2015-08

産後ダイエット

産後ダイエットを成功させ激やせした篠原涼子さんからのノウハウ!

篠原涼子さん 竹内結子さん 松嶋菜々子さん。この3人の女優さんは、子育てをしながら女優業もされていますよね。3人とも産後なのに妊娠前とほとんど変わらない体型をされています。そうなんです。産後ダイエットの成功者なのです!!そして、実はそのダイエットノウハウも同じで、骨盤矯正法 なのです!!
産後ダイエット

篠原涼子さんも経験した妊娠太り! 産後 ダイエット方法とは?

あの篠原涼子さんも経験したという妊娠太り。 元に戻らなくて苦しんだことってありますか?食事療法っていったい何を食べればいいのか、いけないのかがよくわからないのです。制限はあるけれど・・・ 運動がいいといっても今までと同じ家事もあるし、子供の面倒もあり、これ以上は無理。妊娠中は体もだるく、運動といっても大変です。
産後ダイエット

篠原涼子さんも経験!妊娠中のダイエットはご法度です

篠原涼子さんが2年ぶりのドラマ主演だそうですね。妊娠、出産を経験された篠原涼子さんが産後ダイエットを成功させ、元のスタイルに戻されています。でも、妊娠中のダイエットはだめですよ!きっと聞いたことはあると思います。妊娠中はお腹の赤ちゃんにとってはとても大切な時期ですもんね。妊娠中にお母さんが偏ったダイエットをすると、体調を崩したりして赤ちゃんに影響します。
芸能

高良健吾さんの高校時代や彼女の情報・ピアスの謎について

高良健吾さんは、2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」で高杉晋作を演じています。また、主演している『きみはいい子』も絶好調なのですが、高良健吾さんが長年あこがれている場所がありました。それが、アイスランドだそうです。氷河や火山など雄大な自然で知られるアイスランドになぜ憧れていたのか。今回は高良健吾さんについて調べてみました。
スポーツ

競歩の谷井孝行選手が世界陸上で銅メダル!その経歴、プロフィールについて

2015年8月29日、世界陸上 北京大会の男子50km競歩で、谷井孝行選手が銅メダル獲得されました。そして、荒井広宙選手も4位入賞されています。世界陸上での日本人選手のメダル獲得第1号となりましたね。また日本競歩界でも世界陸上でのメダル獲得は初じめてとなる大快挙です。
スポーツ

男子ハンドボール日本代表監督岩本真典氏のプロフィールや評判

男子ハンドボール日本代表チームが低迷しています。2014年の9月の仁川アジア大会では、男子が史上最低の9位で終わっていて、その時の監督松井幸嗣氏が引責辞任されました。オリンピックに関しては、1988年のソウル大会以降、ハンドボール日本代表は、出場していません。日本代表を再建するため岩本真典氏が監督に就任されましたが、日本ハンドボールの復活なるのか調べてみました。
スポーツ

上地結衣選手は二分脊椎障害を克服しテニス世界ランキング1位に!

今、テニスブームがすごいことになっています!錦織圭選手の活躍が世界の注目を一手に集め、ブームを引っ張っているのはもちろんですが、もうひとり世界から注目されているテニスプレーヤーがいます。それは、車いすテニスプレイヤー女子の上地結衣選手です。強い、圧倒的に強いんです。今回は、世界ランキングも1位となった上地結衣選手について調べてみました。
おんな城主直虎

2017年大河ドラマ『おんな城主直虎』主演は柴咲コウ脚本森下佳子

2017年のNHK大河ドラマは、『おんな城主 直虎』が放映されます。主演は、柴咲コウさん。演じる役名は、井伊直虎という女性で城主となった方です。脚本は、森下佳子さんが担当するらしいので、これまでヒットした『世界の中心で、愛をさけぶ』『JIN‐仁‐』『天皇の料理番』など大ヒット作品がズラリですね。戦国時代の遠江、今の静岡県でのちに徳川家康の右腕となった井伊直政を育てた養母の役です。
イタズラなKiss

美沙玲奈(びされいな)「イタズラなKiss」の映画出演!プロフィールについて

少女コミック「イタズラなKiss」の映画化が決まりました。 映画「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」のキャストも発表されています。 主演は、劇団EXILEの佐藤寛太さんと女優の美沙玲奈さんのW主演だとか。 この映画初主演の二人ですが、今回は美沙玲奈さんについて調べてみました。
感染症

人食いバクテリアの2015年日本での感染原因やルート、初期症状など

2015年、日本での人食いバクテリアの感染が激増しています。人食いバクテリアとは、「A群溶血性レンサ球菌」の感染で発症します。2015年の感染者数が過去最多になっています。例えば手足に傷がつくとそこから菌が感染し、発症すると手足が壊死してしまうという。初期症状のうちに対応しないと手足の切断や、全身の臓器の不全に至り、致死率が30%以上になるといいます。また、口やのどからの感染もあり、風邪などの症状と同じなので、対策が遅れてしまう恐れがあるといいます。調査結果によると過去1999年以降、今年8月までの感染者数が過去最多の279人を超えているとのことです。感染経路は飛沫感染であり、家族内や学校および幼稚園・保育所、会社など、集団生活を行うヒトの間で広く保菌されています。
タイトルとURLをコピーしました