ベンツは盗難されにくい?メルセデスのセキュリティが優れている理由とは? | アクティブなライフスタイルにぴったりの遊び心が詰まったトレンド情報!

ベンツは盗難されにくい?メルセデスのセキュリティが優れている理由とは?

プロモーションを含みます

mercedes 車情報
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

今回は、ベンツはなぜ盗難されにくいのか、メルセデスのセキュリティについて調べてみました。

ベンツは高級車の代名詞ですが、それだけに盗難のターゲットになりやすいと思われがちです。

しかし、実はベンツ盗難されにくい車ランキングで1位になっているんです!その理由は何なのでしょうか?

スポンサーリンク

ベンツは盗難されにくい車ランキング1位!その理由は?

ベンツは盗難されにくい車ランキングで1位になっています。

これは、メルセデスが独自に開発した高度なセキュリティシステムのおかげです。

メルセデスのセキュリティシステムは、以下のような特徴を持っています。

  • キーレスゴー機能:ドアやトランクを開けるときに鍵を持っているだけでOK。鍵を挿さなくてもエンジンをかけられる。
  • イモビライザー機能:鍵と車両のコンピューターが無線で通信して認証する仕組み。鍵以外のものではエンジンをかけられない。
  • アラーム機能:ドアや窓が不正に開かれたり、車両が動かされたりしたときに警報音とライトで知らせる。
  • テレマティクス機能:GPSや通信機器を使って、車両の位置や状態をリアルタイムで確認できる。盗難された場合には、警察や保険会社と連携して追跡や停止ができる。

これらの機能は、メルセデスの全ての車種に標準装備されています。

また、オプションでさらに強化することもできます。これらのおかげで、ベンツは盗難されにくい車になっているのです。

>>ガリバーの中古車販売

盗難対策とは?

メルセデスのセキュリティシステムは非常に優れていますが、それでも万が一のことを考えて、さらに盗難対策をすることが大切です。

ベンツの盗難対策としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 鍵を常に持ち歩く:鍵を車内や外部に置き忘れたりしないように注意する。鍵を紛失した場合には、すぐにメルセデスに連絡して新しい鍵を発行してもらう。
  • 車両番号やナンバープレートを記録する:車両番号やナンバープレートを写真やメモなどで記録しておく。盗難された場合には、警察や保険会社に提供する。
  • 駐車場や路上での駐車に注意する:駐車場や路上で駐車するときには、できるだけ人通りの多い明るい場所を選ぶ。ドアや窓をしっかりロックし、貴重品や目立つものは持ち去るか隠す
  • 盗難防止グッズを使う:ハンドルロックやホイールロックなどの盗難防止グッズを使うと、盗難の抑止力になる。ただし、これらはメルセデスのセキュリティシステムと干渉しないものを選ぶこと。

盗難防止装置にはどんなものがある?

メルセデスのセキュリティシステムは標準装備ですが、オプションでさらに強化することもできます。

ベンツの盗難防止装置には、以下のようなものがあります。

  • ナイトビジョンアシスト:暗闇での視認性を高めるカメラとディスプレイを備えた装置。夜間や悪天候での運転時に、人や動物などの障害物を赤く表示する。
  • パークトロニック:前後に設置されたセンサーで周囲の障害物を検知し、音や表示で知らせる装置。駐車時や狭い道での運転時に便利。
  • バックアップカメラ:後方に設置されたカメラで後方の映像をディスプレイに表示する装置。バック時や後方確認時に役立つ。
  • ブラインドスポットアシスト:サイドミラーに設置されたレーダーで後方の死角を検知し、ランプや警告音で知らせる装置。車線変更時や追い越し時に安全性を高める。
  • レーンキーピングアシスト:カメラとセンサーで道路上の白線を認識し、車線から外れそうになったときにハンドルを振動させて知らせる装置。注意力が散漫になったときに効果的。

これらの装置は、ベンツは盗難されにくいだけでなく、運転時の安全性や快適性も向上させます。

メルセデスでは、これらの装置をパッケージとして購入することもできます。

>>カーセンサー.net簡単ネット査定

盗難保険の種類と補償内容は?

ベンツを購入する際には、必ず自動車保険に加入する必要があります。

自動車保険には、任意保険と自賠責保険がありますが、盗難に関する補償は任意保険に含まれます。

任意保険には、損害賠償責任保険(対人・対物)、車両保険(全損・部分損)、人身傷害保険(運転者・乗員)、無保険車傷害保険などがありますが、盗難に関する補償は車両保険に含まれます。

車両保険は、自分の車が事故や火災、自然災害などで損傷した場合に補償してくれる保険ですが、盗難された場合も補償してくれます。

ただし、車両保険には全損と部分損の2種類があります。

全損とは、修理費用が現在価値を超える場合や修理不能な場合を指し、部分損とは、修理費用が現在価値以下で修理可能な場合を指します。

全損の場合は、現在価値(時価)を基準に補償されますが、部分損の場合は、修理費用を基準に補償されます。

つまり、部分的に盗難された場合は、その部品の修理費用しか補償されないということです。

また、車両保険には免責金額というものがあります

。免責金額とは、自分で負担しなければならない最低限の金額で、一般的には5万円から10万円程度です。

つまり、免責金額以下の損害は自己負担となります。

例えば、免責金額が5万円で、ナビやタイヤなど10万円相当の部品が盗難された場合は、5万円だけ自己負担し、残りの5万円が補償されます。

盗難に遭わないためにできることは?

ベンツの盗難保険に加入していても、やはり盗難に遭うのは避けたいものです。

そこで、盗難に遭わないためにできることをいくつかご紹介します。

まず、鍵の管理に気を付けましょう。

ベンツにはキーレスエントリーやスマートキーなどの便利な機能がありますが、それらの鍵を無くしたり、盗まれたりすると、簡単に車を乗り逃げされる可能性があります。

そのため、鍵は常に身に付けておき、不要な人に貸したり、見せびらかしたりしないようにしましょう。

また、鍵を車内に置き忘れたり、ドアを施錠せずに離れたりするのも危険です。

次に、貴重品や目立つものは車内から取り除きましょう。

盗難犯は、車内にバッグや財布、パソコンやスマホなどの貴重品や目立つものがあると、それらを狙って窓ガラスを割ったり、ドアをこじ開けたりすることがあります。

その際に、車両自体も盗まれる可能性があります。そのため、貴重品や目立つものは車内から取り除くか、トランクやシート下など見えない場所に隠しておきましょう。

最後に、運転中や停車中も周囲に注意しましょう。

盗難犯は、信号待ちや渋滞などで停止している車を狙って、ドアを開けて乗り込んだり、鍵を奪ったりすることがあります。

そのため、運転中や停車中も周囲に注意し、不審な人物や車両が近づいてきたら警戒しましょう。

また、ドアロックや窓の閉め忘れも防ぎましょう。

盗難を防ぐための駐車場所は?

ベンツを盗難から守るためには、まず駐車場所を選ぶことが重要です。

できるだけ人目につく場所や明るい場所に停めるようにしましょう。

また、防犯カメラや警備員がいる駐車場を利用すると安心です。

逆に、人通りが少ない場所や暗い場所、路上駐車などは避けるべきです。

もし路上駐車する場合は、窓を閉めて施錠するだけでなく、ステアリングロックやタイヤロックなどの物理的な防止策を取ることがおすすめです。

セキュリティ対策は?

ベンツはメルセデス社が開発した高度なセキュリティシステムを搭載しています。

例えば、キーレスゴーという機能では、ドアやトランクを開ける際にキーを持っていれば自動的に解錠されます。

しかし、このキーは暗号化された信号を発信しており、不正なコピーや盗聴を防ぐことができます。

また、エンジンイモビライザーという機能では、キー以外のものでエンジンをかけようとすると、エンジンが始動しなくなります。

さらに、アラームシステムやGPS追跡システムなども備えており、万一盗難に遭ってもすぐに発見できるようになっています。

盗難防止装置とは?

ベンツのセキュリティシステムは非常に高性能ですが、それでも万全ではありません。

そこで、さらに安心できるように、自分で追加できる盗難防止装置もあります。

例えば、ダッシュカメラやドライブレコーダーは、車内や周囲の映像を記録することで、犯人の顔や行動を捉えることができます。

また、オーディブルアラームやサイレントアラームは、不審者が近づくと音や光で警告したり、スマホに通知したりすることで、盗難の試みを阻止したり、早期に察知したりすることができます。

さらに、エンジンカットオフやキルスイッチは、エンジンの電源を遮断することで、盗難車の走行を妨げたり、停止させたりすることができます。

盗難保険はある?

ベンツを盗難から守るためには、セキュリティ対策だけでなく、保険にも加入することが大切です。

ベンツは高級車なので、盗難に遭った場合の損害は大きくなります。

そこで、自動車保険の中でも、盗難補償を含むものを選ぶことがおすすめです。

盗難補償は、車両保険や任意保険に付帯する場合や、別途加入する場合があります。

また、メルセデス社では、メルセデス・ベンツ・インシュアランスという専用の保険サービスも提供しています。

この保険は、ベンツの特性やニーズに合わせて作られており、盗難補償だけでなく、修理やレッカーなどのサポートも充実しています。

ベンツの盗難に遭ったらどうする?

もしもベンツが盗難に遭ってしまった場合は、まず落ち着いて行動しましょう。以下の手順を踏んでください。

  1. 警察に通報する
  2. 保険会社に連絡する
  3. メルセデス社に連絡する
  4. 盗難証明書を取得する
  5. 代替車両や交通費などの補償を受ける

警察に通報する際は、車両番号やナンバープレート、色や形などの特徴を伝えましょう。

また、盗難現場や状況なども詳しく説明しましょう。

保険会社に連絡する際は、保険証券番号や契約内容などを伝えましょう。

また、必要な書類や手続きなども確認しましょう。メルセデス社に連絡する際は、車両番号やキー番号などを伝えましょう。

また、GPS追跡システムなどがあれば、その情報も伝えましょう。

盗難証明書を取得する際は、警察から発行されるものを受け取りましょう。

また、この証明書は保険会社やメルセデス社に提出する必要があります。

代替車両や交通費などの補償を受ける際は、保険会社やメルセデス社から指示される方法に従いましょう。

実は、メルセデスベンツには「メルセデス・コネクト・ミー」というサービスがあります。

これは、インターネットに接続された車両とオーナーを結びつけるシステムで、さまざまな便利な機能を提供しています。

その中には、「車両追跡サービス」というものがあります。

これは、盗難された車両の位置をGPSで特定し、オーナーと警察に通知するサービスです。

このサービスを利用することで、盗難された車両を素早く発見することができます。

また、「車両停止サービス」というものもあります。

これは、盗難された車両を遠隔操作で停止させることができるサービスです。

ただし、安全性を考慮して、車両が停止しているか低速走行している場合に限ります。

このサービスを利用することで、盗難犯の逃走を防ぐことができます。

このように、「メルセデス・コネクト・ミー」は、盗難に遭った場合でもオーナーをサポートする優れたサービスです。

メルセデスのセキュリティが優れている理由

では、なぜメルセデスベンツは盗難に遭いにくいのでしょうか?

それは、メルセデスベンツが独自に開発した高度なセキュリティシステムがあるからです。

その中でも特筆すべきものは、「イモビライザー」というものです。

「イモビライザー」とは、エンジンを始動させるために必要な認証装置のことで、キーと車両間で暗号化された信号をやりとりすることで、正規のキーでなければエンジンをかけられないようにするものです。

一般的なイモビライザーは、常に同じ信号を発信するため、盗難犯がその信号をコピーすることで解除できてしまいます。

しかし、メルセデスベンツのイモビライザーは、その信号を一定のタイミングで変更することで、コピーを防ぐ仕組みになっています。

つまり、メルセデスベンツのキーは、車両と同期して信号を変えることができる専用のキーなのです。

このように、メルセデスベンツのイモビライザーは、他の車種とは比べ物にならないほど複雑で精巧にできており、簡単には解除できないものとなっています。

まとめ

今回は、メルセデスベンツのセキュリティについてお話ししました。

メルセデスベンツは、高度な盗難防止機能を備えており、盗難されにくい車です。

また、万が一盗難に遭ってしまった場合でも、「メルセデス・コネクト・ミー」のサービスを利用することで、車両の追跡や停止が可能です。

メルセデスベンツは、オーナーの安心と安全を守るために、常に最先端の技術を駆使しています。

メルセデスベンツに乗ることは、高級感だけでなく、安心感も得られることなのです。

あなたもメルセデスベンツの魅力に惹かれてみませんか?

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました