか。

 

そんな彼女を支えているモノとはどんなモノに゜なるのでしょう。

 

それでは彼女が優勝で幕を閉じた「KKT杯バンテリンレディス」を見てみましょう。

 

この時の彼女のキャディを務めたのはTEAM SERIZAWAの先輩プロ・大庭長人氏でした。

 

実際、彼とはもっと早くにタッグを組むはずだったんです。

 

ただ、震災の都合で大会が中止になってしまいました。

 

なので、バックをかついでもらうのが1年遅くなってしまったんだそうです。

 

先輩プロ・大庭長人氏は西山が初優勝を挙げた「meijiカップ」でキャディを務めていた芹澤信雄さんのLINEをもらっていました。

 

西山はバタバタして自分を見失うところがあるから冷静さを失わないように導いてくれ。

 

要するに西山ゆかり選手の取扱説明書をLINEで受け取っていたんですね。

 

そこで西山選手が落ち着くように何度もゆっくりと声をかけていたようです。

 

そのおかげで結果は優勝。

 

これもひとえに先輩のさりげない心配りのお陰だったんですね。

 

スポンサードリンク

 

最後に

西山ゆかり選手についてまとめてみました。

 

彼女は遅咲きの女子プロだということです。

 

実家はお寿司屋さんでフェイスブックもやっています。

 

お姉さんの旦那さんは消防士で西山ゆかり選手のキャディもつとめたことがあるということです。

 

-ゴルフ

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。