LGBT

LGBT

LGBTの意味は?診断方法について

LGBTの意味は?診断方法について調べてみました! LGBTという言葉を知っている人は少ないと思います。 「新しいファッションブランド?」「流行りのファーストフード?」いいえ、違います。 LGBTとは、性的マイノリティーの人の事なんです。 このLGBTが、これからの日本の舵を取るキーワードになるのではないかと思います。 LGBTはなんの略?日本にどのくらいいる? LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字を取ったものです。 レズビアンは女性が女性を好きな事、ゲイは男性が男性を好きな事、バイセクシャルは男性も女性も好きな事、トランスジェンダーとは体と心の性が一致していない人(オネエや男装女子など。)を指します。 つまりは、男性が女性を好き、女性が男性を好きという人以外の事です。 世界では性的マイノリティーのパレードがあったりなどで理解が深いのですが、日本ではまだまだ性的マイノリティーは認知度が低いです。 認知は低いのですが、自分が性別マイノリティーだという人が日本に13人に1人はいるという統計が出ています。 また、日本の小、中、高で文科省がアンケートを取った結果、606人が自分の性に疑問を感じているという結果を出しています。 アンケート上の話なので、実際はもっと数がいるのではないかと思われています。
LGBT

LGBTとは何?今起きている問題と世界(アメリカや日本)での割合について!

LGBTとは何?今起きている問題と世界(アメリカや日本)での割合について調べてみました! 「LGBT」という言葉を聞いたことがありますか?ニュース番組や新聞などで見かける機会も増えましたが、まだまだその浸透率は低いと言わざるをえません。 ここでは、そんな「LGBT」についてまとめてみたいと思います。 LGBTとは ではまず、「LGBT」とは何のことを言うのかからお話ししていきましょう。 聞いたことのある人も、詳しい意味までは分からないという人は意外と多いものです。 LGBTとは、性的少数者を限定的に指す言葉です。 レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシャル(両性愛者)、トランスジェンダー(性同一性障害など、心と体の性の不一致)の4者のことをいいます。 この4者の頭文字をとってLGBTというのです。 LGBTは本来レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーのみを指す言葉なのですが、日本語では性的少数者(性的マイノリティー)全体を指す用語としても使われています。 昔は「性的少数者」という言葉がメインに使われていましたが、「少数」ということがすでに差別ととらえられることから、最近では「LGBT」がメインに使われるようになりました。 日本ではLGBTに対する法的制度はまだ整っていません。 一部の先進企業では、性的指向による差別を禁じる社内規定を設けているところもあるようです。
タイトルとURLをコピーしました