感染症

感染症

人食いバクテリアの2015年日本での感染原因やルート、初期症状など

2015年、日本での人食いバクテリアの感染が激増しています。人食いバクテリアとは、「A群溶血性レンサ球菌」の感染で発症します。2015年の感染者数が過去最多になっています。例えば手足に傷がつくとそこから菌が感染し、発症すると手足が壊死してしまうという。初期症状のうちに対応しないと手足の切断や、全身の臓器の不全に至り、致死率が30%以上になるといいます。また、口やのどからの感染もあり、風邪などの症状と同じなので、対策が遅れてしまう恐れがあるといいます。調査結果によると過去1999年以降、今年8月までの感染者数が過去最多の279人を超えているとのことです。感染経路は飛沫感染であり、家族内や学校および幼稚園・保育所、会社など、集団生活を行うヒトの間で広く保菌されています。
タイトルとURLをコピーしました