健康

歯の黄ばみを取る方法は?白い歯を維持するためのおすすめホワイトニング!

投稿日:



を見たとき、自分の歯の色に驚いたことはありませんか?

毎日きちんと歯磨きをしているはずなのに歯が黄ばんでいると、「え?」と思いますよね。

 

歯の黄ばみは、汚い、不潔といったマイナスのイメージもあるため、一刻も早く何とかしたいもの。

とはいえ、何から始めたらいいのか分からない!という人もいるでしょう。

 

ここでは、歯の黄ばみを取る方法やおすすめのホワイトニング方法について紹介していきます。

 

 

歯の黄ばみを取り除くには…?

歯の表面が黄色っぽくなってしまうと、とても気になりますよね。

特に接客業や営業など、たくさんの人と関わる仕事をしているのなら尚更でしょう。

 

歯が黄ばんでいることは、あまり良いイメージを与えません。

そんな歯の黄ばみは、着色汚れ(ステイン)によるもの。

 

コーヒーや紅茶、赤ワインなどの「色の濃い食べ物や飲み物」を摂取することで付着するイメージがありますが、加齢や毎日の食事、間違った歯磨きでも付着してしまいます。

歯の黄ばみがひどい人は、間違った歯磨きをしている可能性が非常に高いそう。

 

というのも、あなたが使っている歯磨き粉には研磨剤が含まれていませんか?

歯の汚れを落とすための研磨剤ですが、それは同時に歯の表面に傷をつけてしまいます。

 

その傷に汚れや菌が付着し、黄ばみとなってしまうのです。

このことからも分かるように、歯の黄ばみはゴシゴシと歯磨きをしても取り除くことはできません。

 

むしろ余計に黄ばみをひどくさせてしまう恐れがあるので今すぐやめましょう。

黄ばみの原因である着色汚れを落とすには、着色汚れを浮かせて分解し、包み込んで除去しなくてはなりません。

 

 

ホワイトニングについて

歯の黄ばみをなくしたい、歯を白くしたいと思ったとき、みなさんが真っ先に思い浮かべるのが歯のホワイトニングではないでしょうか。

歯医者で行うホワイトニングは、元々の自分の歯の色よりも明るく(白く)することができるもの。

 

元々の歯の色は白ではなく、乳白色をしています。

ホワイトニングをすれば、いわゆる「真っ白な歯」を手に入れることができるでしょう。

 

しかし歯医者で行うホワイトニングは自由診療になるため、クリニックによって値段はまちまち。

相場としては、1回あたり数千円~数万円と幅があります。

 

薬剤を使って歯を白くするのですが、値段以外にも「短期間で元に戻る可能性がある」というデメリットも理解しておかなくてはなりません。

ホワイトニングは一生効果が続くわけではないのです。

 

では、口臭を予防するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

口臭予防をするには?

口臭には、病的口臭と生理的口臭の2種類があります。

病的口臭は虫歯や歯周病が原因なので、歯医者で治療を受けましょう。

 

これらを治せば、口臭もなくなります。

一方生理的口臭は、加齢や起床時、緊張時、ホルモンバランス、食事などが関係しています。

 

口臭予防のサプリやマウスウォッシュ、食後の歯磨きの他、ガムを噛むことも口臭予防としては効果的だと言えるでしょう。

消臭効果のあるグッズで口臭を予防するとともに、唾液の分泌量を増やすことを心がけていきましょう。

 

次に具体的な歯茎のケア方法についてみていきましょう!

 

 

歯茎のケア方法とは?

歯茎のケア方法としておすすめなのは、歯茎マッサージをすること。

歯茎の血行を良くすることで、歯茎が下がるのを防ぐことができます。

 

指でも歯茎マッサージはできるので、早速今から始めてみましょう。

歯と歯茎の境目より少し下に指を当て、左右に小刻みに動かしていきます。

 

下から上に円を描くようにするといいですよ。

奥歯の方から前歯へ向かって行いましょう。

 

歯茎は非常にデリケートなので、毎日の歯磨きでも傷ついてしまうもの。

歯ブラシはやわらかめのものを使い、やさしくブラッシングするようにしてください。

 

では、実際に虫歯を予防するにはどうすれば良いのでしょう・・・

 

虫歯予防について

虫歯は子供がなりやすいものですが、大人でもなることはあります。

虫歯を予防するには、まずは歯の汚れを残さず落とすことが欠かせません。

 

歯磨きだけでなく、デンタルフロスなどを用いて歯の隙間の汚れまで落としましょう。

唾液を増やすことやフッ素、キシリトールも虫歯予防にはおすすめ。

 

フッ素は歯の表面を覆って汚れをつきにくくする効果があるので、虫歯予防にも効果的ですよ。

 

そこで、おすすめなのが「パールクチュール」です。

でも、「パールクチュール」って何?


 

1本4役!パールクチュールとは?

・ホワイトニング

・口臭予防

・歯茎のケア

・虫歯予防

 

これら4つをすべて叶えることができるアイテムが、パールクチュール

お口のトラブルや黄ばみを1つ1つケアしていくのは大変ですが、パールクチュールなら1つですべての願いを叶えることができます。

 

国産のサンゴから製造した「コーラルアパタイト」

歯の表面をコーティングする「トリポリリン酸ナトリウム」

歯を洗浄して修復する「パール」

 

といった3つのホワイトニング成分の他

「クリスパタス菌」「グリチルリチン酸ジカリウム」「メントール」「キシリトール」といった天然由来の成分をたっぷりと配合しています。

 

コーラルアパタイトには口内細菌を減らして口臭を予防する効果もあるので、歯の黄ばみ以外の悩みにも高い効果があると言えるでしょう。

なかなか1本で4役も担えるグッズはないので、ホワイトニング目的でもそれ以外のお口の悩みのある人でも、パールクチュールはおすすめだといえます。

 

定価は9,980円ですが、定期コースの初回は3,980円、2回目からも4,980円!

歯医者でホワイトニングをするよりも明らかに安い値段でホワイトニングができますから、

 

手軽にホワイトニングがしたい!

と思っている人はぜひチェックしてみてくださいね。

パールクチュール 

ホワイトニングならこちらから

まとめ

歯の黄ばみを取る方法、そしておすすめのホワイトニング方法「パールクチュール」について紹介しました。

歯の黄ばみを取るのは簡単なことではなく、効果が出るまでにはある程度の時間が必要になります。

 

しかしいつまでも歯の黄ばみで悩んでいても、何も変わりません。

手軽にできるホワイトニングで、今すぐ歯の黄ばみを取り除いていきましょう。

-健康

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。