熱中症

熱中症

夜間熱中症の症状とは?対策と熱帯夜の快眠法について

夜間熱中症の症状とは?対策と熱帯夜の快眠法について まず、熱帯夜に快眠をとるにはどうすれば良いのでしょうか。 当然、エアコンを使うということですね。 しかし、人によってはエアコンはどうしても苦手という方もいらっしゃいます。 冷気が直接肌に当たることに耐えられない、痛い感じがするという方もいらっしゃいますよね。 そうなると頼らざるを得ないのは扇風機です。 扇風機だけを使って快適に眠れるのでしょうか。 もちろん、扇風機そのものに温度を下げる機能はありません。 でも使いようによってはかなり体感温度を下げることができます。 例えば扇風機を上向きに使って空気の対流を作るという方法があります。 さらに窓を開けられる状態でしたら、逆に窓の外に向かって部屋の空気を出すという方法もあります。
熱中症

熱中症の治療法は?子どもや高齢者は救急で輸液などの点滴を受けること

熱中症の治療法について調べてみました! 基本は、子どもや高齢者が熱中症にかかった場合は、救急で病院に搬送し輸液などの点滴治療を受けることをおすすめします。 なんの知識もなく熱中症になってしまうと、パニックになってうろたえてしまいますよね。 どうやってこの危機を乗り越えていけば良いの!?と慌ててしまう前に熱中症になってしまった時の治療法を知っておきましょう。 冷却して体温を下げていくアルコールなど方法は様々 熱中症になっているという事は、体の温度が異常に高い状況です。 そのため、体を冷却して体温を下げていくのが第一に考える治療法です。 体を冷やすためには、アイスノンや氷枕などを利用して体温を落ち着かせていきます。 脇の下や首、股の付け根などは太い血管が通っているため、そこを局部的に冷やすと効率良く冷却できます。 これは病院でやっていますが、熱中症になって応急処置で体を冷やすのにも利用できます。 冷却ジェルや氷などを利用して、首や脇、股の付け根を冷やしましょう。
タイトルとURLをコピーしました