サッカー スポーツ

W杯観戦で寝不足で仕事の効率低下?フレックスタイムをもっと拡大解釈

投稿日:

W杯はロシアということもあり、日本代表戦は深夜帯に行われることが多く、寝不足の毎日を過ごしている方も多いでしょう。

 

そんな中、W杯の日本代表の試合の翌日は、遅刻OK企業が出ていると言います。

 

フレックスタイムを拡大したり有給を取りやすくしたり、時間有給制度を活用したりなど、社員のことを考えている企業が多くあります。

 

さらに、寝不足で仕事をしても効率が悪くなるという意見もあり、是非うちの企業でも導入して欲しいと思います。

 

W杯だけではなく、オリンピックや世界陸上などの様々な競技の次の日は、このような配慮を行うことは、とても大切なことだと思います。

 

仕事のことを考えれば、見たくても見れず、せっかく盛り上がる機会なのに、国民の応援を必要している選手もたくさんいるのに、とても残念です。

 

2020年には東京オリンピックがあり、さらにこのような声が上がることが予測されます。

 

オリンピックを見に行きたくても、休みが取れなかったりする方も多いので、その点をうまく考えなければならないでしょう。

 

オリンピックという目的ではなく、外貨取得と考える企業も多いので、なかなかうまくいかないかもしれませんが、我らが代表戦くらいはしっかりと応援したいものです。

 

 

W杯寝不足の日々に素敵制度導入 日本代表の試合翌日「遅刻OK」の企業(東スポWeb) – Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000050-tospoweb-socc @YahooNewsTopics

ロシアW杯で、決勝トーナメント進出を決めた余韻が残る29日朝、職場で眠たい目をこすっている人も多いだろう。

そんな中、W杯のサムライブルーの試合翌日は「遅刻してもオーケー」というすてきな制度を設けた企業がある。

-サッカー, スポーツ

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。