友達でいたい!告白の断り方フレーズ集【例文70選】シチュエーション別 | アクティブなライフスタイルにぴったりの遊び心が詰まったトレンド情報!

友達でいたい!告白の断り方フレーズ集【例文70選】シチュエーション別

プロモーションを含みます

恋愛
この記事は約23分で読めます。
スポンサーリンク

告白されたけど、「友達でいたい、でもどう伝えたらいいのかな?」

そんな悩みを抱えているあなたへ。

心から大切に思う友達としての関係をこれからも続けていきたい。

そんな時、どんな言葉を選べばいいのか、迷うよね。

この記事では、そんなあなたのために、告白の断り方の例文をたくさん集めてみたよ。

中学生から高校生、さらにアラサーの大人まで、幅広い年代に対応するフレーズ集を用意してるんだ。

卒業式、バレンタインといった特別なイベントの時、ネッ友やマッチングアプリで知り合った人、職場や学校での日常的な状況での断り方、さらにはさまざまな理由で恋愛感情を持てない時の言葉選びまで。

面白いけど心が温まる、そんなフレーズをピックアップしてみました。

LINEや電話、手紙での断り文も忘れずにね。

友達としての絆をこれからも大切にしていきたい、そんな気持ちが伝わるように、心を込めて選んだ言葉たち。

この記事が、あなたが大切な人との関係をこれからも続けていくための一助になれば嬉しいな。

この記事のポイント
  • 友達としての関係を維持しつつ告白を断る方法
  • 様々なシチュエーション別の具体的な断り方の例文
  • 相手の気持ちを尊重しながら誠実に伝える重要性
  • LINEや手紙など、異なるコミュニケーション手段を使った断り方
スポンサーリンク

異性からの告白で相手を傷つけずに断る方法

異性からの告白で相手を傷つけない断り方とは?

ここでは、相手を傷つけない断り方の例文を5つ提案します。
男性向け女性向けにそれぞれ語尾も自分でアレンジしてみてくださいね。

「本当にありがとう。あなたの気持ち、とても嬉しいよ。でも、私は今、自分自身のことで精一杯で…。友達としてなら、これからも仲良くしていけたらと思うんだ。」

「こんなに素敵な気持ちを伝えてくれて、感謝しているよ。ただ、恋愛感情には応えられないんだ。だけど、これからも変わらず友達でいてくれると嬉しいな。」

「勇気を出して告白してくれてありがとう。君の気持ちは本当に価値があるよ。でも、私は今、恋愛よりも他のことに集中したいんだ。」

「あなたからの告白、心から感謝しているよ。でも、私たちは友達として最高だと思うんだ。この関係をこれからも大切にしていきたいな。」

「素直な気持ちを伝えてくれてありがとう。とても光栄だよ。ただ、私は恋愛の感情を持つ準備ができていないんだ。でも、友達としてこれからもよろしくね。」

告白を受けることは、誰かに大切に思われている証拠ですよね。

でも、その気持ちに応えられない時、相手を傷つけないよう断ることはすごく難しい。

大事なのは、相手の勇気を尊重すること。

直接、落ち着いた環境で話すことが理想的だよ。

感謝の気持ちを伝えつつ、「友達としての関係を大切にしたい」という本心を優しく伝えるんだ。

断る理由は、具体的過ぎず、相手が自尊心を傷つけられないよう配慮することがポイント。

例えば、「今は誰かと付き合うことを考えられない状況なんだ」とか、「自分自身のことで精一杯で、恋愛に気持ちを向けられない」といった感じでね。

男友達からの告白への断り方を教えて

ここでは、告白してくれた男性に向けての断り方の例文を5つ提案します。

「本当にありがとう、〇〇くんのような友達を持てて幸せだよ。でも、私たちは友達としてが一番だと思うの。」

「勇気を出して言ってくれて、本当に嬉しいわ。ただ、私は今、恋愛よりも友情を大切にしたいの。」

「いつも支えてくれてありがとう。〇〇くんの気持ち、とてもありがたいわ。でも、私たちは友達としてこれからも大切にしていけたらと思うの。」

「〇〇くんからの告白、真剣に受け止めたわ。でも、私には恋愛感情は芽生えなかったの。友達としての絆をこれからも大切にしたいわ。」

「こんなに大切な気持ちを伝えてくれてありがとう。でも、私たちは友達としてが一番合ってると思うの。これからもその関係を続けていけたら嬉しいわ。」

男友達からの告白は、友情と恋愛の間で複雑な感情を抱かせるもの。

断り方一つで、長年の友情が壊れてしまうこともあるから、慎重にならないといけないよね。

まずは、彼の勇気を認めて、感謝を示そう。

「本当にありがとう。〇〇君からそう言ってもらえるのは嬉しいよ」と始めるのがいいかも。

そして、「でも、私たち友達としてこれからも大切にしていきたいの」というように、自分の気持ちを正直に伝えることが大切だよ。

相手の感情を尊重しつつ、自分の感情も正直に伝える。

難しいけど、これが二人の関係を守る秘訣だよ。

女友達からの告白への断り方はどう?

ここでは、女性の友人からの告白への断り方の例文を5つ提案します。女友達からの告白を断る時は、特にその後の友情を維持するために細心の注意が必要だよ。

「あなたからこんな気持ちを聞けて、本当に嬉しいよ。でも、僕には恋愛感情はわかないんだ。友達としてこれからも仲良くしてほしいな。」

「心からの告白、とても感謝しているよ。ただ、僕たちは友達としてが一番だと思うんだ。」

「いつも一緒にいてくれてありがとう。〇〇さんの気持ち、大切に思うよ。でも、僕は今、恋愛よりも友情を大事にしたいんだ。」

「〇〇さんからの告白、真剣に考えたよ。でも、僕たちは友達としてこれからも大切にしていけたらと思うんだ。」

「こんなに素敵な気持ちを伝えてくれて、心から感謝してる。ただ、僕たちは友達としてが一番合ってると感じているんだ。これからもその関係を続けていけたら嬉しいな。」

直接会って話すのがベストだけど、場所はプライベート過ぎず、二人きりでも周りに人がいる程度のところがいいね。

感謝の気持ちを伝えることから始めて、「君のことは大切な友達としてしか見られないんだ。ごめんね」という風に、優しくでもはっきりと自分の気持ちを伝えよう。

友達として価値を見出していること、これからも変わらずにいたいという想いを伝えることが、相手を尊重し、二人の関係を守ることに繋がるんだ。

ネッ友からの告白の断り方について

ここでは、ネットでの友達からの告白への断り方の例文を5つ提案します。ネットの友達からの告白は、直接顔を合わせるわけではないから、断り方にも工夫がいるよね。

男性向け女性向けにそれぞれ語尾も自分でアレンジしてみてくださいね。

「メッセージをくれてありがとう。〇〇君(さん)の気持ち、本当に嬉しいよ。でも、私は恋愛感情よりも、今は友情を大事にしたいんだ。」

「勇気を出して伝えてくれて、心から感謝しているよ。ただ、僕には恋愛感情はわかないんだ。でも、ネット友達としてはこれからもよろしくね。」

「こんなに素敵な気持ちを伝えてくれてありがとう。でも、私たちはネットでの友達関係をこれからも大切にしていけたらと思うんだ。」

「あなたからの告白、真剣に受け止めたよ。でも、私には恋愛感情は芽生えなかったんだ。ネット友達としての絆をこれからも大切にしたいな。」

「こんなに大切な気持ちを伝えてくれてありがとう。でも、私たちはネットでの友情をこれからも続けていけたらと思うんだ。」

LINEやメールなど、通常のコミュニケーション手段を使って、心を込めて返信しよう。

「あなたからのメッセージはいつも楽しみにしてるよ。でも、恋愛感情には応えられないんだ。友達としてこれからもよろしくね」というように、感謝と理解を求めるメッセージを。

オンラインだと相手の反応が直接見えないから、言葉選びには特に気を付けて、誤解されないようにしようね。

友情を大切にしつつ、正直な気持ちを伝えるバランスが大切だよ。

学生からの告白を上手に断るコツは?

告白の断り方:高校生編

高校生活は感情が揺れ動きやすい時期だから、クラスメイトや友達からの告白を断る時は、特に慎重にならなきゃいけないよね。先輩、後輩からの告白への断り方の例文を5つ提案します。男性向け女性向けにそれぞれ語尾も自分でアレンジしてみてくださいね。

「告白してくれて本当にありがとう。〇〇君(さん)のことは友達として大切に思ってる。でも、恋愛感情にはなかなか進めないんだ。これからも良い友達でいられたら嬉しいな。」

「こんなに大事な気持ちを伝えてくれて、心から感謝してるよ。ただ、私は今、恋愛よりも勉強に集中したいんだ。でも、友達としてこれからも支え合えたらと思う。」

「勇気を出して告白してくれてありがとう。でも、正直に言うと、私は恋愛よりも他のことを優先したいと思っているんだ。友達としてはこれからも一緒に楽しい時間を過ごしたいよ。」

「〇〇君(さん)からの告白、すごく嬉しかったよ。ただ、私にはまだ恋愛をする余裕がないんだ。これからも変わらずに良い友達でいてほしいな。」

「本当に心からの告白、ありがとね。〇〇君(さん)の勇気、とても尊敬してる。ただ、私は今、恋愛に踏み出す準備ができていないんだ。友達としてこれからも仲良くしてくれると嬉しい。」

まず、相手の勇気を称えつつ、自分の気持ちを正直に伝えることが大切。

「すごく勇気がいったと思うし、本当に嬉しい。でも、私は今、勉強や部活で忙しくて、恋愛に気を取られる余裕がないんだ」というように、断る理由を具体的に話すのが良いかも。

もちろん、「友達としてはこれからもよろしくね」と友情を大事にする気持ちも忘れずに。

高校生同士の関係は、周りの目も気になるから、周囲には配慮しつつ、二人で解決できるよう心掛けようね。

告白の断り方:中学生編

中学生の時は、恋愛に対する理解もまだまだ発展途上だから、告白を断る時は相手の感情を傷つけないよう特に注意が必要だよ。以下に断り方の例文を5つ提案します。こちらも男性向け女性向けにそれぞれ語尾も自分でアレンジしてみてくださいね。

「告白してくれて、とても嬉しいよ。でも、今は勉強が一番大切だと思っていて、恋愛にはまだ早いかなと。これからもクラスメイトとして仲良くしてほしいな。」

「本当に勇気がいることをしてくれてありがとう。〇〇君(さん)の気持ち、すごく伝わってきたよ。でも、私は恋愛よりも友達との時間を大切にしたいんだ。」

「こんなに素直な気持ちを聞かせてくれて、感謝してる。ただ、私は今、自分自身のことで精一杯で、恋愛を考える余裕がないんだ。友達としてこれからもよろしくね。」

「〇〇君(さん)からの告白、真剣に考えたよ。でも、私たちはまだ中学生だし、今は恋愛よりも他のことに集中したいと思うんだ。これからも良い友達でいてくれたら嬉しい。」

「告白してくれてありがとう。〇〇君(さん)のことはすごく尊敬しているし、友達としては大好きだよ。ただ、恋愛はちょっと…。これからもクラスメイトとして、支え合えたらと思う。」

直接話すのが一番だけど、言葉選びには気をつけよう。

「とても光栄だけど、今はお互い勉強が一番大切だと思うから、恋愛よりも友達として支え合いたいね」というように、勉強を理由にすることで、相手も納得しやすいかもしれない。

そして、「これからも友達として仲良くできたら嬉しいな」と友情を大切にする気持ちを伝えることが大事。

中学生は特に、友達の間の噂話やグループ内の雰囲気も敏感になるから、周りに配慮しつつ、慎重に行動しようね。

卒業式での告白の断り方

卒業式は、感傷的になりがちな特別な日。そんな日でも断るべきときには誠意を持ってお断りしましょう。以下に断り方の例文を5つ提案します。こちらも男性向け女性向けにそれぞれ語尾も自分でアレンジしてみてくださいね。

「卒業式にこんな大切な気持ちを伝えてくれてありがとう。とても特別な瞬間だね。ただ、私たちの新しいスタートに向けて、友達として支え合っていきたいと思うんだ。」

「今日みたいな記念すべき日に告白してくれて、心から感謝するよ。でも、これから先、お互いに新しい道を歩むことを考えると、友達のままでいることが一番だと思うんだ。」

「卒業式での告白、本当に勇気がいったと思う。ありがとう。ただ、私はこれからの変化に向けて自分自身を見つめ直したいと思っていて、今は恋愛を考えるタイミングではないの。」

「こんな特別な日に、〇〇君(さん)の気持ちを聞かせてくれて嬉しいよ。ただ、卒業後の新生活では、お互いに成長できるように、友達としての絆を大切にしていきたいんだ。」

「今日のような思い出深い日に告白してくれて、本当にありがとね。〇〇君(さん)の気持ち、しっかり受け止めたよ。でも、新しいステージに向かって、私たちは友達としてお互いを応援し合う関係を保っていきたいな。」

卒業式に告白をされると、その瞬間の雰囲気に流されやすいけど、自分の本心に正直でいることが大切だよ。

「今日みたいな大切な日に、こんなに素敵な気持ちを伝えてもらえて、本当に嬉しいよ。でも、卒業後は新しい環境が待っているし、今はその準備に集中したいんだ」という風に、感謝と共に自分の立場を説明しよう。

卒業後の関係も考慮して、「でも、友達としてならこれからもよろしくね」と続けることで、相手に対しても配慮した断り方ができるね。

生徒から先生への告白の断り方

先生に生徒から告白される場合は、非常にデリケートな状況。プロフェッショナルとして、生徒の感情を尊重しつつ、適切な距離感を保つことが重要だよ。

「あなたの気持ち、とても嬉しく思うよ。〇〇君(さん)の勇気には心から感謝している。でも、先生と生徒という関係はとても大切で、その線を越えることはできないんだ。これからも〇〇君(さん)の成長をサポートするために、良い関係を続けていきたいね。」

「告白してくれて、本当にありがとう。〇〇君(さん)の思いやりと勇気は、私にとっても大きなプレゼントだよ。ただ、私たちにはそれぞれの立場があるから、恋愛関係にはなれないんだ。でも、これからも〇〇君(さん)のことを応援しているからね。」

「〇〇君(さん)からこんなに真剣な気持ちを聞かせてもらえて、感欝しているよ。しかし、先生としての責任を考えると、私たちは友達以上の関係には進めないんだ。〇〇君(さん)のことはこれからも応援していくから、勉強などで困ったことがあったらいつでも相談してね。」

「〇〇君(さん)の勇気ある行動には心から敬意を表するよ。でも、私たちの関係は先生と生徒という特別なもので、それを超えることは適切ではないんだ。これからも〇〇君(さん)の良き指導者でありたいと思っているから、一緒に頑張ろうね。」

「今日の告白、深く受け止めたよ。〇〇君(さん)の気持ちを大切に思うからこそ、正直に答えさせてもらうね。私たちは先生と生徒として、最も適切な関係を保つべきだと思うんだ。これからも〇〇君(さん)の学びの旅をサポートしていきたいから、どんな小さなことでも相談しておいで。」

「あなたの勇気をとても尊敬するよ。でも、先生と生徒という関係上、私たちがそのような関係になることは適切ではないんだ」というように、役割の違いを説明することが必要

さらに、「あなたの成長をこれからもサポートしていくよ」というように、教育者としての立場を強調し、生徒を導く側としての責任感を持つことが大切だよ。

教師と生徒の関係は、特に注意深く扱う必要があるから、慎重に対応しようね。

好みではない人からの告白の対処法は?

タイプじゃない人からの告白:断り方はどうする?

好みではない人からの告白に対しては、誠実さと優しさを持って断ることが大事だよ。以下に断り方の例文を5つ提案します。相手に応じてそれぞれ語尾も自分でアレンジしてみてくださいね。

「本当に心からの告白、ありがとう。でも、正直なところ、私たちはお互いにとって最高のパートナーではないかもしれないね。友達としてこれからも楽しい時間を共有できたらと思うよ。」

「〇〇君(さん)の気持ち、とても嬉しいよ。ただ、私は恋愛感情を持つには至らなかったんだ。でも、これからも変わらずに良い友達でいてほしいな。」

「告白してくれて、本当にありがとね。〇〇君(さん)のような素晴らしい人からの気持ちは、とても特別だよ。でも、私自身、恋愛の気持ちにはなれないんだ。これからも仲良くしてくれたら嬉しいよ。」

「こんなに大切な気持ちを伝えてくれて、感激してる。ただ、私には恋愛感情がわかないんだ。友達としてはこれからも素敵な関係を続けていけたらと思う。」

「〇〇君(さん)からの告白、深く考えさせられたよ。でも、私は恋愛的な感情を抱くことができなかったんだ。これからも変わらずに良い友達でいられたらと思ってる。」

相手が勇気を出して告白してきたことを尊重しつつ、「君のことはとても尊敬しているし、友達としては大好きだよ。でも、恋愛感情を持つっていうのは、また別の話なんだ」というように、はっきりとした表現を使うことが重要。

この時、相手を傷つけないように、「タイプじゃない」という表現は避けて、「恋愛の感情を抱くには至らなかった」と柔らかく伝えると良いかもしれないね。

大切なのは、相手の自尊心を保ちつつ、自分の気持ちを正直に伝えること。

このバランスを心掛けよう。

断り方はきっぱりとしよう!でもポイントは・・・

時には、相手に対してきっぱりと断る必要がある場合もあるよね。これは特に、相手が何度もアプローチしてくる場合や、自分の気持ちが全く動かないことが明確な時に必要だよ。

「〇〇君(さん)の気持ちはしっかり受け止めたよ。しかし、私は恋愛感情を持つことができないんだ。はっきり言ってしまうことが、お互いのためだと思う。」

「告白してくれて、本当にありがとね。でも、私からはっきり言わせてもらうと、恋愛の気持ちを持つことはないんだ。これからも友達としてよろしくね。」

「真剣な気持ちを伝えてくれてありがとう。ただ、私は恋愛感情を抱くことができないと感じているんだ。きっぱりとした答えを出すことが、正直な態度だと思う。」

「〇〇君(さん)からの告白、真剣に考えたよ。でも、残念ながら、私は恋愛的な感情を持つことはないんだ。これからも変わらず、良い友達でいたいと思ってる。」

「心からの告白、感謝しているよ。しかし、私から直接言うと、恋愛感情には応えられないんだ。友達としてはこれからもよろしくお願いするね。」

「正直に言うね、私は恋愛的な感情を持つことができないんだ。だから、これ以上の期待をしてもらうのは難しいよ」というように、はっきりと自分の気持ちを伝えることが大切。

この場合も、相手の勇気を評価する言葉を最初に加えると良いね。

「君の気持ちは本当にありがたいし、勇気ある行動だと思うよ。でも、私の答えは変わらないんだ」と付け加えることで、相手に対する敬意も忘れずに。

気持ちは嬉しいことを伝えよう!

告白を断る時でも、「気持ちは嬉しい」と伝えることは、相手にとって大きな慰めになるよ。ここでは、嬉しいけど今はお断りせざるを得ないという断り方の例文を5つ提案します。こちらも男性向け女性向けにそれぞれ語尾も自分でアレンジしてみてくださいね。

「〇〇君(さん)からこんな気持ちをもらえて、本当に嬉しいよ。でも、正直に言うと、恋愛感情は芽生えなかったんだ。だけど、〇〇君(さん)との友情はこれからも大切にしたいな。」

「告白してくれて、心から感謝するよ。〇〇君(さん)のように素敵な人から思われるのは、とても光栄だ。ただ、私の心は恋愛に進む準備ができていないんだ。友達としてこれからも支えあえたらと思ってる。」

「こんなに素直な気持ちを聞かせてくれて、ありがとね。すごく嬉しい。でも、恋愛の気持ちには応えられないんだ。これからも、変わらずに友達でいてくれたら嬉しいよ。」

「〇〇君(さん)からの告白、すごく嬉しかったよ。ただ、残念ながら恋愛感情にはなれなかったんだ。でも、〇〇君(さん)のことはとても大切に思ってるから、これからも友達として仲良くしてほしいな。」

「本当にありがとう。〇〇君(さん)の気持ちをもらえるのは、すごく特別なことだと思う。でも、私は恋愛という形で応えることはできないんだ。友達としての絆をこれからも大切にしていきたいよ。」

「君からそんな風に思ってもらえるのは、本当に嬉しいよ。そう言ってもらえるのは、とても光栄だね」と始めることで、相手の気持ちを尊重した上で、「でも、ごめんね、私は恋愛感情を持つまでには至らないんだ」と優しく、しかし明確に自分の気持ちを伝える。

このように、相手の告白を価値あるものとして扱いつつ、自分の気持ちには正直であることが、相手に対する最大の配慮となるんだ。

バレンタインのときに告白された時の断り方

バレンタインのような特別な日に告白を受けると、断り方一つで相手の心に深い傷を残す可能性があるから、特に注意が必要だよ。以下にバレンタインの日に告白されたときの断り方の例文を5つ提案します。

「バレンタインにこんなに素敵な気持ちを伝えてくれて、本当に感謝してるよ。〇〇さんの勇気と思いやりには心から感動した。ただ、僕からは恋愛感情を持つことができなかったんだ。これからも良い友達でいてくれたら嬉しいな。」

「今日のような特別な日に告白してくれて、本当にありがとね。〇〇さんの気持ちはすごく嬉しいよ。でも、僕は恋愛的な感情を抱けないんだ。友達としてはこれからも大切にしたいと思ってる。」

「バレンタインに告白してくれるなんて、すごく勇気がいったと思う。ありがとう。ただ、残念ながら僕からは恋愛感情にはなれなかったんだ。これからも変わらず、良い関係を続けていけたらと思ってるよ。」

「こんな特別な日に、〇〇さんからの告白を受け取れて、とても特別な気持ちになったよ。しかし、僕は恋愛感情を持つことができないんだ。友達としてこれからも支えあえたら嬉しいな。」

「バレンタインデーに告白してくれて、心から感謝するよ。〇〇さんの思いやりには感動したよ。でも、恋愛感情を持つには至らなかったんだ。友達としての関係をこれからも大切にしていきたいね。」

「今日みたいな特別な日に、こんな素敵な気持ちを伝えてもらえて、本当に嬉しいよ。君の思いやりには感謝してる」と感謝の意を示した上で、「でも、残念ながら、僕は恋愛感情を持つには至らなかったんだ。これからも友達として、素敵な関係を続けていけたらと思うよ」という形で、優しく断ることが大事。

バレンタインのような日は、相手も期待をしているから、できるだけ相手の感情を尊重し、優しい言葉を選ぶことが重要だね。

LINEでの告白への断り方:高校生編

高校生になると、感情の深みも一層増してくるから、LINEでの告白もそれなりに真剣度が高くなるよね。だからこそ、告白を断る時はさらに慎重に、そして相手の気持ちを尊重する姿勢を忘れずにいたいものだ。

以下に断り方の例文を5つ提案します。長文の例文も提示してます。語尾も自分でアレンジしてみてくださいね。

「告白してくれて、LINEでのメッセージ、しっかり受け止めたよ。〇〇君(さん)のことは友達としてとても大切に思ってる。ただ、恋愛感情にはなれないんだ。これからも良い友達でいてくれたら嬉しいな。」

「LINEでこんなに大切な気持ちを伝えてくれて、ありがとう。〇〇君(さん)の勇気には感動したよ。でも、私は恋愛に対してはまだ準備ができていないんだ。友達としてこれからも支えあえたらと思ってる。」

「〇〇君(さん)からの告白、LINEで読んで、すごく考えさせられたよ。ただ、残念ながら私からは恋愛感情を持つことができなかったんだ。でも、これからも変わらずに良い友達でいてほしい。」

「LINEで告白してくれるなんて、本当に勇気がいったと思う。ありがとう。ただ、私は恋愛感情を抱けないんだ。友達としてこれからも一緒に楽しい時間を過ごしていきたいな。」

「こんなに真剣な気持ちをLINEで伝えてくれて、とても特別だと感じてるよ。しかし、私は恋愛感情には応えられないんだ。これからも、変わらず良い関係を続けていけたら嬉しいよ。」

長文の例文:

「〇〇くんからの告白、真剣に受け止めて、いろいろ考えたよ。本当に心からの言葉、ありがとう。〇〇くんのことは、友達としてとても大切に思っているし、この気持ちを伝えてくれたことも、すごく嬉しいんだ。でも、正直に言うと、私は今、恋愛をする気持ちにはなれないの。高校生活は勉強や将来のことで頭がいっぱいで、恋愛に心を向ける余裕がないんだ。それに、〇〇くんとは友達としてこれまで通り支え合っていけたら、と思っているの。ごめんね、こんな答えで。でも、これからも〇〇くんのことは変わらず大切に思っているから、友達としてこれからもよろしくね。」

高校生の場合は、将来の夢や目標に向かって努力する姿勢など、自分の考えをしっかり伝えることも大事。

それでいて、相手を傷つけないように配慮した言葉選びを心がけることが、良い関係を続けていく秘訣だよ。

LINEでの告白への断り方:中学生編

LINEでの告白は、中学生にとっては手軽で気軽な方法かもしれないけれど、返事をする側にとってはその気持ちをどう優しく伝えるか、かなり悩ましい問題だよね。以下に断り方の例文を5つ提案します。こちらも男性向け女性向けにそれぞれ語尾も自分でアレンジしてみてくださいね。

「メッセージで告白してくれて、ありがとう。〇〇君(さん)の気持ち、すごく嬉しいよ。でも、私は今、恋愛よりも勉強に集中したいと思ってるんだ。友達としてこれからもよろしくね。」

「LINEでこんなに大切な気持ちを伝えてくれて、感激してる。ただ、私からは恋愛感情を持つことができないんだ。でも、クラスメイトとしてこれからも仲良くしてくれたら嬉しいな。」

「〇〇君(さん)からの告白、LINEで読んで、真剣に考えたよ。でも、正直に言うと、恋愛の気持ちにはなれないんだ。これからも友達として支え合っていけたらと思ってる。」

「LINEで告白してくれて、本当にありがとね。〇〇君(さん)の勇気、すごく尊敬してる。ただ、私は恋愛感情を抱けなかったんだ。これからも変わらず、良い友達でいてくれると嬉しいよ。」

「こんなに素直な気持ちをLINEで伝えてくれて、とても感謝してる。でも、私は今、恋愛よりも他のことに集中したいと思っているんだ。友達としてこれからも一緒に楽しいことをたくさんしていきたいね。」

特に中学生の時期は、人との関係がとてもデリケートになりがちで、言葉一つ一つが相手の心に深く影響を与えるから、断り方には本当に気をつけないといけないんだ。

長文の例文:

「〇〇くんからのメッセージ、しっかりと読ませてもらったよ。こんなに真剣な気持ちを打ち明けてくれて、本当にありがとう。君の勇気、すごく尊敬しているんだ。でも、ごめんね、私は今、恋愛よりも勉強や友達との関係を大切にしたいと思っているの。だから、〇〇くんの気持ちに応えることはできないけれど、これからもクラスメイトとして、また友達として、変わらずに接していけたらと思っているわ。お互い、これからも学校生活を楽しんでいこうね。」

 

このように、相手の気持ちをしっかり受け止めた上で、自分の現在の優先事項が何かを優しく説明することが大切。

また、これからも変わらず友達として接していきたいという意志を伝えることで、相手も自分もこれからの関係を前向きに捉えられるようになるんだ。

まとめ

いかがだったでしょうか。この記事のポイントをまとめてみました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

この記事のポイント12選
  • 相手の気持ちを尊重することが重要
  • 直接対話が難しい場合は、LINEなどのメッセージアプリを活用
  • 友達としての関係を大切にしたい旨を明確に伝える
  • 恋愛感情には応えられない理由を優しく説明
  • 中学生、高校生は勉強や将来の夢を優先する姿勢を示す
  • 相手の勇気を称え、感謝の意を表す
  • 友達としてこれからも変わらず接する意志を伝える
  • 恋愛感情を持てないことをはっきりと伝える
  • 断りの言葉選びには特に注意を払う
  • LINEでの断り方には、メッセージの内容とトーンが重要
  • 将来の関係性を考慮し、ポジティブな関係維持を目指す
  • 相手を傷つけないよう慎重に対応する

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました