祭り

祭り

有田陶器市2017のおすすめ戦利品は深川製磁!ちゃわん王国通り

有田陶器市2017のおすすめ戦利品は深川製磁!ちゃわん王国通り 人口1万人足らずの佐賀県西松浦郡有田町。 毎年4月29日~5月5日、この街に全国各地いや海外からも大勢の人がなだれ込みます。 その数120万~130万人ともいわれています。 これが有田陶器市なのです。
祭り

川越祭り2016の開始期間や時間について!山車のルートや交通規制は?

2016年の川越祭りの開始期間や時間について調べてみました! 山車のルートや交通規制もチェックします! 雨が降ったら中止になるの?駐車場は?絶好のおすすめスポットなどについても調べてみました! 今年も川越祭りの季節がやってきました。 なんといっても、関東3大祭の1つと言われている祭りです。 今年の開催期間、時間、それに他にもいろいろと事前にチェックしておいたほうがいいです。
祭り

岸和田だんじりの迫力はここにあり!喧嘩や事故は当たり前!

岸和田だんじりの迫力はここにあり!喧嘩や事故は当たり前!とういうことで、岸和田だんじりの魅力についてまとめてみました! 岸和田だんじりとは、大阪府岸和田市で行われているお祭りのことです。 ここでは、そんな「岸和田だんじり」についていろいろとまとめてみたいと思います! 岸和田だんじりとは? ではまず、「岸和田だんじり」とはどのようなお祭りなのかをお話しします。 お祭りの始まりは1745年頃と言われていて、今の岸城神社の夏祭りで提灯を掲げたことがきっかけになっているそうです。 だんじりというのは、お祭りのときに曳いている山車のことをいいます。 100メートルほどの綱が2本前方についていて、それを500人以上の人が引っ張って地元の町を失踪します。
祭り

岸和田だんじりの開催日程について!試験曳きも見れる!

岸和田だんじりの開催日程、開催場所や時間などについて調べてみました! 今、日本では数々のお祭りが開催されています。 特におみこしや山車を曳くようなお祭りは、昔から多くの地域で行われていますよね。 ここでは、大阪府岸和田地区で毎年行われている有名なお祭り、「岸和田だんじり」についてまとめてみたいと思います。 岸和田だんじりってどんなお祭り? まず、「岸和田だんじり」がどんなお祭りなのかを簡単に説明します。 岸和田だんじりは、毎年大阪府岸和田市北西部を中心に毎年9月に行われています。 1745年に今の岸城神社の夏祭りで多くの提灯を掲げたことが始まりだと言われています。 古くからある神社のお祭りであるため、だんじりは「豊作を願う」のとが目的であるとされています。 だんじりというのは地車のことで、前方に100メートルほどの綱を2本ひき、500人ほどで綱をひきながら地元を疾走していきます。 岸和田だんじりのだんじりは、肩棒と呼ばれるだんじりを囲う四角い木の枠がなく、車高もやや低めとなっています。 他の地域で使われているだんじりとは少し違うのです。 だんじりに施された彫刻も見事なもので、曳き以外にもだんじりの彫刻も見所のひとつだと言えます。
タイトルとURLをコピーしました