坪田一男教授(慶応医学部眼科)の老眼革命の評判は?経歴や息子について!


近年、近視など「視力の低下」で悩む人が増えています。

さらに近くのものが見えなくなる老眼も、年齢とともに増えてきますね。

こればかりは仕方がないことだと、諦めていませんか?

そんな老眼に対し、「老眼を諦めるな!」と声を大にして叫んだ人がいます。

この人こそが、慶應義塾大学医学部の教授である、坪田一男さん。

ここでは、坪田一男さんのプロフィールやアンチエイジング医療について紹介したいと思います。

出典:http://www.tsubota.ne.jp/

坪田一男さんのプロフィール

まずは坪田一男さんのプロフィールから紹介していきましょう。

・坪田一男(つぼたかずお)

・1955年5月15日生まれ

・東京都出身

・慶應義塾大学医学部眼科教授

・慶應義塾高等学校卒業→慶應義塾大学医学部卒業

坪田一男さんは、慶應義塾大学医学部の教授を努める眼科医です。

高校と大学は慶應義塾を卒業されており、1983年には国立栃木病院の眼科医長になっています。

1985年にハーバード大学へ留学し、アメリカマサチューセッツ州の医師免許も取得しているんですよ。

日本でもアメリカでもその手腕を発揮している、まさに凄腕医師だと言えるでしょう。

「老眼革命」と「ドライアイ」について

坪田一男さんは眼科医であり、老眼やドライアイについて深く研究されています。

「老眼革命」というのは、坪田一男さんが執筆した著書のことですね。

抗加齢医学の進歩で老眼の進行を防ぎ、老眼レーシックをすることで老眼をなんとかすることができる、というもの。

坪田一男さんの手にかかれば、老眼はもう諦めなくて良いのです!

また、ドライアイに関しては、1985年ハーバード大学にいるときに自分自身がそうであると気づいたそう。

それからというものドライアイの臨床や研究、啓発に取り組み、2013年春には眼科雑誌の「世界のドライアイ研究者ランキング」で堂々の1位を獲得することに!

日々の研究の結果が、認められたんですね。

坪田一男さんの息子について

坪田一男さんの家族についての詳しい情報は公開されていないのですが、どうやら娘さんと息子さんがいるようです。

というのも、オフィシャルサイトで「自分自身、娘や息子のレーシック手術を執刀した」と公言しているからです。

年齢や名前については分かりませんでしたが、レーシックをしていることから視力はあまり良くなかったのでしょうね。

坪田一男教授とレーシック

レーシックにあまり良いイメージがないという人もいるかもしれませんが、今やレーシックは、メガネとコンタクトに次ぐ、視力矯正の第3の選択肢。

坪田一男さんによれば、レーシックはかなり満足度の高い手術なんだとか。

確かに、裸眼でよく見えるようになるのは、視力が悪い人からすると世界が変わったように感じますよね。

私も視力が悪いので、レーシックには興味があります。

レーシックでアンチエイジング!

アンチエイジングと聞くと、化粧品による「お肌のアンチエイジング」をイメージする人も多いでしょう。

しかし眼科医である坪田一男さんの言うアンチエイジングは、お肌のケアではありません。

レーシックをすることで老眼が良くなると、患者はみな元気になります。

このことからアンチエイジング医療に興味を持ち、日本抗加齢医学研究会を設立しました。

老化に伴う眼の病気を予防することにも繋がるアンチエイジング医療。

坪田一男さん自身も実施し、腰痛やドライアイが改善したそうです。

老眼のレーシックを行うことで「気持ちが若返る」のは、とても素晴らしいことですね。

坪田一男さんの注目されたニュースはある?

坪田一男さんは、2016年に現代社会に欠如しているバイオレット光が、近視の進行を抑制する働きがあることを発見しました。

コンタクトレンズはバイオレット光を透過するため、メガネをしている人よりも近視の進行を遅くすることができるのだとか。

このように、坪田一男さんは日々眼に関する研究を続けているのです。

まとめ

慶應義塾大学医学部教授、坪田一男さんについて紹介しました。

眼を大切に、とはよく言いますが、まさにその通り!

眼が良くなれば気持ちも明るく元気になり、それがアンチエイジングに繋がるというのは驚きです。

これからも、更なる高みを目指して研究を続けてほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
一眼レフ用語