高校野球

奥川恭伸投手(星稜)の出身中学や球速がすごい!予選の成績や球種も気になる!

更新日:



スポンサードリンク

高校野球、2018春のセンバツに出場する石川県の星稜高校

 

野球の強豪でも知られている星稜高校で注目なのは、奥川恭伸選手です。

 

ここでは、奥川恭伸選手のプロフィールやポジション、バッテリーの相手にも注目して紹介していきますよ。

出典:https://mainichi.jp/koshien/

 
【2018センバツ注目選手】

大谷拓海 中央学院
細川拓哉 明秀学園日立
藤原恭大 大阪桐蔭
平田龍輝 智弁和歌山
市川悠太 明徳義塾
定本拓真 三重高
横川凱 大阪桐蔭
大橋修人 日本航空石川
根尾昴 大阪桐蔭
奥川恭伸 星稜

 

奥川恭伸選手のプロフィール

奥川恭伸(おくかわやすのぶ)

石川県かほく市出身

181cm、78kg

高校1年

 

奥川恭伸選手のプロフィールですが、まだ詳しいものは公開されていませんでした。

 

注目選手とはいえ、普通の高校生ですからね。

 

奥川恭伸選手の生年月日については分からなかったのですが、現在1年生なので2001年生まれだと思われます。

 

スポンサードリンク

 

奥川恭伸選手の出身中学での戦績がすごい!

奥川恭伸選手は現在星稜高校の1年生ですが、中学はどこだったのでしょうか。

 

星稜は中高一貫の私立校なので、中高も星稜かな?と思ったのですが、奥川恭伸選手は地元のかほく市立宇ノ気中学を卒業しています。

 

小学校もかほく市立宇ノ気小学校なので、中学までは地元で過ごしていたようです。

 

中学時代には全国中学校軟式大会で全国優勝したほどの実力の持ち主ですから、高校から星稜に行ったのにも納得です。

 

ちなみに、奥川恭伸選手の兄弟や両親についての情報は一切ありませんでした。

 

球種や球速について

奥川恭伸選手は、右投げ右打ちのピッチャーです。

 

高校1年生の時点で、146km/hのストレートを投げることができるのは、さすがとしか言いようがないでしょう。

 

スライダーやツーシームなどを武器に、相手に打たせる隙を与えません。

 

強豪の星稜高校で、1年生エースの座を獲得するだけの実力を奥川恭伸選手は兼ね備えているのです。

 

そんな奥川恭伸選手とバッテリーを組むのは、同じく1年生の山瀬慎之助選手

 

実は奥川恭伸選手と山瀬慎之助選手は、小学4年の頃からずっとバッテリーを組んでいる仲。

 

もう6年以上バッテリーを組んでいるので、その信頼関係もそれなりのものなのでしょう。

 

お互いを信頼し合っているからこそ、思い切った球が投げられるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

奥川恭伸選手の地方予選の活躍は?

奥川恭伸選手は、石川県大会と北信越大会で8試合中7試合に先発出場し、5完投3完封という成績を残しました。

 

高校1年でこれだけを投げ切ることができるので、スタミナも申し分ないでしょうね。

 

特に北信越大会では3試合に先発し、合計20回で25奪三振、防御率0.45という結果を出しました。

 

星稜高校は確かに高校野球の強豪であり、甲子園の常連でもありますが、今年の春のセンバツ出場に至っては奥川恭伸選手と力が非常に大きいのではないでしょうか。

 

そんな奥川恭伸選手の活躍動画がこちらです。

 

まとめ

星稜高校の1年生エース、奥川恭伸選手について紹介しました。

 

強豪高で1年生からエースを努めるのは、相当な実力がないとできないことです。

 

世間の注目も高い奥川恭伸選手の、センバツでの活躍を期待しましょう!

スポンサードリンク

 

 

-高校野球

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。