健康 紫外線

紫外線対策はおしゃれなグッズや目薬で予防!

投稿日:



1年のうちで紫外線への防止対策が必要なのはいつ頃だと思われますか。

 

5月から9月にかけてが地表に降り注ぐ紫外線が強くなると言われていますが、真冬と比較すれば4月頃から紫外線は少しずつ強くなり始めているものです。

 

ちょっとでも紫外線を浴びると肌の調子が悪くなる人もいますので、程度に合わせた対応が必要です。

紫外線対策で皮膚を守る!

紫外線から皮膚を守る際には、紫外線の影響を受けた皮膚がどういった反応を示すのかをよく認識しておきたいものです。

 

紫外線は、皮膚の日焼けの原因になります。

 

日焼けが肌に及ぼす悪影響を理解する人は大勢います。

 

強い紫外線を照射されると、人間の皮膚はメラニン色素が生成されて肌が黒くなります。

 

これによって、紫外線が皮膚を透過しづらくしているのです。

 

世間で紫外線防止が声高に言われているのは、紫外線が日焼け以外にも体にいろいろな影響を及ぼすからです。

 

皮膚がんにかかりやすくなることも、紫外線の照射と関係が強いと言われています。

 

少しくらいの負担なら、何日かすると徐々に以前の状態に戻りますので、多少ならばダメージを受けても問題ありません。

 

繰り返し紫外線を浴びていると、徐々に肌へのダメージのほうが蓄積していくことになりますので、回復しきれないほど肌が傷んでしまいます。

 

皮膚がんにならないようにするには、紫外線から肌を守ることが大事になってきます。

 

日焼けなどで肌を傷めないように、強い紫外線からは肌をガードする習慣をつけたいものです。


Dr’sホワイトセラミド

紫外線から目薬で白内障予防する!

肌が日焼けしないように紫外線を防止している人は多いと思いますが、実は目にも大事なことなのです。

 

肌はUVケアをしているけれど、目に関しては気にしたことがなかったという人も少なくないと思います。

 

紫外線を長時間浴びると、白内障という目の疾患にかかる場合がありますので、紫外線の予防はとても大事なことです。

 

白内障は、眼球に存在する水晶体という部分に濁りが出るもので、視力が極端に低下します。

 

人間の目の中でも、水晶体は重要な役割を担っています。

 

透明なレンズ状の物体で、光を受けて網膜に像を造り出す役割があります。

 

水晶体に濁りが生じると目でものがよく見えなくなりますので、紫外線が目に到達しないように注意をすることは大事です。

 

紫外線の防止対策を考える季節になったら、肌だけでなく同時に目に対するケアも考えなくてはなりません。

 

目に対する紫外線防止策として、目薬やサングラス、日差しを遮るための帽子などを使用しましょう。

 

紫外線は美容にいい効果が得られませんので、外に出かける時には紫外線から身を守るための工夫が重要になります。

 

強い紫外線を浴びて日焼けをするという行為を繰り返し行うことで、肌の乾燥が進んでいきます。

 

紫外線の作用で一度皮膚が老化していますと、ハリのあるもちもちした肌になるまで時間も根気もかかり、徐々に老化が進んでいきます。

 

時間に余裕かない時ら紫外線防止にクリームをつける作業は面倒かもしれませんが、普段から気を使っておくようにしましょう。

紫外線は身体にとって必要な要素でもありますので、つり合いを考慮に含めて行動する必要があります。


小じわやシミをしっかりカバー。
1本8役 の欲ばりCCクリーム
『エバーピンク サンスクリーンα』

 

紫外線を防止するメリットとデメリットについて

最近は、紫外線をできるだけ皮膚に浴びないようにする人が多いようですので、紫外線を皮膚に照射された時に都合のいいことはないでしょうか。

 

紫外線を全く浴びないと身体に不調か現れます。

 

紫外線でも体にいい影響があります。

 

紫外線には殺菌作用があり、天気の良い日に布団を天日にさらすことが推奨されるのはそのためです。

 

晴れた日は布団を干してよく紫外線にさらすことで殺菌効果を得ることができて、気持ちよく眠ることができます。

 

強い紫外線をずっと浴びていると肌トラブルの要因になりますが、完全に紫外線をシャットアウトする必要はなく、ほどほどが大事です。

 

陽光の下で活動することで、血液の流れが良くなり、免疫力がアップしたり、新陳代謝が上がったりします。

 

人間の体は、太陽の光を浴びることで体内リズムを整えていますので、脳内物質の分泌にも効果的です。

 

強い紫外線は体によくないですが、一定の紫外線は浴びるようにしなければ、体に不調が表れる可能性があります。

 

紫外線は人間の体には欠かせないビタミンDの生成に深くかかわっていることが分かっています。

 

体内に効率的にカルシウムを取り入れ、骨の材料を確保するには、ビタミンDも必要な成分なのです。

 

紫外線を浴びすぎないように日頃から工夫することは重要ですが、それほど気にしすぎることもありません。

-健康, 紫外線

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。