下町ロケット

下町ロケット

下町ロケット第10話(最終回)ネタバレあらすじと感想!名場面集

下町ロケット第10話(最終回)ネタバレあらすじと感想 なんとか、PMEAの認可も降りて動物実験にも成功したガウディです。しかし、最もガウディの完成を待つ聖人(庵原匠悟)の容態が芳しくないんです。一刻も早くガウディの臨床治験を目指さなくてはいけません。そして、コアハートの方にも進展がありそうです。問題はコアハートの耐久性です。大体、臨床治験の患者が亡くなったのは初期対応に誤りがあったせいだと決め付けていたんですが。それにしては患者が急変が異常に感じられたからです。ここで佃制作所からサヤマに移った中里が疑問を抱きました。実は佃製作所から設計データーを盗んだのは中里だったからです。
下町ロケット

下町ロケット第9話ネタバレあらすじと感想!コアハートの臨床実験

下町ロケットもいよいよ、大詰めに入ってきました。 ロケットから人体へ。 さらに医療関係にもぐっ切り込んだドラマ展開。思わず、ドラマに緊張感が迫ります。下町ロケット第9話ネタバレあらすじと感想ロケット部品を作っているというブランドの力を思い知らされた第9話でした。何故なら、次々と取引先から取引縮小になり窮地に陥っていました。例え、帝国とのロケット部品取引がなくなっても品質には変わりかないのです。なのに、何故、取引先から取引縮小の申し込みが殺到するのでしょう。
下町ロケット

下町ロケット第8話のネタバレあらすじと感想!第9話の予告

なんと、視聴率20.4%で現在、民放連続ドラマ1位の作品。それが下町ロケットです。やはり、日本を支えているのは大企業でなく、下町の小さな工場なんでしょうか。といっても、現在、佃製作所はそれなりに大きくなっているんですが。下町ロケット第8話のネタバレあらすじと感想とにかく、第8話スタートです。前回と比べ今回も、ガウディ計画が中心になるかと思ったんですが。 やはり、帝国重工へのコンペにスポットが当てられました。
下町ロケット

下町ロケット第7話ネタバレあらすじと感想!第8話予告

今度はロケットではなく人体です。ドラマ「下町ロケット」第7話からは人体に向けて佃製作所の挑戦が始まりました。しかも、挑戦するのは若き技術者です。その名もガウディ計画です。ガウディと呼ばれる医療機器が完成されたら多くの心臓病で苦しんでいる患者が救えるのです。しかし、そんな佃製作所の前にNASA出身の社長が率いるライバル企業が立塞がるんです。このNASA出身の社長、椎名を演じるのが小泉孝太郎です。
下町ロケット

ドラマ「下町ロケット」原作は直木賞受賞作!放送日とあらすじやみどころは?

2015年秋ドラマ「下町ロケット」が放送されます。 なんといっても原作は、池井戸潤さん直木賞受賞作の下町ロケットがドラマ化されてとても楽しみです。 といってもいくら、直木賞受賞作品といっても視聴者は原作を読んでいる人ばかりではありま...
タイトルとURLをコピーしました