沖せいらの出身高校はどこ?ゴルフ経歴や名前の由来も気になる!


10代の若手選手の活躍が著しい女子ゴルフで、若手に負けない活躍を見せている選手がいます。

その人とは、新人戦でプロ初優勝を飾った沖せいら選手!

女性から「カッコいい!」と圧倒的な支持を得ている沖せいら選手について、紹介していきたいと思います。

出典:http://www.sanspo.com/golf/

沖せいら選手のプロフィール

まずは簡単にプロフィールから紹介していきます。

沖せいら(おきせいら)

1992年9月25日生まれ、25歳

161cm

AB型

山口県出身

東北福祉大学卒、福岡センチュリーGC所属

沖せいら選手は2017年にプロテストに合格していますので、プロになったのは24歳。

ここ数年の傾向と比べると、若干遅咲きの選手と言えそうです。




沖せいら選手の家族について

沖せいら選手には、両親と妹さんがいます。

家族についての情報はほとんどなく、ご両親や妹さんもゴルフをしているのか?などは分かりませんでした。

ただ、「せいら」という名前をつけたのはお父さんで、珍しい名前にしたくてつけたのだそうです。

確かに、「せいら」という名前はあまり見かけませんね。

また、沖せいら選手がゴルフを始めたのは14歳のとき。

今は亡き祖母の勧めで始めたそうです。

14歳で始めるというのはやはり遅いスタートですが、そこからわずか10年でプロになるまで実力をつけているのですから、沖せいら選手にはゴルフの才能があるのでしょうね。




沖せいら選手のゴルフの経歴

沖せいら選手は、2015年末のQTで、4日間首位を守り抜くという快挙を達成しました。

また、2016年の「ほけんの窓口レディース」では、第2ラウンドのハーフでパット数「7」を出し、26年ぶりに新記録を樹立。

ゴルフを始めたのが14歳ということもあり、中学や高校の頃には目立った活躍はありません。

2017年に2度目の挑戦でプロテストに合格し、プロテスト合格者22名で争う新人戦で、見事プロ初となる優勝を勝ち取りました。

女子ゴルフといえば10代の黄金世代の活躍が目まぐるしいですが、沖せいら選手は「黄金世代の10代の選手には負けられない!」と意気込んでおり、見事その意地を見せつけてくれました。

まとめ

25歳のルーキー、沖せいら選手について紹介しました。

若手ばかりが注目されていますが、「若手ばかりじゃないんだ!」とその力強さをこれからも見せてほしいと思います。

新人戦で優勝したことを勢いに、今後の活躍にも期待したいところ。

ボーイッシュでカッコいいので、女性ファンが増えそうですね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
一眼レフ用語