お彼岸

お彼岸

2016年の秋のお彼岸はいつ?お彼岸って英語でどう説明する?分かりにくい熨斗はどうする?

2016年のお彼岸の日にちはいつ? お彼岸 おはぎ 秋分の日 お彼岸のお供え、手土産の時の熨斗の表書きはどうする? お彼岸を英語でいうとどうなる? お彼岸で「中日」の読み方は? 秋のお彼岸の期間はいつ? などについて調べてみました。 早いもので春分の日が終わり、あっという間に秋分の日がやってきます。 そして、お彼岸がやってきます。 今年のお彼岸はいつなのか早いうちから知っておけば、色々と準備ができますよね。 そして、お彼岸って英語でなんなの?のしはどうだったかな?というお彼岸に関する素朴な疑問に答えていきましょう。 2016年の秋のお彼岸はいつ?中日ってどう読む? 秋のお彼岸は秋分の日とその前後3日間なので、秋分の日をカレンダーで確認すれば簡単に計算できます。 2016年は9月19日に彼岸入りとなり、中日は秋分の日で9月22日です。 そして9月25日に彼岸明けとなります。 ちなみに、中日の本来の読み方は、「お中日」と書き、オチュウニチと読みます。 ナカビと読む人もいますが、ナカビだと相撲などで使う言葉で、オチュウニチは彼岸だけに使用する言葉です。 つまり、オチュウニチと言ったらお彼岸の秋分の日や春分の日というのが一発で分かるのです。
お彼岸

お彼岸のお墓参りの服装は?お供え物やお墓参りの時間などを解説します!

お彼岸の墓参りでの服装は何がいい? お彼岸の墓参りは夕方行ってもいい? お彼岸の墓参りのお供え物はどんなものがいい? お彼岸の墓参りってなぜするの? お彼岸の墓参りが雨だったら? お彼岸の墓参りの時間はいつがいい? お彼岸の墓参りの時期はいつ? について調べてみました。 お彼岸にお墓参りに行くのは、昔からの習わしだからといってしまえばそうです。 しかし、お彼岸には深い意味があります。 お彼岸は春分の日と秋分の日の日を中心にした1週間で、この日は太陽が真西に沈みます。 西は仏教でいうと極楽浄土がある方角です。 日本人は古来から豊作を自然の神様に祈る風習があり、太陽も神でした。 つまり、春分の日と秋分の日は特別な日です。 良い日なので、ご先祖様を供養するためにお墓参りをするようになったのではないかと言われています。
お彼岸

お彼岸のお供えについて。いつ何をお供えして、どうするのがマナー?

お彼岸は春と秋があります。 それぞれ春分の日と秋分の日あたりです。 お供えには名がいい?だんごでいいのか? のし袋はどれがいい? お金を包むとしたらいくら? などマナーについても調べてみました。 お彼岸の日は何をいつお供えすればいいの?というのを、子供や外国人にも分かるように説明していきたいと思います。 お彼岸のお供えはいつまでに届けるべき? お彼岸にお供えを送ったりなどでお届けする場合は、お彼岸に入る日あたりに送ります。 遅くてもお彼岸の中日という春分の日や秋分の日までには送るようにしましょう。 春のお彼岸は、春分の日の3日前後で合計7日間です。 秋も秋分の日の前後3日間で7日間なので、最初の3日間までに送るように手配するのがマナーです。 日本の行事は形式を重んじるため、お供えが遅れてしまうなんてマナー違反として後ろ指を指される事にもなるので、お供えはきっちりと遅れずに送りましょうね。 ちなみに、なぜ春分の日と秋分の日にお彼岸とするのかというと、この日は昼間と夜が半々の日だからです。
タイトルとURLをコピーしました