日野晃博が情熱大陸に出演!妖怪ウォッチに続く次のゲームは・・・

6sfhsf46njs486

TBSの「情熱大陸」に出演することになった日野晃博(レベルファイブ)は、
これまで「イナズマイレブン」、「ダンボール戦機」、「妖怪ウォッチ」などの
ゲームを始めとしたエンターテインメントの世界を中心に活躍してきた。
「徹底的に子供たちにアプローチする」というこだわりを見せている。

s6dh486s48h6as48hj6rj6s46tys4d6t8kj46fy5k4

日野晃博プロフィール

生年月日:1968年7月20日
出身地:福岡県
血液型:AB型
学歴:九州産業大学
職歴:ゲームクリエイター・レベルファイブ代表取締役社長
学生時代に『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』と出会い、
ゲームプログラマーを経て独立。

1998年ゲーム制作会社「レベルファイブ」設立。

『レイトン教授』や『イナズマイレブン』、『ニノ国』、
『ダンボール戦機』など人気作品を生み出す。

企画・シナリオ・原案・プロデュース等を務めた
「妖怪ウォッチ」が2014年に大ヒット。

現在もその人気は衰えていない。

ds648hg6s48dh6486j4sw64j6w84j

妖怪ウォッチを超えられるか?

その「妖怪ウォッチ」は、子供のみならず、大人たちも虜になっている。
「妖怪ウォッチ」生みの親「日野晃博」はプロデュースから
企画・開発・原作・脚本など、ひとりで何役も手掛けている。
また、スタッフ約280人を束ねるゲームメーカー社長でもある。

そんな日野晃博が今、新しい冒険ファンタジー作品に着手し、
極秘で進められている。

「子供たちが楽しんでいるのを見るのが、
一番やって良かったなと思う瞬間」とのこと。

出典:
Yahooテレビ
http://tv.yahoo.co.jp/program/3625914/
ろくななさん
http://rock73.com/archives/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語