作家

西尾維新の経歴や年収について!作品の決め台詞がおもしろい!

投稿日:



西尾維新さんは京都在住の小説家でおられますがインタビューの中で、自身の小説がアニメ化、映画化、ゲーム化されている点について、関西出身であることが作品の中でプラスになっていることが多いと語っておられます。

 

個性あふれる作品には魅力的なキャラクターを持った登場人物が描かれ、ミステリー小説の<戯言シリーズ>では言葉遊びと事件を追った次々に起こるトリック(文章上の仕掛け)が驚くほど巧みで衝撃的です。

 

西尾維新さんのプロフィール!

西尾維新さんは1981年生まれ、今年37歳、血液型はB型、日本の小説家でいらっしゃいます。

 

最終学歴は、京都の立命館大学政策学部を中退されています。

 

西尾維新さんの家族や兄弟、素顔についてなど、個人情報については知らされていなのでほとんど謎だらけです。

 

ですので、どこの中学、高校出身なのかもわかっていません。

 

本名さえもどこにも公表されていないのです。

 

言葉遊びのペンネームからも本名の推測は無理な感じです。

 

ローマ字で左右どちらから読んでも「NISIOSIN」、ユニークなペンネームでしかありません。

 

出身地も不明ですが、インタビューや作家デビュー受賞の時のことなどから、関西の京都らしいことはわかっています。

 

スポンサードリンク

 

西尾維新さんのこれまでの経歴は?

初めは漫画家を目指されていたそうですが、絵があまり上手でなかったそうです。

 

それで小説家を目指され、今では執筆スピートが早い小説家として知られています。

 

西尾維新さんは小説家になる前には、ある出版会社が出版されている文芸雑誌に複数の小説を投稿されたこともあったそうです。

 

小説家デビューは2002年20歳の時、その出版社の賞に「クビキリサイクル青色サヴァンと戯言遣い」が受賞されました。

 

その後も、主人公西尾維新さん自身の小説「戯言シリーズ」が次々に出版され、2006年には「このライトノベルがすごい!」がNO.1にランキング掲載されています。

 

スポンサードリンク

 

気になる年収はどれくらいなの?

西尾維新さんは、書いた小説が次々にメディア化されているので、30才代半ばにしてはかなりの年収だと思われます。

 

噂によると、約1億円越えの年収があるそうですが、事実だとすると本当にすごいです。

 

ごく一般的な小説家はだいたい年収約200万円前後ですから、圧倒的にすごい金額です。

 

一説によると10億円近く稼いでいても、西尾維新さんレベルの作家の人は、不思議でも何でもないそうです。

 

西尾維新大辞展についての紹介

西尾維新さんの作家デビュー15周年を記念して「西尾維新大辞展」が東京、大阪で開催されました。

 

執筆15年の間の約100冊を超える作品の中のキャラクターや名セリフが紹介されています。

 

体験型スクリーンでは、もう一度会いたいアニメの場面に出会うことができます。

 

小説の中の個性的なキャラクターたちの名セリフも紹介されています。

 

<戯言シリーズ><物語シリーズ><忘却探偵シリーズ>などの作品中心に西尾維新さんの世界が紹介されています。

 

今までになかった会場の広い空間には、数々の名セリフ、映画化された作品の名場面集、壁画、アニメーションが展示されています。

 

キャラクター音声ガイド、オリジナルグッズも販売されているので、西尾維新アニメファンにとっても見逃せない展覧会となっています。

 

西尾維新先生が選んだキャラクターランキングも紹介され、西尾維新先生が作品執筆に使っている机まで再現され展示されています。

 

また先生の一日の過ごし方も公開され、「西尾維新大辞展」は、正に西尾維新先生の世界そのものなのです。

 

スポンサードリンク

 

主な作品と評判

2005年から2006年にかけて発表された「化物語」は物語シリーズとしてアニメやゲームにも応用されています。

 

2006年8月号の「コミックファウスト」からは漫画原作も行い掲載されています。

 

漫画家デビュー作は「放課後、7時間目」、2009年「週刊少年ジャンプ」の”めだかボックス”では、連載漫画家デビューを果たされています。

 

2009年作家別売り上げランキング10位以内にランクイン、12年には第1位に輝いています。

 

西尾維新さんは作家として難なくスタートされ、順調な作家生活を送られています。

 

スポンサードリンク

 

作品のキャラの決め台詞

西尾維新さんの小説家デビュー作となった作品「クビキリサイクル、青色サヴァンと戯言遣い」からの名言、『君の意見は完全に間違っているという点に目を瞑ると概ね正解だ』。

 

<戯言シリーズ>の「サイコロジカル」では、『無能の振りしてあんたにどんな得があるの?自虐ってそんなに気持ちいい?』

 

<戯言シリーズ>の「ネコソギロジカル」では、『私が傷つくことで悲しむ人がいるのならば、私は鋼鉄の精神であらゆる傷を拒絶します。好きな人が悲しまないためにはー私は絶対傷つかない』

 

この言葉は、かなり力強さを感じます。

 

これらの言葉のように、西尾維新さんの言葉には、ただ単に遊び言葉だけでなく深く考えさせられる意味も含まれています。

 

スポンサードリンク

 

「西尾維新」が回文になっている

西尾維新さんはペンネームからして、おしゃれでいらっしゃいます。

 

西尾維新の下にはローマ字で「NISIOISIN」と表記されていて、右から読んでも「にしおいしん」、左から読んでも「にしおいしん」、ペンネームから言葉遊びの回文になっているんですよね。

 

小説の中でも言葉遊びが人気の秘密になっていますが、ペンネームから人気を博してると言っても過言ではありません。

 

テレビのCMでは、お茶漬けの海苔で有名な「山本山」がありますね。

 

上から読んでも「やまもとやま」、下から読んでも「やまもとやま」と同じで、視聴者に覚えてもらいやすい名前です。

 

覚えられやすく親しみもあってとても楽しいペンネームで良いです。

 

 

スポンサードリンク

 

SNSでのお気に入り名言集など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

西尾維新さんの作品の中の個性豊かなキャラクターたちが発するセリフが、ファンを惹きつける魅力的なポイントになっています。

 

また、このセリフもなかなか良いです。

 

『人生にやり直しがきかないのはリセットボタンがないからじゃない。ゲームオーバーがないからだ』。

 

楽しい言葉遊びと同時に感慨深いものも感じます。

 

スポンサードリンク

 

-作家

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。